轢き逃げ最高の最悪な日の映画ロケ地・撮影場所は?神戸が選ばれた理由についても

水谷豊監督2作品目になる映画「轢き逃げ最高の最悪な日」は2019年5月10日公開になります。本作には水谷豊さんは被害者の父親役としても出演されています。

この映画のあらすじキャスト舞台を神戸に選んだ理由について、ロケ地・撮影場所についてまとめていきます。

※追記情報あり。

轢き逃げ最高の最悪な日の映画ロケ地・撮影場所

この映画は、相棒でも人気の俳優の水谷豊監督作品で、水谷豊さん自らオーディションで主演を450人以上の中から中山麻聖さんと石田法嗣さんを選びました。

また、相棒でも過去に共演(小野田官房長官)があり、水谷豊監督の前作(TAP THE LAST SHOW)にも出演している岸部一徳さんを脇に固めている重みのある深い物語です。

あらすじ

交通事故で、ひとりの女性が亡くなり、轢き逃げ事故の可能性が大きくなっていた。車を運転していた若者は結婚式の打ち合わせのため、急いでいたのでそのまま走り去ってしまう。轢き逃げ事故の捜査を行う刑事、そして、轢き逃げ事故により最愛の娘を失った夫妻は、1人の若者が引き起こした事故により、平穏な日々が崩されていく。この轢き逃げ事故をきっかけに、彼らの心に宿るものとは一体何なのか。果たして、彼らの前に真相は明るみとなるのか。あの場所でなにを捨てた?あの場所でなにを選んだ?

キャスト

・宗方秀一 (中山麻聖)城島建設の営業部に所属するエリート社員。
・森田輝( 石田法嗣)秀一の親友で同じ城島建設に勤務する社員。
・白河早苗(小林涼子)城島建設の社長令嬢。秀一との婚約が決まっていた。
・前田俊(毎熊克哉)轢き逃げ事件を担当する若手刑事。
・時山光央( 水谷豊)轢き逃げ事件で死亡した女性の父親。
・時山千鶴子( 檀ふみ)轢き逃げ事件で死亡した女性の母親。
・時山望(さな)轢き逃げ事件の被害者。美術館で働いていた。
・柳公三郎(岸部一徳)轢き逃げ事件を担当するベテラン刑事。

「轢き逃げ事故」をきっかけに展開されていく物語なのですが、そのロケ地・撮影場所を見ていきます。

事故現場の坂(喫茶スマイル)

映画の事故現場の坂は、何度も登場している重要な場所ですね。この映画のポスターにもなっている場所。また、劇中で登場する喫茶スマイルは存在しないので、セットかCGだったのでしょうか。

住所は〒658−0063兵庫県神戸市東灘区住吉山手9丁目18番の住宅街にあります。JR住吉駅からバスで10分下車して徒歩で10分くらいの場所になります。

ロケ地としては、他の作品でも使われている有名な場所のようですが、訪れる際は住宅街なので近隣の住民に迷惑にならないように注意が必要です。

レストラン「ジャンカルド」

宗方秀一(中山麻聖)と白河早苗(小林涼子)が食事をしたレストランはビーナスブリッジにある神戸の夜景が一望できるデートスポットで人気のレストラン。

北野天満神社

宗方秀一(中山麻聖)と森田輝( 石田法嗣)が昼寝をしていた神社は神戸の北野にあるパワースポットで有名な神社。

映画館「CinemaKOBE」

宗方秀一(中山麻聖)と白河早苗(小林涼子)が映画館を出たら、柳公三郎(岸部一徳)と前田俊(毎熊克哉)に声をかけられるシーンを撮影。

神戸大橋

時山光央( 水谷豊)が自転車で疾走する赤い橋。

道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢(神戸おとぎの国)

主人公・宗方秀一 (中山麻聖)と森田輝( 石田法嗣)が結婚式前日に遊んだ遊園地ではしゃぐシーンを撮影。

アジュール舞子

主人公・宗方秀一 (中山麻聖)と森田輝( 石田法嗣)が結婚式前日に海に入ってはしゃぐシーンを撮影。

カフェ「ユニコーン/UNICORN」

時山光央( 水谷豊)が森田輝( 石田法嗣)に声をかけた神戸(三宮)にある紅茶とコーヒーのエスプレッソ専門店。相棒の右京(水谷豊)は紅茶派ですね。

元町高架通商店街

逃げる森田輝( 石田法嗣)を追う時山光央( 水谷豊)と前田俊(毎熊克哉)のシーンを撮影した商店街。

南京町

逃げる森田輝( 石田法嗣)を追う時山光央( 水谷豊)と前田俊(毎熊克哉)のシーンを撮影した中華街。

東遊園地

森田輝(石田法嗣)と時山光央( 水谷豊)が会話する様子を前田俊(毎熊克哉)が見ているシーンを撮影した遊園地。

 

他にも北野エリア、UNICORN、三宮本通商店街、北公園、CinemaKOBE、神戸大学、小磯記念美術館、ジャンカルド、北野天満神社など神戸市内30ヵ所以上で撮影が敢行されています。

詳細な情報が入り次第追記していきます。

轢き逃げ最高の最悪な日の映画の舞台が神戸に選ばれた理由

視聴者の方の中には、なぜ映画の舞台が神戸なのかと疑問に思っている方もいると思われますが、その理由は映画の凱旋舞台あいさつ試写会で語られています。

水谷豊さんと会田正裕さんのコメント

水谷豊

「もともと『ある地方都市』というイメージがあって企画を練っていたところ、神戸を提案してくれたのは会田さんなんです。」

と会田撮影監督を紹介。会田正裕氏は日本のドルビーシネマ第一人者であり、テレビ朝日系人気ドラマ「相棒」シリーズでもタッグを組んでいます。

会田正裕

「神戸が美しい街で、撮影がしやすいことに触れつつ(1番の決め手は神戸のロケハンで中古レコード屋を通りかかった時に水谷豊のLPが正面に飾ってあったんです。)

というエピソードを紹介しています。

さらに、水谷豊が10代の頃「六甲山で羊を抱いた。」ことにも話題にあがり、何度か訪れたことのある神戸がいいのではとロケ地を決める時に、2人は電話で話が盛り上がり決まったようです。

この映画は、観光地としても有名な神戸の街がぎゅっと詰まった物語になっているので、観光とともにロケ地・撮影場所も楽しめそうですね。

神戸市の地図

まとめ

映画「轢き逃げ最高の最悪な日」のロケ地・撮影場所は、神戸市内30ヵ所以上で撮影されているので、神戸の街が濃縮された作品になっています。神戸を舞台に選んだ理由は、撮影監督の会田正裕氏の提案で話が進んだようです。

ロケ地・撮影場所の最新情報が入り次第追記していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

風立ちぬの映画声優は下手でひどい?出演者キャスト一覧まとめ

平成狸合戦ぽんぽこの最後のセリフの意味は?正吉・ぽん吉のラストシーンについても

鬼滅の刃ウエハース売っている場所はどこ?販売店舗と再入荷についても

ペイペイドームはダサいから反対されている?名前が改称・改名される理由なぜ?

ヘイリースタインフェルドの女優の評価は?歌手としての評判・歌唱力についても

年賀状2020元旦配達は12月30日投函でも間に合う?29日30日と同一地域や地...