スポンサーリンク

流行語大賞はいらないし時代遅れで古い!流行ってないのに選ばれるのはなぜ?

雑記

2019年11月6日(水)に今年流行したであろう流行語大賞の候補30のことばが発表されました。

今年の世相をあらわす言葉で毎年注目が集まっていますが、流行語大賞はいらないし時代遅れで古いと多くの意見が溢れていました。

そもそも流行っていない言葉なのになぜ選ばれるのか理由についても深堀します。

流行語大賞2019はいらないし時代遅れで古い!

2019年、令和初の「新語・流行語大賞」のノミネート候補30の言葉が発表されました。

今年話題になった出来事や事件、発言、流行などの中から世相を言葉で表す毎年恒例のイベント。

ノミネート候補以下の言葉になります。

流行語大賞2019のノミネート候補30(50音順)

  • あな番(あなたの番です)
  • 命を守る行動を
  • おむすびころりんクレーター
  • キャッシュレス/ポイント還元
  • #KuToo
  • 計画運休
  • 軽減税率
  • 後悔などあろうはずがありません
  • サブスク(サブスクリプション)
  • ジャッカル
  • 上級国民
  • スマイリングシンデレラ/しぶこ
  • タピる
  • ドラクエウォーク
  • 翔んで埼玉
  • 肉肉しい
  • にわかファン
  • パプリカ
  • ハンディファン(携帯扇風機)
  • ポエム/セクシー発言
  • ホワイト国
  • MGC(マラソン グランド チャンピオンシップ)
  • ○○ペイ
  • 免許返納
  • 闇営業
  • 4年に一度じゃない。一生に一度だ。
  • 令和
  • れいわ新選組/れいわ旋風
  • 笑わない男
  • ONE TEAM(ワンチーム)

よく話題になった言葉で馴染み深い言葉もありますが、なかには初めて聞くような言葉もあり、なぜこの言葉が選べれたのか?という言葉もありました。

個人的には、

  • おむすびころりんクレーター
  • 後悔などあろうはずがありません
  • サブスク(サブスクリプション)
  • スマイリングシンデレラ/しぶこ
  • ドラクエウォーク
  • ホワイト国
  • MGC(マラソン グランド チャンピオンシップ)
  • 4年に一度じゃない。一生に一度だ。
  • 笑わない男

などで、言葉の意味や中身はある程度は分かるのですが、あまり馴染みがない言葉がかなり多い印象を受けました。

ネット上でも、流行語大賞はいらないという不必要論や時代遅れなので廃止してはという意見が溢れていました。

今現在、ネット上などでも色々な言葉が溢れていて、毎日新しい言葉が日々生まれているなかで、この言葉が流行ったなどと、いちいち決めるのは時代遅れで古いという意見が見られました。

流行語大賞は、偏った言葉ばかり選ばれているので、マスコミや有識者の都合で決められているので、いらない必要ないという意見が多く見られました。

個人的には、「NHKをぶっ壊す!」など選ばれてもおかしくないと思うのですが…

選考基準がどうなっているのか気になりました。

流行語大賞は流行ってないのに選ばれるのはなぜ?

新語・流行語大賞は、もともと出版社の自由国民社が、その年の1年間に登場した「ことば」の中から、多くの人々の話題になった「ことば」に関わった人物・団体を表彰するイベント。

2004年からは、ユーキャン新語・流行語大賞に改称し、ユーキャンがスポンサーについています。

新語・流行語大賞の選考委員は以下の7名の方です。

流行語大賞の選考委員

  • 姜尚中(日本の政治学者・東京大学名誉教授)
  • 金田一秀穂(日本の言語学者・杏林大学教授)
  • 辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)
  • 俵万智(歌人)
  • 室井滋(女優・ナレーター・エッセイスト)
  • やくみつる(漫画家・好角家)
  • 大塚陽子(『現代用語の基礎知識』編集長)

毎年、同じメンバーの方が選考委員を務めているので、どうしても偏った印象を受けてしまいます。

メンバーは同業者の方も多いのではないでしょうか。

流行語大賞の選考ポイント

  • マイナス面で流行った事件・事故の言葉を選定・受賞対象にすることは不適切と判断され除外される。
  • 最初の審査会が、10月頃に行われるので、11月以降に流行った言葉はノミネートされない。
  • 流行語大賞に選ばれても、当日受賞の式典に参加出来なけれな選ばれない。

などなどあるようです。

過去にも、現政権を批判するような言葉が流行語に選ばれたり、2014年の映画「アナと雪の女王」を見た選考委員が誰もいなかったので「ありのままで」は大賞から除外するなど偏りが見られます。

これでは全く世相を反映する言葉を選んだことになっていない気がしますが…

度々、流行語大賞に批判が殺到して炎上する騒ぎが起きているのですが、選考基準を見直すことは全くないと発言しています。

なので、個人的にはひっそりと選考委員の方だけで楽しんでいただきたいと思いました。

そんな流行語大賞の発表は、12月2日(月)の午後5時にから行われます。

まとめ

流行語大賞については、いらない時代遅れ古いと不必要論が溢れていましたが、マスコミが報じるので、どうしても気になって見てしまいます。

選考基準もいまいち曖昧でよく分かりませんが、もしかしたら過去を振り返る意味では有意義なイベントなのかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました