スポンサーリンク

パパ&娘で初の遊園地(モンキーパーク)へ行ってきました

パパと娘でお出掛け
dav

どうも!土谷ヒロです。

天気のよく晴れた日の土曜日に、愛知県犬山市にある日本モンキーパーに娘と2人で行ってきました。

モンキーパークとは、世界中の猿が見られる猿の動物園と遊園地が合体した、日本ではここにしかない珍しいテーマパークになります。

(通称モンパ

当初は、嫁はんと娘と3人で行く予定でしたが、嫁はんのつわりが酷くて、急きょ娘と2人で行くことになったのです。

娘と2人で遊園地に行くのは、初なので少し気合を入れ準備万全で行きました。

(リュックに着替えオムツ帽子水筒タオル等)

今年は、しまじろうプレイパークが来るので、娘はすごく楽しみにしていたのです。

0歳の頃から、こどもチャレンジしまろうに触れ合ってきて、毎月届く本や付録のおもちゃ等を楽しみにしています。

しまじろうプレイパークがここに来るのは全国初だそうです。

期間は3月1日から7月1日までなので、モンパでやるのはもう少しだけになってしまいました。

次は、岡山県のおもちゃ王国で開催され、続いて大阪のあべのハルカス近鉄本店などで開催される予定みたいです。

去年もこの時期に訪れているので、娘と行くのは2回目になります。

去年は、NHKのキャラクターのたんわんわんなどのプレイパーク(NHKのキャラクター大集合)が来ていました。

今回は、パパが娘と2人だけで遊園地へ行く初挑戦の話です。

モンキーパークへ

お昼ご飯を家の近くのスーパーで買っていざ出発です!

10時半頃に到着すると駐車場はもうけっこういっぱいでした。

施設が運営している駐車場は一日1000円ですが、近くにある個人でやっている駐車場で600円の所があったのでそこに停めました。

(近所で土地がある住民の方の駐車場みたいです)

その駐車場は付近に4箇所くらいあり、各20台くらい停められそうでした。

この日は天気も良くてかなり暑かった〜

チケット売り場へ行くと20人くらいの行列になっていました。

この時期(6月)を選んで毎年来る理由は、新聞の折込チラシにクーポンが付いてくるからです。

・大人一人分の入場料がオフになります(1100円)

・JAF会員の方は、JAFカードを見せてクーポンをGETすることが出来ます。

のちのち使ったので300円の得になった。

JAFカードを持っていると、毎月雑誌が送られてくるのですが、期間中割引で色々な施設が利用出来るので要チェックです。

しまじろうのプレイパークへ





ゲートをくぐり抜けて長い階段を上がり、お目当てのしまじろうプレイパークへ早速向かいました。

2人分の入場料がかかりました(400円×2)

(1歳以上から入場料がかかります。)

プレイパークの中に入ると、娘と同じ年頃の子どもたちがいっぱいでした!

まずは、しまじろうと記念撮影をパシャリ。

しまじろうに出てくるキャラクターごとにステージが別れていて、スタンプラリーをしながら一つずつ回りました。

輪投げゾーンに行き、次はお買い物が出来るゾーンに行ったのですが、むちゃ混みで子供の行列がハンパない!!

逃げ出したいくらいの混雑でしたが、娘がやる気まんまんなので、かごを持って列に並ぶことにしました。

色々な野菜や果物や食べ物をかごに入れて、レジでお会計の疑似体験が出来るので、子供たちに大人気です!

娘もすごく楽しそう。

(最後に買ったものを元に戻すのが大変↓)

次は、積み木のコーナーに行き、続いてボールプールゾーンに行きました。

ボールがいっぱいで下が跳ねるので、小さい子共はコロコロ転がっていました。

娘は、ここが一番楽しそうにしていました。

次に進むと、スクリーンにしまじろうたちが映し出されていて、動くと反応するみたいでしたが娘は興味なしでした。

赤い車としまじろうの車に乗って写真をパシャリ。

こどもチャレンジの歴代の付録のおもちゃが展示してあり、娘は興味津々で触っていました。

お昼近くになり、12時からしまじろうのステージが10分だけ外であるみたいでしたが、今外に出ると再入場出来ないし、まだまだ見たりなかったのでステージショーはあきらめました。

何があるか予定を事前に調べてくのがいいですね。

ちょうど昼時と重なり空いてきて見やすくなりました。

さっきは混んでて行けなかったパン屋さんとアイスクリーム屋さんで遊べて楽しそうでした。

これがかなり本格的なんですよね。

あと科学の実験コーナー的なものがあって、自分の声が変わる装置や歩いてピアノがなる装置や不思議に映る鏡などがありました。

お腹も空いてきたので、そろそろでようかと娘に声をかけました、娘も満足出来たようなの外に出ました。

しまじろうプレイパークには一時間半くらいの滞在になりました。

ランチタイム

まず出てトイレにいこう。

今まであまり経験がなかったのですがトイレって困りますよね。

ユニバーサルトイレを探して娘と2人で入りました。

子供に見られるし、慣れていないとうか、あまりみられたくないものです。

でも、子供1人にはできないしな〜

娘のオムツを代えて(今トイレトレーニング中ですがなかなか進んでません)

さあ昼ごはんにしよう!

木陰を探して、スーパーで買ってきた、おにぎりとサンドイッチとお茶をいただきました。

こうゆうときは食べやすいのが一番です。

並ぶのも子供がいるので心配だし経済的にも○です。さくっと食べて10分で済みます。

特に1人で連れ歩くと簡単に食べれるのがベストだと思います。

遊園地で乗り物に乗ろう

昼ごはん後は遊園地へGO!

まずは乗り物回数券を購入です。

乗り物乗り放題という選択肢もあったのですが、きっとそこまでは乗れないかな〜?疲れてきてしまうと思ったので、

2000円の回数券(2200円分)を買ってとりあえず様子を見ることにしました。

遊園地は、混んでもなく空いてもなくて待ち時間もほとんどなくて回りやすかったです。

天気も良くて暑かったので、娘は帽子着用と水分補給をこまめにとりました。

一番初めに乗ったのがぐるぐる回るティカップです。

去年は、嫁はんと娘が乗ってて楽しそうだったのでリピートです。

キティちゃんの乗り物にしました。

調子こいてぐるぐるハンドルを回したら、まじで目が回ってしまい娘はそれをみて笑っていました。

娘よ!君は平気なのかい笑?

去年は、お化け屋敷の列車とアンパンマンの列車と観覧車に乗ったので、今回はそれ以外の乗り物に乗ろうと決めました。

娘でも乗れそうなものを探してトーマスの列車に乗りました。

これは子供に人気がありました。

次に直ぐ隣にあるジャングルの中を走る列車に乗りました。

その列車にはボタンが3つ備え付けてあるのですが、ボタンを押すと三種類の動物の泣き声が鳴り2周ほど爆走しました。

また、その乗り物ゾーンの近くにある小さい子向けのジェットコースターがあったので、

気になって見に行くことにしました。

娘にはまだ早いと思っていたのですが、乗りたがったので年齢と身長がクリア出来たので乗れることを確認しました。

その乗り物はゲートで貰ったクーポン(子供の同伴者保護者1名無料)が使えたので大人1人はクーポンで乗ることにしました。

短くてゆるいながらもプチジェットコースターを満喫できて娘はご満悦でした。

暑くなってきたので、木陰で水分補給をししばしの休憩です。

チケットがあと200円分になってしまったので、散策しながら考えることにしました。

その間にちょっとしたゲーセンがあったので乗ったり見て回りました。

また再びパンダに遭遇!

4月に浜名湖パルパルに行ったときパンダに乗ったのですが、娘のリクエストでまた乗ることになりました。

初めは、恥ずかしかったのですが、乗ってしまえば恥ずかしさも忘れ3分間を楽しみました。(コイン200円)

回数券200円の使い道を考える。

そういえば、子供だけで乗るゴーカートみたいなのに娘が気になっていたので行ってみることにしました。

子供がけっこう並んでいて賑わっていました。

その乗り物は300円します。

娘に乗りたいか聞くと「乗りたい」と言ったので、チケットを100円追加して300円分のチケットを持たせました。

しかし、自分の順番にきて土壇場で怖くなって逃げ出してきたので結局は乗れなかったです。

娘と同じくらいの子が1人で乗りに行っていたのですが、1人が不安なのか眠たさもあってか逃げてきてしまいました。

帰る時間も近づいきて3時半くらいになりました。

さあどうする〜?

やっぱり最後は2人で乗りたいと言うことで、もう100円追加して入り口入ってすぐにある列車に乗ることにしました。

今日は列車系の乗り物に3回乗車したことになりました。

まだ娘にはこのくらいの乗り物がちょーどいいのだろうと思いました。

まだまだ、娘は遊びたそうではありましたが、これがラストと決めて乗ったので比較的スムーズに帰ることが出来ました。

どうせならフリーパスを買ってガッツリ遊びたかったのですが、

今の娘の体力を考えるとこのくらいがちょうどいいのかなと思いました。

夕飯の支度が待っているので、名残惜しかったですが遊園地を後にすることになりました。

出口付近にさしかかかると、わらび餅の軽トラが来ていて、「冷たくて〜おいしいよ〜わらびもち〜」

と宣伝していたので、娘とわらびもちの歌を歌いながら、「また行こうね」と約束をし家路に着みました。

初めての娘と2人の遊園地で不安もあり疲れましたが、娘も私も楽しめたので来てよかったなと思いました。

何年後かに振り返ったらいい思い出になっているんだろうな〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パパと娘でお出掛け
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました