スポンサーリンク

異次元の狙撃手の蘭が強すぎてうざいし嫌い?ヒロインなのに邪魔もの?

雑記

劇場版「名探偵コナン 異次元の狙撃手」は、人気キャラ赤井秀一(沖矢昴)が映画に初登場し、人気のある作品ですよね。

毎回ハラハラさせられる展開で、コナンたちは難事件に挑むわけですが、ヒロインの蘭の嫌われっぷりが凄かったのも印象深い作品です。

その蘭が強すぎてうざい?ヒロインなのに邪魔者扱いされているので、その理由について見ていきましょう。

異次元の狙撃手の蘭が強すぎてうざいし嫌い?

「異次元の狙撃手」は、FBIの赤井秀一(沖矢昴)、世良真純、ジョディ・スターリング、ジェイムズ・ブラック、アンドレ・キャメルらが初登場し、狙撃のプロの赤井秀一が活躍する映画ということで人気がありました。

しかし、赤井秀一の活躍するシーンを楽しみにしていたファンからすると、蘭の行動や言動からイライラさせる要因があったようですね。

蘭が強すぎて赤井秀一(沖矢昴)のシーンの邪魔をした

蘭は空手部の主将をつとめ、身体能力が抜群な女性ですが、ここでは、赤井秀一(沖矢昴)の見せ場の狙撃シーンを潰してしまいます。

その後の、赤井秀一(沖矢昴)の狙撃で犯人を確保し逮捕になるのですが、蘭が犯人を押さえフルボッコにしてしまったので、赤井秀一の見せ場が半減してしまいました。

赤井秀一の狙撃シーンより、蘭の強さが強調されたシーンになり、赤井秀一のファンからしたら興醒めするシーンとなっています。

正義感が強くかっこいい好きという意見もありますが、ここは赤井秀一に華を持たせて欲しかった…

劇場版のキャラ設定がうざい

アニメ・原作では、蘭の「でしゃばり」暴走は、それほど目立ちませんが、劇場版になるとヒロインとして活躍するシーンが増えるので、それが目立ち「うざい」「嫌い」など言われる意見が目立ちます。

劇場版の特有のキャラ設定の変更がうざい嫌いに繋がっているようですね。

・事情を話せないから仕方ないが、生死がかかっている新一(コナン)たちに、に知らずに無理矢理絡んでくるからうざい。

・原作やアニメでは空手で無双するくせに、劇場版になるとピンチになったり、人質になったりで足手まといになり弱体化するからうざい。

・犯人の動機を愛情論や友情論で反論するから青臭くてうざい。

 

アニメの中でも蘭の身体能力は一般女性の中でも強さはずば抜けており、普通の犯人なら素手で倒してしまうこともあり、格闘センス抜群でかっこいい女性ですが、映画ではそれが仇になることも…

毎回、周辺状況や精神状態によって多少のばらつきが見られますが、特に、異次元の狙撃手では強さが目立ちました。

ストーリーに面白みを持たせるために、蘭の「でしゃばり」や暴走は、映画では定番になっていますが、その度を越えてしまうことで、結果的には、新一(コナン)の足手まといになるからうざいという意見も。

可憐な女性が犯人を抑え込んでしまうので強すぎます。

蘭の勇猛果敢に犯人に挑む姿はかっこいいですが…

 

劇場版を毎回見ている方にとっては、蘭の言動・行動は慣れているとはいえ、特に、本作は「でしゃばりぶり」が強調された作品になっています。

映画では蘭の声が低くない?

蘭の声優は、山崎和佳奈さんがずっと担当していますが、一部のシーンで声が低い違和感を感じるという意見がありました。

負傷した世良を病室で看病してて気付くと差出人不明の花束があって~のシーンですね。
「花瓶に生けてくるね」あたりの台詞で、ん?低めだなぁと感じました。

もちろん、声優さんが交代したということはなく、収録前後に、風邪を引いたとの情報もないので、原因はよく分からないようようですね。

他にも、多くの方が同じように感じているので、気になりますが、そのシーン以外は普通なので、少し気になります。

異次元の狙撃手の蘭はヒロインなのに邪魔ものなの?

劇場版は、ヒロインとしての存在を大きく見せる蘭ですが、今回の映画は特に、邪魔もの扱いされているようですね。

どんな意見があるのかネットの声などまとめて見ていきましょう。

コナンの中でも人気があるキャラの蘭ですが、見る人の視点によって、捉えられ方はざまざまですが、この映画での嫌われっぷりが凄かった。

とにかく、邪魔すぎるという意見が多くあり、蘭の足手まとい感がイラつく、余計なことしてみんなの邪魔してて嫌だという意見が。

赤井秀一の見せ場を持っていったことも嫌悪するファンの方も多くいました。

なので、赤井秀一が目立つ映画だと思って見た方は、蘭が目立ち過ぎていたので、イラッとした方も多くいたようでした。

蘭はヒロインですが、昔からあるヒロイン像「可愛らしくおとなしい女性」というキャラ設定から、本作はかけ離れた作品になっており、蘭の評価を落とした作品としては否めないようですね。

最近のヒロインは強さも備わっているキャラクターも多く出ており、キャラの性格や中身も時代によって変わってきているかもしれません。

まとめ

コナン映画では、蘭のキャラ設定は、多少変更されたりしますが、本作では「でしゃばり」が目立ちすぎ、嫌悪する視聴者の方が多くいました。

やはり、赤井秀一の見せ場を潰したことが、うざい邪魔だと言われる要因になっていますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました