スポンサーリンク

令和天皇の学歴や受けた教育の帝王学は?性格や趣味・特技についても

雑記

2019年5月1日に皇太子徳仁親王が即位され新天皇(令和天皇)として、世界・日本の代表として公務につかれることになります。

今後は、一挙手一投足に注目が集まることになりそうですが、気になる学歴や受けた教育の帝王学について、性格や日常生活ではどのような趣味・特技を持ち過ごされているのかについても迫ります。

令和天皇という呼称は正しくありませんが、文章をわかりやすくするために令和天皇という呼称を使用していますことをご了承下さい。

令和天皇の学歴や受けた教育の帝王学

令和の時代の幕開けと同時に、これからは日本国内問わず世界でも注目を集める令和天皇は、どのような教育を幼少時代から受けてきてきたのか、学歴帝王学についても見ていきます。

学歴・教育・帝王学

令和天皇の母親の美智子様は、明治時代以降初めての民間出身の皇室に嫁いだ皇后であり、子育てや教育には、国民の関心が集まっていました。

令和天皇が生まれて生後7か月ころ、公務訪米旅行(14日間)で家を離れる際は、美智子様が世話係へ書き置いた育児メモ「ナルちゃん憲法」は、人によって育て方が変わらないために作成されたもののようですが、子供を預けて働く母親たちの子育て指針としても共感を呼んでいます。

「ナルちゃん憲法」ナルちゃんは「徳仁親王=なるひとしんのう」からきています。「ナルちゃん憲法」の中身は、実際に本も出版されているのですが、美智子様の子供に向けた愛情が詰まっている子育てのバイブルのような内容がまとめられています。

美智子様は、専任の養育係を置かず、公務の時に家を空けるときとき以外は子育てを自ら行っていました。一心に母親の愛情を受けて育てれられました。当時の皇室では異例のことでした。

進学される学習院は、皇室の私塾という位置にありましたが、今は民間の学校となっています。そのなごりで令和天皇も皇室のしきたりにならい学習院幼稚園→学習院初等科→学習院中等科→学習院高等科→学習院大学へ進んでおられます。

学習院高等科時代に、歴代天皇の歴史、古事記、日本書紀、万葉集、平家物語から比較神話学、文化史、文化人類学、時事問題などを幅広く学んだことが「帝王学」の基礎になっているようです。

学習院大学卒業後は、大学院に進まれ、史学、中世の交通史・流通史という人文科学・社会科学を専攻しています。在学中にオックスフォード大学へ2年間留学し、イングランドのテムズ川の水運史について研究されています。

平成天皇もそうですが、それまでの皇族が、生物学を中心とした自然科学を専攻したのに対して、人文科学・社会科学を専攻したことは珍しく、令和天皇の人に対する関心の深さや歴史の学びの姿勢がこれも帝王学につながっていると思われます。

令和天皇の性格

令和天皇とお会いしたことがないので、性格はわかりませんが、テレビなどの映像やお言葉を通しても、その人柄は伝わってきますよね。けっして笑顔を絶やさず、とても温かみがあり優しい方だとお見受けします。

令和天皇には色々なエピソードがあるのですが、印象に残る発言の中身を見ていき、その人柄に迫ります。

エピソード

「皇室に入られるということには、いろいろな不安や心配がおありでしょうけれども、雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますから」

雅子様と婚約されたときの発言なのですが、一途な思いや優しいお気持ちをもったお方だなという印象を受けました。同時に男らしさも感じれる発言ですよね。男性なら一度は女性に言っていみた言葉です。

「外交官としての雅子のキャリアや人格を否定するような動きがあったことも事実です」

雅子様が世間からバッシングを受けた時の発言なのですが、雅子様をかばうお気持ちが痛いほど伝わってきます。立場もあるので発言は慎重にされたと思いますが、日本政府や国民に対して大きな衝撃が走りました。

「国民と苦楽を共にしながら、国民の幸せを願い、象徴とはどうあるべきか、その望ましい在り方を求め続けるということが大切であると思います。将来にわたり生じる日本社会の変化に応じて、公務に対する社会の要請に応えていくことが、重要であると考えております。私としても、常に学ぶ姿勢を忘れずに、他人への思いやりの心を大切にしながら、世の中のためにできることを心掛けてやっていきたいと思っております」

将来天皇になる立場としての発言なのですが、常に学ぶ姿勢をお持ちであるという発言が印象的でした。表向きはソフトな印象を受ける令和天皇ですが、内面は熱い心を持ち合わせているお方なのです。

人の心や行いは表(顔)に現れるとよく言われていますが、誠実さや優しさは言葉に出さなくても分かりますよね。令和天皇は優しい心を持ち合わせると同時に、熱い心を持ち合わせたお方なのです。

令和天皇の趣味・特技

令和天皇は、激務の公務が控えており、日常生活でも制限されることが多いと思われますが、どんな趣味特技をお持ちなのか見ていきます・

スポーツ・音楽

スポーツに関しては、運動神経が抜群で、幼少の頃からフィギュアスケートを始められ、大学ではスピードスケートに転向し、冬はウインタースポーツでスキーをたしなまれています。

また、登山専門誌「岳人」や「山と渓谷」などに、何度かエッセイも寄稿しているほどの登山好きでも有名です。登山の他にも、テニスとジョギングを好んでいて、普段は赤坂御用地内を走っておられます。

音楽の方では、学習院大学時代では、音楽部に所属しヴィオラを担当しています。友人・知人や演奏家を招いて私邸で演奏するほか、学習院OB演奏会のオーケストラなどで演奏することもあり国民の注目を集めています。

これからは、ますますご多忙になると思われますが、運動も音楽の趣味の方もずっと続けられプライベートの時間も大切にしていただきたいですよね。

まとめ

・令和天皇の学歴は皇室のならいで学習院の一貫教育を受けられ、そのとき学ばれた日本の歴史や人文科学・社会科学などが帝王学の基礎になっていると思われます。

・優しい人柄・性格は、美智子様の愛情を受けて育ったことが影響しており、その人柄は令和天皇の笑顔や発言に現れています。また、見えない内面には熱い心を持ち合わせているお方です。

・趣味・特技は、スポーツ(登山)、音楽(ヴィオラ)とも国民の注目を集めているので、公務と並行して、ご健康で今後もその活動が見れることが楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

あわせ読みたい!令和に関する気になる記事はこちら
令和天皇と皇后雅子様が結婚したのはいつ?馴れ初めや婚約エピソードについても
令和天皇の住まいや住居の間取りは?場所やアクセスについても
皇后雅子様の病気の原因は適応障害?今後の公務はどうなるの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました