スポンサーリンク

ジョーカー2019の日本語吹き替え声優は誰?藤原啓治・大塚芳忠に期待する声が多い!

映画

2019年10月4日に映画「ジョーカー」が公開されます。

ジョーカーと言えばバットマンのライバルでお馴染みのキャラクターですが、本作はジョーカーが誕生した経緯について描かれている作品。

日本語吹き替え声優は誰が担当するのか、吹き替えを行う上映館はあるのか藤原啓治さん、大塚芳忠さんに期待する声をまとめてみました。

ジョーカー2019の日本語吹き替え声優は誰?

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。

都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け、同じアパートに住むソフィーに秘かな好意を抱いている。

笑いのある人生は素晴らしいと信じ、ドン底から抜け出そうともがくアーサーはなぜ、 狂気溢れる<悪のカリスマ>ジョーカーに変貌したのか?

切なくも衝撃の真実が明かされる!

本作は「ジョーカー」の誕生に焦点が当てられた作品で、主演のジョーカー役を務めるホアキン・フェニックスの怪演が予告動画から際立っていました。

また、ジョーカー2019はR15指定になっているので、15歳以下の方は見れない作品になっていますね。

本年度アカデミー賞最有力と目されているジョーカーですが、日本語吹き替え声優については今のところ公表されていません。

ジョーカーの映画を吹き替えで見たい方も結構いるようですが、今のところ吹き替え情報がないので映画館では字幕での視聴になりそうですね。

ジョーカーの日本語吹き替えがない理由

過激な言葉の表現があるため日本語での吹き替えは見送っているとも言われています。

もしかしたら急遽、吹き替え版が上映されるかもしれませんが、その可能性は極めて低そうです。

ジョーカーが登場した作品2008年の映画「ダークナイト」も映画公開時は字幕のみの上映でした。

「ダークナイト」の映画のソフト化と地上波での放送のため、日本語吹き替え声優が設定されたため、「ジョーカー」も同じような経緯をたどることになるかもしれません。

しかし、「ジョーカー」はR15指定作品のため残念ながら地上波で放送する可能性は極めて低いと思われます。

なので、今のところソフト化を待つしかないようです。

 

吹き替えを期待する声は、「ダークナイト」で登場したジョーカー(ヒースレジャー)のソフト版の吹き替えを担当した藤原啓治さん、テレビ朝日版の吹き替えを担当した大塚芳忠さんの演技が好評だったからのようですね。

 

ジョーカー役を藤原啓治・大塚芳忠に期待する声まとめ

「ジョーカー」のソフト化は、映画の公開終了後に発表されるので期待の声を見ていきましょう。

 

藤原啓治のジョーカーは正統派

<ソフト版の吹き替えを担当した藤原啓治>

藤原啓治さんはクレヨンしんちゃんの野原ひろし役やアイアンマンのロバート・ダウニー・Jrの吹き替えでも有名な方ですね。

青年役から老人役まで幅広く、役柄としてはクールな役から熱血漢あふれる役、荒々しい性格の人物や軽薄な人物など、大人の男性から冷徹な悪役など様々な役を演じています。

藤原さんの声のイメージは正義感があるキャラクターのイメージがありましたが、ジョーカー役もはまっていました。

大塚芳忠のジョーカーは怪演

<テレビ朝日版の吹き替えを担当した大塚芳忠>

大塚芳忠さんは、スラムダンクの仙道彰や宇宙戦艦ヤマトの真田 志郎役で知られていますね。

自身の声の特質を「低く深く滋味あふれるところから、高くシャウトするような狂気まで」と答えています。

個人的には、ジョーカー役のような怪演を演じられる声優は大塚さんが一番だと思います。

 

どちらもジョーカー役にピッタリの声優さんなので、吹き替えを期待してしまうのも頷けます。

しかし、今現在、東京や大阪はもちろん全国の映画館で日本語吹き替え上映の正式な情報が公開されていないので待つしかないですね。

新しい情報が入り次第追記していきます。

まとめ

ジョーカー2019の日本語吹き替え声優については今のところ情報がないので、ジョーカーを見るのには字幕の選択しかないようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

あわせて読みたい!映画「ジョーカー」に関する気になる記事はこちら
ジョーカーの映画はグロくて見れない?衝撃的過ぎて怖いと評判・感想も

スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました