2019台風19号・東京都の河川氾濫など被害状況まとめ!浸水エリアや交通網・常時運転かどうかも

台風19号が甚大な被害をもたらして日本列島を離れていきました。

本記事では、気になる首都圏直下型で地球史上最大級と言われた台風の東京都の河川氾濫被害状況、浸水エリアについてまとめていきます。

合わせて、台風通過後の交通網は常時運転かどうか、鉄道、高速道路、空港などのインフラの運行状況についても取り上げていきます。

2019台風19号・東京都の河川氾濫など被害状況まとめ!

台風19号(ハギビス)は地球史上最大級の台風でカテゴリー6に相当すると言われてきましたが、実際に台風による被害はどうだったのか見ていきます。

台風19号は、10月12日の午後7時前に伊豆半島に上陸しました。

その後、午後8時には、神奈川県小田原市付近を時速35キロで北北東に進み、東京都を午後9時前後に直撃しました。

その時の中心気圧は960ヘクトパスカルで最大風速は40メートル。

今回の台風は大型のため暴風・大雨が長引く傾向にあると言われていましたが、実際に被害状況についてまとめていきます。

浸水エリア(多摩川氾濫)

国土交通省と気象庁から、東京都世田谷区の玉川付近で多摩川が氾濫したことが発表されました。(警戒レベル5)

多摩川の上流の小河内では、12日だけでも550ミリを超える激しい大雨となり、一日の降水量の観測史上1位を記録しました。

東急二子玉川駅近くの多摩川が氾濫し、周辺の住宅地は約40センチ浸水したようです。

現在は、世田谷区玉川から大田区田園調布まで水がきているようで、周辺各地で床上浸水や道路の冠水が起こっています。

浸水エリア(秋川氾濫)

あまり情報が出ていませんが、東京都あきる野市に流れる秋川氾濫しているという情報がありました。

詳細な情報が出ていないので被害状況が心配ですね。

秋川氾濫については、報道があまりされていないのも気になります。

その他にも、東京では各地の川が警戒水域を越えている場所があるので、これからの状況が気がかりです。

停電情報

台風19号の影響で、東京電力管内の首都圏など合わせて41万戸以上で停電が起きています。

その中で東京都は、約11700軒の停電が発生しています。

今現在も東京電力の関係会社の方が非常態勢をしいて復旧作業を進めているとのこと。

停電最新情報

東京電力ホールディングス(株)から13日18時現在の停電状況の発表がありました。

東京都は、約2100軒の停電が発生。

各関連会社の方のおかげで、徐々に停電状況については回復しつつあるので、一刻も早い復旧を願うばかりですね。

台風19号の通過で交通網・平常運転しているのか

台風通過後の翌日13日は日曜日ですが、お休みの方も仕事の方ももちろん気になる情報だと思います。

鉄道各社の運行情報

台風19号の影響で首都圏のJRは少なくとも13日昼ごろまで運転を見合わせることにしています。また私鉄各社も多くが安全の確認が取れるまで、運転を見合わせるということです。

JR東日本によりますと、13日の首都圏の在来線は安全確認を終えるまで少なくとも昼ごろまでは運転を見合わせるとしています。

このうちすでに終日、運転見合わせを決めているのは湘南新宿ライン、中央本線の高尾駅~小淵沢駅間、青梅線の青梅駅~奥多摩駅間、烏山線、水戸線、水郡線です。

また東海道線特急の「スーパービュー踊り子」や、中央線特急の「あずさ」、「かいじ」など特急列車も、終日運転を見合わせるということです。

一方、各新幹線は東北・北陸・上越が少なくとも13日昼ごろまでは運転見合わせ、秋田新幹線は盛岡~秋田間に限って、始発から運転することにしています。山形新幹線は終日運転見合わせを決めています。

JR東日本は台風の被害次第では運転見合わせが長引くおそれもあるとして、ホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

JR東日本

また首都圏の私鉄は13日、京成線が安全を確認したうえで始発から運行する予定ですが、そのほかの各社は安全が確認されるまで運転を見合わせるということです。

また都営地下鉄は安全が確認されるまで運転見合わせ、東京メトロは地上を走る路線や区間を中心に、始発から運転を見合わせる可能性があるということです。

引用元:NHKオンライン

台風19号通過後の13日のお昼ごろまでは、少なくとも運休や遅延の可能性がありそうですね。

安全確保が最優先なので、各鉄道会社の最新の情報の発表を待つ形になりそうです。

首都高速道路

台風19号の強風、大雨及び高潮対策等の影響により、10月12日(土)16時から首都高速道路の全線において通行止めを実施しております。

通行止めはお客様の安全確保のため必要な措置であり、ご理解いただきますようお願いいたします。

なお、強風がおさまりましたので、道路の点検を開始いたしました。

安全の確認が取れ次第、首都高速道路の各路線において、順次通行止めを解除していく予定です。

詳細については、【通行止め路線マップ及び主な被災状況】にてご確認ください。

引き続き、不要不急のお出かけはご遠慮下さいますよう、お願いいたします。

※次回の更新は、10月13日(日)6時ごろを予定しております。

引用元:首都高ドライバーズサイト

こちらは、今のところ全線通行止めになっているようですが、10月13日(日)午前6時ごろ情報が更新される予定なので発表が待たれます。

空の便

国土交通省は、成田空港と羽田空港のすべての旅客機の着陸を停止するなど空の便は欠航が相次いでいます。

国内線です。

(全日空)
羽田と成田、それに静岡を発着する全便、
中部と関西、それに大阪を発着するほとんどの便など
全国各地の空港を発着する合わせて615便の欠航を決めました。

(日本航空)
羽田と成田を発着するほとんどの便など全国各地の空港を発着する合わせて543便の欠航を決めました。

(このほかの航空各社)
多くの便で欠航を決めました。

12日の国内の空の便は1600便余りの欠航が決まりました。

13日の国内線についても、全日空は247便、日本航空は169便の欠航を決めています。

このほかの航空会社も順次13日の欠航を決めていて、空の便の乱れは13日も続く見通しです。

引用元:NHKオンライン

こちらも13日(日曜日)に関しては、多くの便で欠航が決まっているので、少なからず影響がありそうですね。

詳細は下記の各社ホームページで確認すると良いですね。

成田空港

羽田空港

台風は過ぎましたが、やはり安全確保が最優先なので、鉄道、高速、航空の運行状況は、こまめに最新情報をチェックしておきたいですね。

気になる次の台風情報についての記事はこちら
ダブル台風2019が合体する可能性や進路の行方は?台風20・21号が日本に影響するかも

まとめ

台風19号による東京都の被害状況についてまとめみました。

台風が去った後も、河川の氾濫や床下浸水などの被害状況が心配されます。

各交通インフラについても安全確保が分かり次第の運行開始になるので、最新情報をこまめに入れておきたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

あわせて読みたい!台風19号に関する気になる記事はこちら
利根川氾濫可能性がある地域は?台風19号による現在の水位や周辺の被害状況

地球史上最大級の台風は嘘でデマ?19号(ハビギス)のカテゴリー6は大袈裟で騒ぎすぎ?

関連記事

『マスク』福島県福島市で買えた場所や在庫入荷状況!いわき市・郡山市・会津若松市な...

アラジン(アニメ)羽賀研二の声優は上手い?三木眞一郎との吹き替え比較も

東京ディズニーランドは新型肺炎コロナウイルスでも休園にならない!来園時の予防対策...

吉幾三「TSUGARU」のMVの歌詞の意味・全訳は?ロケ地・撮影場所についても

轢き逃げ最高の最悪な日の映画ロケ地・撮影場所は?神戸が選ばれた理由についても

映画シング吹き替え版は炎上するほど最悪でひどい?声優の評価や騒動についても