スポンサーリンク

パパと3歳娘のトイレトレーニングの足跡

家族の行事
edf

どうも!土谷ヒロです。

今回はパパ(考え方)と娘とのトイレトレーニングについて話したいと思います。

もとろん私と嫁はんで協力してトイレトレーニングに励みましたが、その中でもパパ目線関わり方・考え方を紹介したいと思います。

うちの娘のおむつが外れたのは3歳3ヶ月くらいです。

夜寝るときだけは、まだおむつを使っているので、厳密には完全におむつは外れていませんが日中はパンツで過ごせるのでOKです。

夜中に起きてトイレに行くのはハードルが高いのでまだチャレンジはしていません。

完全におむつが外れるのには、もう少し時間がかかりそうです。

今回は日中の日常生活におけるおむつ外しのお話です。

おむつ外しのタイミングって難しいですよね?

うちの娘は3歳の誕生日を迎え家族で話し合いトイレトレーニングを始めました。

男の子女の子ではちょっと違うかもしれませんが、我が家がトイレトレーニングを行った内容などを順を追って話していきますね。

仮トイレトレーニング(2歳くらい)

トイレトレーニングを始めるタイミングは、おしっこの間隔が2〜3時間くらい空いてきたことと、その子が「トイレに行きたい」と上手く意思表示出来るようになってからだと言われています。

でも、それってかなり個人差ありますよね?

うちの娘は赤ちゃんの頃から便秘気味だったので、それを解消するために子供が座るオマルを買ったのがきっかけです。

まだおむつを外すかどうかより便秘を解消しやすくするためにオマルを使っていました。

大きい方はオマルでしますが、おしっこはおむつでという感じでした。

もちろん、両方(大も小も)おむつでする時もあるので、トイレトレーニングをするという状況ではなかったです。

娘が2歳になり、イヤイヤが始まりだんだんトイレに行かなくなりました。

おむつですることが多くなり、そんな状態が1年くらい続いたと思います。

そんな中で娘も3歳の誕生日を迎えそろそろトイレトレーニングを始めようかという話になりました。

きっかけとしては3歳を区切りには考えていました。

周りの子供の話を聞くと個人差はあるみたいですが、だいたい3歳中くらいでおむつが外れてるみたいでした。

トイレトレーニング開始(3歳)





3歳の誕生日を迎えると次の年度から幼稚園に入る年齢になるのでおむつは外れていることがベターです。

(実際は外れてなくてもOKだという園が多いですが。)

娘の誕生日は5月なので、5月スタートで冬に入る前にはおむつが外れるといいなと言うのが目標でした。

寒くなるとおむつ外れにくくなるという話は聞いていたので、この夏を勝負に決めました。

トイレトレーニング用アイテム

1.トイレトレーニング用のパンツを買いました。

娘に好きなパンツを選ばせて、トイレでおしっこ出来たら可愛いお姉さんパンツが履けるよと動機を促しました。

ポイント:子供に好きなパンツを選べせて動機を与える。

2.トイレにおしっこ(大と小)出来たシールを貼るシートを置きました。

娘が好きなアンパンマンのシールとこどもチャレンジに付いてきた付録のシーを使いました。

ポイント:子供の好きなシールを使う。

3.こどもチャレンジの教材を使いました。

うちは1歳の頃からこどもチャレンジを取っていて、こどもチャレンジにしまじろうやトイレの付録のおもちゃやシールが付いてきたので娘に声掛けしながら遊びながら挑戦しました。

ポイント:こどもチャレンジはきっかけの一つなので他の物(子供が好きな物)でも良いですね。

4.トイレトレーニングの絵本を読んだり、ビデオ(ベビーブック等の付録)を見たりしてイメージを掴む訓練をしました。

ポイント:イメージ作りは次の行動に移るために重要な作業です。

トイレトレーニング実践内容

トイレトレーニングを始めるにあたってパパママの気持ちの持ち方メンタルが大事です。

パパママの心がけや声掛けがかなり大事になってくるのでこのを決意しましょう。

・あせらない
・怒らない
・信用する

ステップ1(子供)

休みの日(土日)に午前中だけトレーニングパンツを履いてみる。

2〜3回くらいおしっこ漏らすことがありましたが、徐々にトイレに行けるようになり時間の間隔も長くなっていきました。

子供がおしっこを漏らしたとき不快感をしることが一番大事だと思います。

パンツが濡れて不快なので、パンツが濡れないようにするにはどうしたら良いのか?を身をもって体験することが一番重要ですね。

要は、失敗したりの繰り返しで、どんどん間隔を長く取っていくことが大事になります。

ステップ2(子供)

朝起きてから夜お風呂に入るまでパンツで過ごしてみる。

どんどん時間の間隔が伸ばせれてトイレでおしっこ出来るようになったら1日(土日)パンツで過ごしてみましょう。

ここで重要なことは声掛けです。

声掛けするタイミングは

「朝起きてから①、朝ごはん食べる前後②、午前中に1〜2回くらい③、昼飯前後④、午後に2〜3回⑥、夕食前後⑦、風呂前後⑧の10回くらいは声掛けするタイミングがあるかと思います。」

子供の表情やサインを見逃さないようにすることも大事ですし、特に夢中で遊んでいるときなどは、トイレに行くこと自体忘れているので注意して見てみましょう。

外出時は特に、すぐトイレに行ける状況ではないので前後の声掛けと必ず着替えを持参すると良いですね。

ステップ3(子供)

一週間パンツで過ごしてみましょう。

土日がパンツで過ごせるようになったら平日もパンツで過ごせるはずなのでチャレンジです。

うちの娘は当時保育園に行ってたので、保育園の先生のサポートで保育園でもトイレで出来るようになりました。

この時期は失敗することもごくまれにありましたが、失敗したとき娘はすごく不快感を表していたのでおむつ外れまでもう少しだなと思いました。

もし失敗しても怒ることなく、「また頑張ろうね」と前向きに持っていける心がけと子供を信用する心がけが大事です。

トイレトレーニングに失敗して、衣類や周りのものが汚れて大変かと思いますが、決してあきらめないで続けていけば必ず終わりが来ます。

トイレトレーニング完了

うちの娘がトイレトレーニングを完了したのは3歳と3ヶ月くらいになります。

夜寝ている間のおむつ外れはもう少しかかりそうなのですが、日中はパンツで過ごせるので日常生活には支障なくパンツで過ごせるようになりました。

今もですが娘と外出するときはトイレのことを一番気にしています。

娘がトイレに行きたくなったら、個室のトイレに連れていき便座に座らせ見守ります。

おしっこ出るって言って出ないときも多々ありましたが、毎回見守るようにしています。

その繰り返しですね。

うちの場合はちょうどタイミングが良かったのですが、夏のトイレトレーニングは薄着なので服の脱ぎ着が楽なのとトイレの回数も冬より少ないですし、何より汚れても洗濯が早く乾くので夏のチャレンジがおすすめです。

トイレトレーニングまとめ

パパママの心構えがすごく大事です。

パパママ子供と連携して取り組むことが重要で、おむつ外れが早いか遅いかではなくおむつが最終的には外れるかどうかなのです。

上にも書きましたが、長期戦を覚悟して、あせらない・怒らない・信用することが大事です。

親のあせりやイライラは子供にすぐ伝わるので子供との信頼関係が重要になってきますね。

子供の意思を確認して前向きになれる声掛けをすることもポイントです。

かわいいお姉さんパンツ・かっこいいお兄さんパンツを履いて遊びに出かけよう!このくらいの歳の子は上のお姉さん・お兄さんに憧れる年頃なので、自分も〜になりたいという目標をおぼろげにも作ることが大事です。

子供のサインにいち早く気づいて声掛けをすることも大事です。

人比べたり焦ったりするのが人間ですが、終わりが来ないことはないので、深呼吸をして長い目をもって取り組むと、パパママ子供も楽しくチャレンジできると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
家族の行事
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました