スポンサーリンク

スノーピークエコバック配布場所・店舗はどこ?実施期間や条件についても

雑記

JR東日本グループから、2020年7月1日のプラスチックレジ袋の有料義務化に合わせて、「スノーピークエコバッグ」計50万個を順次配布すると発表がありました。

人気アウトドアブランドのスノーピークのコラボエコバックは是非手に入れたいですよね。

本記事では、「スノーピークエコバック配布場所はどこ?実施期間や条件についても」と題してお届けします。

スノーピークエコバック配布場所・店舗はどこ?

アウトドア好きな方に人気のブランド「スノーピーク」(スノーピークのエコバック)が配布されるということで、どこで入手できるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

JR東日本グループの取り組みなので、関東地方を中心に配布される可能性が高そうですね。

まずは、スノーピークエコバックの概要について見ていきましょう。

スノーピークエコバック(スノーピーク・JR東日本・日本環境設計)3社共同開発

スノーピークのエコバッグのデザインは2色展開で、素材にはペットボトルから再生した生地を使用しており環境に優しい仕様になっています。

エコバッグには、スノーピークのロゴ&日本環境設計のブランド「BRING」のロゴなどが入っており、カラーはキャメルとカーキの2色で配布場所によってカラーは違うとのこと。

どちらもアースカラーで日常使いはもちろん、アウトドアに活躍してくれること間違いなしです。

配布期間についてもチェックしていきましょう。

スノーピークエコバックの配布期間はいつからいつまで

配布されるエコバック計50万個が限定配布になります。

配布期間は、2020年6月16日(火)より順次配布されます。

<配布期間>
6月16日(火)より、一部のNewDaysなどの計481店舗にて、エコバッグを数量限定で配布されます。第1弾:2020年6月16日(火)開店時より第2弾:2020年6月23日(火)開店時より

※各店舗によっては配布期間が異なる場合あり。

エコバックは個数限定なので、第1弾・第2弾がなくなり次第終了になるかと思います。

限定販売なので、おそらく再販の可能性は低そうですね。

なので、必ずゲットしたいですが配布場所はどこなのでしょうか。

スノーピークエコバックの配布店舗

キャンペンは「NewDays」「駅弁屋祭」「紀ノ國屋」など、JR東日本グループでお客さまにプラスチックレジ袋を提供する21社の一部店舗等で行われます。

その21社が以下の会社です。

  • (株)アトレ
  • (株)ルミネ
  • (株)横浜ステーシヨンビル
  • 湘南ステーションビル(株)
  • (株)JR 中央ラインモール
  • ジェイアール東日本商業開発(株)
  • (株)錦糸町ステーションビル
  • (株)千葉ステーションビル
  • (株)JR 東日本青森商業開発
  • (株)トッキー
  • (株)ステーションビル MIDORI
  • 日本ホテル(株)
  • 仙台ターミナルビル(株)
  • 盛岡ターミナルビル(株)
  • (株)JR 東日本リテールネット
  • (株)JR 東日本フーズ
  • (株)紀ノ國屋
  • JR 東日本東北総合サービス(株)
  • (株)JR 東日本商事
  • JR 東日本スポーツ(株)
  • (株)ジェイアール東日本都市開発

やはり、関東・東北地方を中心にキャンペンが展開されるようですね。

キャンペンが公表されている店舗は今のところ以下の店舗です。

  • NewDays
  • BOOK EXPRESS
  • くすりSTATION
  • 駅弁屋祭
  • 紀ノ國屋

その他の実施店舗では、ポスターやデジタルサイネージなどで掲示されるとの案内がありました。

ポスターはこちらです↓

このポスターが掲示してある店舗でキャンペンが行われているので、その都度確認していく必要がありそうですね。

最新情報が入り次第、配布店舗など取り上げていきます。

気になる配布条件などを見ていきましょう。

スノーピークエコバックの配布条件

スノーピークエコバッグの配布条件は、一定額以上お買物をされた方を対象に無料配布されます。

  • NewDays:500円以上のお買い物
  • 紀ノ国屋:1,000円以上のお買い物
  • 駅弁屋祭:500円以上のお買い物

各店舗によって、配布条件の金額設定が違うので注意が必要ですね。

■配布条件

お一人様、1会計につき税込500円以上お買い上げで1点配布いたします。

※NewDaysにおける郵券類(Suicaカード・プリペイドカードなど)、公共料金などの収納代行、Suicaチャージ、チケット類、サービス品(コピーサービス・宅急便など)は対象外となります。
※セルフレジご利用のお会計は対象外となります。
※お一人さま1回限りの配布とさせていただきます。

一人一回限りの配布になるので注意が必要です。

最後にスノーピークエコバックの具体的な配布場所についてまとめているので参考にして見てください。

スノーピークエコバック配布場所・店舗まとめ

NewDays・BOOK EXPRESS・くすりSTATIONなどの、一部の店舗で配布が行われることが発表されています。

NewDays・BOOK EXPRESS・くすりSTATIONなど

1都16県と東日本エリアの広範囲の地域で配布されるので、ゲットできる確率は非常に高いと思われます。

東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城・栃木・群馬・山梨・静岡・長野・新潟・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島

駅チカ・駅ナカにあるNewDaysでは、ほぼスノーピークエコバックの配布キャンペーンを実施しているとのこと。

各店舗の詳細は以下のリンクに記載されています↓

 

NewDaysでは、朝の早い時間で配布が終了しているところが多いですが、本屋さん、薬屋さんは狙い目のようですね。

BOOK EXPRESS・くすりSTATIONなどは狙い目

BOOK EXPRESS・くすりSTATIONなどは、利用する人が比較的少ないので、NewDaysよりはゲットできる確率が高いようですね。

エキュート品川

おにぎり処こんがりや エキュート品川店では、配布から2日後の夕方でもエコバックがもらえたようですね。

エキュート立川

エキュート立川では、「穂まれや」にて税込200円以上購入でエコバックが貰えるようですね。

東京駅の猿田彦珈琲

東京駅の猿田彦珈琲でも、エコバックが配布されているようですね。

紀ノ国屋

紀ノ国屋では、1000円以上の購入でエコバックが貰えるようですね。

対象店舗も限られているようです。

駅弁屋祭

東京駅の駅弁屋祭では、エコバックの配布が行われているようです。

エコバック配布キャンペンの2日後以降でも配布されているので、第2弾でも狙い目かもしれませんね。

ルミネ

ルミネでは、22日(月)からエコバックの配布が始まるようです。

配布場所一覧に載ってない店

エコバック配布場所一覧に載ってない店にも配布されているので、こちらのポスターを目印に探してみても良いかもしれませんね↓

特に、おにぎり屋、弁当屋さんは穴場です。

スノーピークエコバック配布店舗(第2弾)まとめ

駅ビルのはんなり屋・NewDaysなど

NewDaysで配布されているエコバックは午前中には終了している店舗が多いようですね。

しかし、第1弾と同じように、駅ビルの店舗で遅れて配布が開始される店舗もあるようです。

東京駅の駅弁屋祭

東京駅の駅弁屋祭でエコバックがゲット出来たとの情報が多数あるので穴場かもしれませんね。

配布場所一覧に載ってない店(HANAGATAYA)

配布場所一覧に載ってない店(HANAGATAYA グランスタ東京中央通路店)でも、エコバックの配布があったようです。

配布場所一覧に載ってない店(品川駅構内のおにぎり屋さん)

配布場所一覧に載ってない店(品川駅構内のおにぎり屋さん)では、エコバックの配布があり、しかも、200円で一つ貰えるとのことで激アツな穴場のようですね。

配布場所一覧に載ってない店(大宮のおにぎり屋さん)

各駅のおにぎり屋さんは、スノーピークのエコバックの配布があり、比較的入手しやすようですね。

まとめ

スノーピークエコバックの配布場所については、JR東日本グループでプラスチックレジ袋を配布している店舗(21社)が対象になります。

おそらく、駅ビル・駅ナカにあるNewDaysは有力だと思われますが、倍率が高いので入手困難なようですね。

しかし、本屋・薬屋などは穴場なようで、駅弁屋祭では、2日目以降も入手できたという情報があるので、第2弾はこちらも狙ってみても良いかもしれません。

配布状況など新しい情報が入り次第こちらでも取り上げていきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました