スポンサーリンク

ジョンデヴィッドワシントンの身長や年齢は?父デンゼルとの関係についても

雑記

どうも!土谷ヒロです。

映画「ブラッククランズマン」では、主人公の刑事ロンをデンゼルワシントンの息子のジョンデヴィッドワシントンが演じています。

アカデミー賞の6部門にノミネートされ、自身もゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞にノミネートされ話題になりました。

主演を務めたジョンデヴィッドワシントンは、あまり知られていないので、その経歴身長年齢などのプロフィール父デンゼルワシントンとの関係について深掘りします。

ジョンデヴィッドワシントンの身長・年齢

映画「ブラッククランズマン」は、日本では2019年3月22日公開になります。

黒人刑事が白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」に潜入捜査した実話のノンフィクション小説を、スパイク・リー監督が映画化しています。

その主演のロン・ストールワース刑事役をジョンデヴィッドワシントンが、相棒のフリップ・ジマーマン刑事役をスター・ウオーズシリーズで有名なアダム・ドライバーが演じています。

プロフィール

生年月日:1984年7月28日
年齢:34歳 2019年3月現在
出生地:アメリカ合衆国ロサンゼルス
国籍:アメリカ
職業:俳優 (元アメリカンフットボール選手)
家族:デンゼルワシントン(父)
身長:175センチ
体重:94キロ(現役時代)
母校:モアハウスカレッジ

経歴

アメリカのロサンゼルス出身で、父親は俳優のデンゼルワシントンと母親はポレッタワシントン(女優兼シンガー)の長男として生まれ、妹2人と弟がいます。

大学には、フットボールの特待生として通い、その後は、プロのアメリカンフットボール選手(ポジション:ランニングバック)として、名門チームなどで2012年までプレーしている。

現役引退後は、本格的に俳優業をスタートさせ、2015年からアメリカンフットボールを題材にしたテレビドラマに2018年まで出演し好評を得ています。

映画「ブラッククランズマン」では、映画で初主演を果たし注目を集めることになります。この映画では、ゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞にノミネートされ一躍有名俳優の仲間入りすることになります。

映画「ブラッククランズマン」について紹介。

あらすじ

1979年、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース。署内の白人刑事たちから冷遇されながらも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていたKKKのメンバー募集に勢いで電話をかけ、黒人差別発言を繰り返して入団の面接にまで漕ぎ着けてしまう。しかし黒人であるロンはKKKと対面できないため、同僚の白人刑事フリップに協力してもらうことに。電話はロン、対面はフリップが担当して2人で1人の人物を演じながら、KKKの潜入捜査を進めていくが……。

実話に基づて現代の出来事を痛烈に批判している本作をスパイク・リー監督は、是非トランプ大統領に見て欲しいと語っています。

この映画についてジョンデヴィッドワシントンは意気込みを語っています。

インタビュー

この映画のオファーをもらったとき「新しいおもちゃをもらったみたいに楽しかった」と振り返り、「スパイク・リーは僕を信頼してくれたから、僕も彼のやり方を信頼できた」と長年の信頼関係が作品に相乗効果をもたらした話しています。

また、本作のストーリーについては「どの時代にも通じる問題だ。現代を生きる僕らも同じ問題と戦っている。だからこの作品で白人や黒人、そして警察署の人たちが同じ目標のために頑張る姿に安心や驚き、喜びを感じるんだ」と語っています

こういうのはでっち上げられない。実話だと知ればより楽しめるけど、同時に居心地の悪さも感じると思う。この作品に描かれているのは僕たち人間の姿で作り話じゃない」と、実話だからこそ抱く複雑な思いも明かしつつ、最後には「すばらしいスパイク・リーに身を任せて楽しんでもらいたい」とメッセージを送っています。

まだ未知数な部位分が多い俳優ですが、この映画が日本でもヒットして、スクリーンでの活躍が増えること期待したいと思います。

デンゼルワシントンとの関係

映画「ブラッククランズマン」で一躍有名になったジョンデヴィッドワシントンは、あの有名ハリウッドスターデンゼルワシントンの実の息子です。

デンゼルワシントンはアカデミー賞で主演男優賞受賞など数多くの賞を受賞しているオスカー俳優なので知らない人はほとんどいないと思います。

9歳の時に、父デンゼルワシントン主演でスパイク・リー監督の映画「マルコムX」では端役で出演しています。父は主演で息子は端役なので共演はしていないようなのですが、同じ映画に出演されているのです。

デンゼルワシントン主演の映画「マルコムX」はマイク・リー監督で黒人解放運動家のマルコムXの実話が描かれています。

映画監督のスパイク・リーとは、昔から家族ぐるみの付き合いがあり、9歳の頃にも「マルコムX」で出演している縁で、スパイク・リー監督から映画「ブラッククランズマン」オファーがあったみたいです。

ジョンデヴィッドワシントン主演の映画「ブラッククランズマン」はマイク・リー監督で黒人警官のロンストールワースの実話が描かれています。

親子ともに同じスパイク・リー監督主演に抜擢され、実話をもとに描かれた作品に出演されているのですね。

父親のデンゼルワシントンは身長が185センチありますが、ジョンデヴィッドワシントンは175センチと少し小柄で、アメリカの成人男性の中でも少し低めですね。

顔もデンゼルワシントンとは似ていないような…並んでも親子とはわからないかも。どちらかと言えば母親似だと思われます。

有名俳優の息子なので主演に抜擢されただけとか親の七光りだとか、色々な憶測はありますが、実際にこの映画は、アカデミー賞6部門にノミネートされ、自身もゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞にノミネートされているので、演技力が評価されている証になっていますね。

カンヌ映画祭での上映後は、10分間に渡るスタンディングオベーションが発生し、最高賞のパルム・ドールは逃すが、次点に次ぐ審査員特別グランプリンに選出され、批評家からも大絶賛されています。

是非、デンゼルワシントンとの再び親子共演が見てみたいので、実現することを切に願いたいと思います。

まとめ

・デンゼルワシントンの実の息子ですが身長は175センチと低く母親似です。プロのアメリカンフットボール選手として活躍した後、俳優に転身しています。

・父デンゼルワシントンとは9歳の頃に、スパイク・リー監督の映画「マルコムX」で共演している。その縁で、今作の映画「ブラッククランズマン」も同じく実話をもとに描かれた作品で主演に抜擢されている。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました