部分日食(2019年12月26日)を横浜(神奈川)から見れる時間や方角は?観測する注意点についても

2019年12月26日に日本全国で部分日食を観測できるチャンスが訪れます。

今年は1月にも部分日食を観測することができたので、年の始まりと終わりで最後の天体ショーを楽しみたいですね。

本記事では、「部分日食(2019年12月26日)を横浜(神奈川)から見れる時間や方角は?観測する注意点についても」と題しましてお届けします。

部分日食(2019年12月26日)を横浜(神奈川)から見れる時間や方角は?

2019年12月26日は、日本全国では部分日食が起こりますが、世界の一部地域(アジア東部・北太平洋など)では金環日食が起こります。

東日本(関東)や北日本(北海道・東北)では、日の入りと時間が重なり太陽が欠けたまま日の入りとなる(日入帯食)レアな夕日を観測することができます。

まずは、部分日食とは何なのか簡単に説明しまいますね。

日食とは太陽の隠れ方によって三種類に分類される

日食とは、月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象のことを言います。

  • 部分食 太陽の一部が月によって隠される現象。
  • 皆既食 太陽の全てが月によって隠される現象。
  • 金環食 太陽の方が月より大きく見えるため、月のまわりから太陽がはみ出して見える現象。

部分日食は、見る場所や日食が始まる時間や一番大きく欠ける時間、日食が終わる時間がそれぞれ違うので、横浜(神奈川)のピーク時間について見ていきましょう。

部分日食(2019年12月26日)を横浜(神奈川)から見るピーク時間

関東方面の部分日食を以下にまとめてみました。

 

場所 食分(%) 食の始め 食の最大(ピーク) 食の終わり
神奈川県横浜市 約39% 14:28分頃 15:35分頃 16:34分頃
栃木県宇都宮市 約37% 14:28分頃 15:34分頃 16:30分頃
群馬県前橋市 約37% 14:27分頃 15:33分頃 16:32分頃
埼玉県さいたま市 約38% 14:28分頃 15:35分頃 16:33分頃
千葉県千葉市 約39% 14:28分頃 15:35分頃 16:32分頃
茨城県水戸市 約38% 14:29分頃 15:35分頃 16:32分頃
東京都 約39% 14:28分頃 15:35分頃 16:33分頃

※食分(%)とは、月によって隠れた太陽の直径の度合いを%で表しています。

食の始め・食の最大(ピーク)・食の終わり時間はおおまかな目安になるので参考にして見てください。(国立天文台の計算式

<横浜(神奈川)の部分日食の時間>

  • 食の始め(14時28分)
  • 食の最大「ピーク」(15時35分」)
  • 食の終わり(16時34分)

関東方面は、ほぼ同時刻に始まり、同時刻にピークを迎え、同時刻に終わります。

約2時間の天体ショーになりますが、関東方面は食の終わりが日の入り時刻とほぼ重なるので、太陽が欠けたまま沈む日没帯食(日入帯食)が観測されます。

部分日食は、約1〜3年ごとに観測されますが、日没帯食は数十年に一度のレアな現象なので見ておきたいですね。

次に、部分日食を見る方角についてチェックしていきましょう。

部分日食(2019年12月26日)を横浜(神奈川)から見る方角

2019年12月26日 部分日食(東京での見え方)

引用元:国立天文台

太陽は東から昇り、西へ沈むので、基本的には太陽の位置を把握していれば問題はありません。

おおよそ太陽が南西の位置から食の始めが始まり、西南と西南西の間の位置で食の最大を迎え、西南西の空へ太陽が沈んでいく過程です。

特に、食の終わりは水平線上に太陽が沈むので、ビルや建物の障害物がないところで観察するといいでしょう。

次に部分日食を見るための注意点について見ていきましょう。

部分日食を見るときの注意点

部分日食を見るときの注意点として絶対にやってはいけないことは、直接肉眼で観察をすることです。

よくやりがちなのですが、太陽は強い光と熱を出すので、直接肉眼で見ると目を痛めたり、最悪の場合、失明したりする恐れがあります。

もちろん、下記の行為も絶対にやってはいけません。

引用元:国立天文台

曇り空で見た目はあまりまぶしくないと感じても、光の遮断が不十分なものの使用や目に有害な波長の光を通しやすいものを使うと、網膜を損傷してしまう危険性があるので注意しましょう。

専門の観察器具(日食グラスなど)を使い安全な方法で観察をする必要があります。

12月26日は関東方面全域は晴れ・曇りのち雨の天気予報なので、部分日食が見れるか微妙になってきました。

引用元:日本気象協会

少しでも部分日食が見れるように祈りましょう。

なお次に、日本で部分日食が見れるのは2020年6月21日になります。

まとめ

部分日食(2019年12月26日)を横浜(神奈川)から見れる時間や方角や観測する注意点について見てきました。

横浜(神奈川)などの関東方面全域で、当日は晴れ・曇りのち雨模様で観測条件は良くないですが、日没帯食はなかなか見ることができないので、日没あたりに雲が取れることを願いたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

風立ちぬの菜穂子の最後は死んだの?モデルは矢野綾子ではなくて節子

伊奈波神社初詣2020混雑状況・待ち時間は?おすすめの駐車場やアクセスについても

愛知(名古屋)2020梅まつり名所まとめ!見頃(満開)やライトアップ情報も

ふたご座流星群2019埼玉のピーク時間や方角は?秩父・羽生・所沢の最適な星空観測...

コンビニクリスマスケーキ2019おすすめ・人気比較まとめ!値段・特典など予約につ...

東京オートサロン2020混雑・渋滞情報!穴場のおすすめ駐車場や電車でのアクセスに...