2019年10月22日は祝日だけど21日は学校や会社は休み?2020年度の休日についても

2019年10月22日は、天皇陛下の即位礼正殿の儀が執り行われる日なので祝日になることは皆さんご存知だと思います。

その場合は10月21日は休日になり学校や会社や幼稚園などは休みになるのでしょうか。

2020年度の休日・祝日についても見ていきましょう。

2019年10月22日は祝日だけど21日は学校や会社は休み?

即位礼正殿の儀

2019年10月22日は、天皇が自らの即位を日本国内や諸外国に宣言する儀式であり、いわゆる「戴冠式」や「即位式」に当たります。

2018年に決められた「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」により当日は国民の休日になります。

なので、学校、病院、銀行、お役所の仕事など祝日が休みの機関はお休みですね。

 

昨夜、祝賀パレードが延期になったというニュースがありましたね。

祝賀パレードの延期

当初は、祝賀パレードが同日10月22日に行われる予定でしたが、台風19号の被害状況を考慮して、祝賀パレードは11月10日に延期になりました。

それにともなって、10月22日の即位礼正殿の儀も延期になり、休日も変更されるのか気になっている方もみえますが、即位礼正殿の儀は予定通り執り行われるので変更はありません。

一先ず安心ではありますが10月21日はどういう扱いになるのでしょうか。

学校や会社は休みになり4連休になるのでしょうか。

10月21日は休み?

10月22日が休みなので21日は休みかどうか気になっている方が多くみえますが、結論から言うと、10月21日はごく普通の月曜日となります。

お祝いムードがいっぱいなので休日にしても良さそうですが、内閣府によると

「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。

その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。

資料:内閣府

つまり、日曜日→平日→祝日の場合は、真ん中の平日は休みになりません。

休みになる場合はGWなどの例でいうと祝日→平日→祝日の場合のみです。

学校や会社はどういう対応になるのでしょうか。

学校は会社は休みになるか

基本的には、10月21日は普通の平日になるため、学校(小学校・中学校・高校・大学・専門学校など)、幼稚園・保育園などもちろん会社も出勤日です。

企業によっては休みにしたり、個人で有給休暇を取得しない限りは休みになりません。

うちの娘の幼稚園は運動会の影響で10月21日は休みなっていたので、この時期は運動会の関係で休みが設けられているところもあるかもしれません。

そこで気なるのが即位礼正殿の儀がなぜ10月22日に行われるのかです。

即位礼正殿の儀はなせ10月22日に行われるのか

なぜ天皇陛下の即位を表明する即位礼正殿の儀が10月22日に行われることになったのかきになる方がみえると思います。

宮内庁のホームページを見ても、理由についての発表はありませんし、政府のホームページにも理由は書かれていませんでした。

 

先代の第125天皇の明仁陛下は1990年11月12日に即位礼正殿の儀が執り行われています。

歴代の天皇は即位礼紫宸殿の儀という名称で執り行われていますが、

  • 明治天皇は1868年10月12日
  • 大正天皇は1915年11月10日
  • 昭和天皇は1928年11月10日

歴代の天皇にならい執り行われる日には因果関係があるかと思ったのですが違うようですね。

時期はだいたい一緒で、10月か11月に行われているようです。

共通点は、気候が良い時期と偶数日といったところでしょうか。

ちなみに、毎月22日は、夫婦の日になるので、雅子様想いの天皇陛下のお気持ちが隠されているかもしれません。

 

祝賀パレードの延期日を11月10日にした理由は、大正天皇、昭和天皇の過去に執り行われた日にならっているとも考えられますね。

2020年度の休日・祝日はどうなるのか


2019年10月22日の即位礼正殿の儀の祝日は本年度のみの特別法令による祝日になるため、2020年度以降は、普通の平日になってしまいます。

なので本年度のみの祝日という扱いです。

天皇陛下の即位の日の5月1日についても普通の平日になります。

 

2020年度は祝日の変更が多い年になりそうです。

他にも、2020年度は東京オリンピックの関係で、祝日の移動があり「海の日」7月23日に、「体育の日(スポーツの日)」7月24日に、「山の日」8月10日に変更になります。

2019年度の祝日は22回の予定ですが、2020年度の予定は今のところ18日になり、4日少ない計算になっています。

2019年度の国民の祝日・休日

名称 日付 備考
元日 1月1日
成人の日 1月14日
建国記念の日 2月11日
春分の日 3月21日
昭和の日 4月29日
休日 4月30日 祝日法第3条第3項による休日
休日(祝日扱い) 5月1日 天皇の即位の日
休日 5月2日 祝日法第3条第3項による休日
憲法記念日 5月3日
みどりの日 5月4日
こどもの日 5月5日
休日 5月6日 祝日法第3条第2項による休日
海の日 7月15日
山の日 8月11日
休日 8月12日 祝日法第3条第2項による休日
敬老の日 9月16日
秋分の日 9月23日
体育の日(スポーツの日) 10月14日
休日(祝日扱い) 10月22日 即位礼正殿の儀の行われる日
文化の日 11月3日
休日 11月4日 祝日法第3条第2項による休日
勤労感謝の日 11月23日

2020年度の国民の祝日・休日

名称 日付 備考
元日 1月1日
成人の日 1月13日
建国記念の日 2月11日
天皇誕生日 2月23日
休日 2月24日 祝日法第3条第2項による休日
春分の日 3月20日
昭和の日 4月29日
憲法記念日 5月3日
みどりの日 5月4日
こどもの日 5月5日
休日 5月6日 祝日法第3条第2項による休日
海の日 7月23日
スポーツの日 7月24日
山の日 8月10日
敬老の日 9月21日
秋分の日 9月22日
文化の日 11月3日
勤労感謝の日 11月23日

資料:内閣府

今年は特別に祝日が多いようですが、2020年度は祝日が減るので少し残念に思う方もいるのではないでしょうか。

2019年度に天皇誕生日による祝日がないのは、天皇陛下の誕生日が2月23日だからです。

天皇陛下が即位されたのが5月1日なので、翌年の2020年度から2月23日が祝日になります。

なので、2019年度から明仁陛下の誕生日の12月23日は平日になってしまします。

 

毎年祝日が変わるのでカレンダーは要チェックですね。

まとめ

2019年10月22日は即位礼正殿の儀が行われるため祝日になりますが、21日は祝日法に適用されないため平日となり学校や会社は通常どおりあります。

2020年度の休日については、天皇即位の日(5月1日)即位礼正殿の儀(10月22日)は普通の平日なってしまうため、その関係で4日休みが減るようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

あわせて読みたい!即位礼正殿の儀に関する記事はこちら
恩赦はおかしいし意味不明で理解できない!メリットはあるのか反対や賛成の声まとめ

即位礼正殿の儀の国内の参列者一覧!招待国の来賓の出席者についても

天皇陛下即位記念500円玉の交換場所はどこ?1人何枚まででいつまで引換できるかも

関連記事

ささきさくら(YouTuber)のギターはみんなが認めるほど上手い?レパートリー...

天皇陛下即位記念500円玉の交換場所はどこ?1人何枚まででいつまで引換できるかも

キッザニアの大人限定の体験の内容は?子供向けの体験との違いについても

風立ちぬの黒川さんはいい人過ぎる?人物や家のモデルと声優についても

藤原聡(ヒゲダン)の結婚相手の女性は誰?挙式はいつで馴れ初めやデキ婚なのかも

木更津港まつり花火大会2019は台風で中止や延期?当日の天気予報や最新情報につい...