皇后雅子様の適応障害の原因や病気の現状は?今後の公務の山はトランプ大統領の来日?

2019年5月1日に新天皇(皇太子徳仁親王)が即位され、同時に皇太子妃雅子様は皇后陛下になられました。

しばらくの間、雅子様は公の場から離れていましたが、今後の公務はどうされていくのでしょうか。そもそも公の場から離れた理由は、産後うつ・適応障害という病気だと言われているのですが、はっきりしたことが分かっていないのでその真相に迫ります。

皇后雅子様の病気の原因は適応障害?

雅子様は1993年6月9日に皇太子徳仁親王(新天皇)と結婚され皇室に入られましたが、2004年頃から公に姿を表わすことが激減しました。

その理由と真相を時系列で振り返ります。

出来事

1999年12月、雅子様が皇室に入られてから6年後に、報道機関が懐妊の兆候をスクープする報道があり皇室は過熱報道の自粛を要請しています。その後、稽留流産の手術を受けたと発表されました。

宮内庁の医師が記者会見を開き、懐妊が早期から大々的に報道され心労を与えたことを批判し、また、過度の報道に対して徳仁親王(新天皇)は遺憾の意を表しています。

2000年2月公務に復帰するも、体調不良による公務の欠席が目立つようになります。

2001年12月に第一女子・敬宮愛子内親王が誕生。世継ぎ問題のプレッシャーがかかる中、結婚から8年での第一子誕生。

2003年12月に帯状疱疹を発症し、宮内庁病院に入院し、回復後も「ストレスによる心身の疲れ」が大きいとして公務を休み住まいの東宮御所で静養しています。

2004年5月徳仁親王(新天皇)が訪欧を前にした記者会見で

「雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」

と発言し、雅子様と宮内庁との間で不和があることをうかがわせた発言は人格否定発言と呼ばれ、世間に大きな反響を呼んでいます。

「敬宮の誕生以来、公務と育児を両立させるよう努力してまいりましたが、昨年の春以降、体調がすぐれず、最近は公務を十全に果たせないような状況になってきておりました」

と雅子様は所感を発表しています。そして適応障害の診断を受け病気療養に入られました。

2010年3月以降、不登校がちな敬宮愛子内親王を気遣って登下校に付き添うようになり、たびたび報道されるようになりました。

2014年以降は、少しずつ公務に出席されているご様子。

原因

・皇室に入り皇太子妃という特別な立場の苦労があった

・報道や宮内庁とのご懐妊や流産をめぐる問題

・公私混同で多忙な生活などのストレス

・出産後すぐ、子供と離れて多くの公務が続いたこと

当時、産後うつや適応障害だったと言われていますが、世継ぎ(男子)問題のプレシャーや自由のない生活など誰だって一般人から皇室に嫁げばかなりの苦労が想像できます。皇室に嫁いだことで様々な問題が生じるわけですが、雅子様の気持ちを察することができたお方は徳仁親王(新天皇)ただ一人だけだったのではないでしょうか。

世間や宮内庁の風当たりが強く気苦労されたのでしょうね。なので、産後うつ、適応障害だったという病名だけで片付けられるのはいかがなものかなと思います。

皇后雅子様の現在の病状は?

5月4日に行われた天皇陛下の即位後初となる一般参賀に14万人を超える人たちが集まり、陛下の即位をお祝いに駆けつけています。

雅子様は黄色いドレスをお召になり、天皇陛下と一緒に、終始笑顔で温かみのある言葉を述べられています。

一般参賀に訪れた人の話によると。

他にも、雅子様の笑顔やお気持ちに癒やされた人はたくさんいます。雅子様の体調も良い方向に向かってきていると思われるので嬉しいですよね。

皇后雅子様の今後の公務の山はトランプ大統領の来日?

5月1日に新天皇が即位され、本来なら皇居・宮殿で行う行事の一部を当面の間、今のお住まいの赤坂御所(東宮御所)で実施する方向で決まっているようです。

新天皇夫妻は、上皇両陛下のご公務を原則全て引き継ぎますが、宮内庁は移動の負担も含め、雅子様が公務に励まれやすい環境づくりを模索している様子だと報じています。

上皇両陛下は東日本大震災後、電力消費の大きい宮殿を避け、年間約200件の行事のうち、外国大使との面会を含む約60件を御所で行われており、新天皇ご夫妻もこれにならう可能性もあると言われています。

具体的なこれからの公務に手法については発表されていませんが、これからの雅子様の体調と相談しながら公務を行われると思われます。

上皇両陛下は、お二人でご公務に出られることが多く、各地に足を運び偉大な方でしたが、新天皇ご夫婦はそれに習う必要はなく、今後はフレキシブルに活動されると思われます。

まだまだ全体には浸透はしていませんが、世の中も働き方改革で複業・テレワーク・在宅ワークが進んでおり、働き方の決まりや縛りがなくなってきています。世間や宮内庁もこれからの公務の形には縛りはなくこだわらないのではないでしょうか。

雅子様はもともと外交官で世界をまたいだ活躍をされてきたので、外交・海外に多く訪問し、世界の子供たちの貧困や難民問題に向き合った活動をされていくのではないでしょうか。

トランプ大統領・習近平国家主席の来日

両陛下とも語学力があり留学経験もあるので、今後は世界を股にかけて活動されていくと思われますが、公務の山は、トランプ大統領の来日や中国習近平国家主席の来日が山場になるかもしれないですね。

トランプ大統領は5月26日に対北朝鮮問題(核・拉致・ミサイル)で来日することが決まっています。また、6月には習近平国家主席の来日が予定されているので、公務に激務が続きそうなので心配されています。

愛子さまとの関係

また、雅子様の体調が回復傾向にあるのは、愛子さまの成長が大きいと言われています。一時、不登校の問題などありましたが、現在は学習院高等科に進まれ、学校では社交的に活動されているようです。

今後は、愛子さま、悠仁さまをを含んだ皇位継承問題について議論されていくわけですが、どのような形になれ愛子さまの幸せな人生を願い、愛子さまの幸せが今後の雅子様の公務にも大きく関わってくるのではないでしょうか。

まとめ

・皇后雅子様の病気は産後うつや適応障害といった病名で片付けれれるものではなく、今までの皇室や世間の目が原因を作っていると思われます。

・雅子様の現在の病状については、一般参賀での笑顔や温かい言葉で癒やされた人は多く、体調も回復傾向にあると思われます。

・今後の公務は、新天皇ご夫婦で相談されて決められると思いますが、世の中の生き方、働き方がフレキシブルな動きになっているので、雅子様の公務のやり方に注目が集まりそうですね。愛子さまのこれからの幸せが、今後の公務にも関わってくると思われます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

あわせ読みたい!令和に関する気になる記事はこちら
令和天皇の住まいや住居の間取りは?場所やアクセスについても
令和天皇の学歴や受けた教育の帝王学は?性格や趣味・特技についても
令和天皇と皇后雅子様が結婚したのはいつ?馴れ初めや婚約エピソードについても

関連記事

令和天皇の住まいや住居の間取りは?場所やアクセスについても

東京モーターショー2019コンパニオンリスト!名前や美人でかわいいレースクイーン...

ターザン・リボーンのキャストと日本語吹き替え声優まとめ!評価と感想についても

サステナブル(AKB48)のMV・PVのロケーションのロケ地・撮影場所はどこ?

サーティワン福袋2020予約や中身は?5000円・1万円のネタバレについても

山谷初男の若い頃の画像・写真は?家族構成(妻・子供)や経歴についても