スポンサーリンク

吉幾三「TSUGARU」のMVの歌詞の意味・全訳は?ロケ地・撮影場所についても

雑記

2019年9月12日に吉幾三さんの新曲「TSUGARU」MVが配信されました。

青森県津軽出身の吉幾三さんの津軽弁全開のラップの歌詞の意味がわからないと話題になっていますね。

本記事では、「TSUGARU」のMVの歌詞の意味・全訳MVのロケ地・撮影場所についてまとめています。

吉幾三「TSUGARU」のMVの歌詞の意味


吉幾三さんは演歌歌手として代表曲「酒よ」「雪國」などが有名ですが、若者の方はあまりご存じないかもしれませんね。

私の吉幾三さんのイメージは「ゲゲゲの鬼太郎」のテーマ曲の人のイメージが強いです。

こちらもかなり古いかもしれませんね…

 

そんな吉幾三さんがリリースした「TSUGARU」MVが公開され話題になっていますね。

2019年9月12日にYouTubeで配信された「TSUGARU」のMVの動画再生回数が160万回を越えています。(2019年9月22日現在)

かなりインパクトがあり、さすが元祖ラッパーの吉幾三さん。

ラップ超かっこいいけど意味が分からないから歌詞の意味を知りたいという意見が溢れていますね。

固有名詞や文脈でなんとなく理解することは可能ですが、完全に吉幾三さんが伝えたいことを理解するには、ご本人や津軽の方に聞かなきゃわかりませんよね。

 

同じ日本なのに地方によっては、方言があるので、外国語並みに理解するのが難しい場合もあります。

 

そこで全歌詞&全訳についてまとめてみました。

「TSUGARU」歌詞&全訳

おめだのじこばば どしてらば?

(お前のところのおじいちゃんとおばあちゃんはどうしてる?)

おらえのじこばば きょねんしんだね

(俺のおじいちゃんとおばあちゃんは去年死んだよ)

おめだのあにさま どしてらば?

(お前の長男はどうしている?)

おらえのあにさま しらねじゃわ

(俺の長男は何してるか知らんな)

かみさいったって きいたばって

(東京に行ったって聞いているけど)

かみのどのどさ いっだがや?

(東京のどこに行ったの?)

さっぱどわがねじゃ おいのあに

(全くわからん!うちの長男のことは)

ばかこでばかこで しかたねね

(ほんとにバカで仕方ない)

おめだのあねさま どしてらば?

(お前の長女はどうしてるの?)

おらえのあねさま あめりかさ!

(俺の長女はアメリカに行った)

よめこさなったって なねたてば

(嫁いで何年たっても)

もどってこねねろ ばかこだね

(地元に戻ってこない バカ娘だよ)

わらしこでぎだって きいだばて

(子供ができたと聞いたけど)

おどこわらしな おなごだな

(男の子か女の子かな)

いわいのじぇんこも つつまねで

(お祝いのお金も包んであげらなくて)

ほんとにめわぐば かけでらじゃー

(本当に迷惑ばかりかけている)

しゃべれば しゃべたって しゃべられる

(喋ればおしゃべりといわれるし)

しゃべねば しゃべねって しゃべられる

(喋らないと喋れといわれる)

しゃべれば いいのが わるいのか

(喋ればいいのか悪いのか)

しゃべねば いいのが わるいのか

(喋らない方が良いのか悪いのか)

春夏秋冬 しってっか!

(春夏秋冬知ってるか)

花咲き 佞武多(ねぶた)に 紅葉と

(春の桜の花が咲き、夏のねぶた祭、秋の紅葉と)

雪降る 厳しい 四季感じ

(冬は雪が降り、厳しいを四季を感じながら)

生きてることを しってっか?

(生きてることを知ってるか?)

Hey Hey Hey…

ヘイ、ヘイ、ヘイ…

津軽の言葉を なめんじゃね!!

(津軽弁をなめるんじゃない!)

〜間奏〜

なぼでもふるだね ゆべながら

(いくらでも雪が降る 昨夜から)

どこさもいけねじゃ こいだばや

(どこにも行けないな これじゃあ)

すベっておけたね あのはしで

(すべってこけたんだよ あの橋で)

おどげらんかん ぶつけたね

(あごを欄干にぶつけた)

なじきどどんじさ いぼできて

(おでことお尻にイボができて)

いまからいぐだね いしゃこさな

(今から行くんだ 医者に)

なんだかしらねじゃ ゆべながら

(なんかわからんけど、昨夜から)

いだくてまねはで いてくるじゃ

(痛くてしょうがないから行ってくる)

よろたとひじゃかぶ おたてまて

(太ももと膝も痛いから)

そごらもいしゃこさ みでもらて

(そこも医者に見てもらって)

ゆこさもはいってくるだね きょう

(温泉にも入ってくる 今日)

ばんげにはもどるね えさこなさ

(夕方には戻るから うちに来て)

もやしとねぎへだ もつくべし

(もやしとネギ入れたモツ鍋でも食べよう)

いっぺぃやるべし こんにゃこんにゃ

(一杯やろうぜ今夜)

あぱだきゃいねね だもいねね

(かみさんも誰もいないし)

でんわこかげるね もどればなー

(電話かけるわ 戻ったら)

しゃべれば しゃべたって しゃべられる

(喋ればおしゃべりといわれるし)

しゃべねば しゃべねって しゃべられる

(喋らないと喋れといわれる)

しゃべれば いいのが わるいのか

(喋ればいいのか悪いのか)

しゃべねば いいのが わるいのか

(喋らない方が良いのか悪いのか)

いまならあえるし かえんなよ

(今なら会えるし 帰ってきな)

季節は自然に 待っている

(自然や季節は お前を待っている)

何年 ふるさと 背を向ける

(あと何年、ふるさとに背を向けるんだ)

そのうち絶対 バチあたる

(そのうち絶対 バチが当たるぞ)

Hey Hey Hey…

ヘイ、ヘイ、ヘイ…

生まれた津軽を なめんじゃね!

(生まれた津軽を なめんじゃね!)

〜間奏〜

あおもり ひろさき ごしょがわら

青森 弘前 五所川原

はちのへ むつに あじがさわ

八戸 陸奥に 鰺ヶ沢

くうものめべし さけこまだ

(食べものも美味しいし お酒も美味い)

さんぽううみこさ かごまれて

(三方を海に囲まれ)

そいでもいでゆぐ ばかこいる

(それでも出て行く バカな子がいる)

もどってこねねろ わらはんど

(戻ってこない 子供たち)

かえればおみやげ もだへでや

(帰るときにお土産 持たせてあげるけれど)

くるときまいにち くたことね

(来るときはいつも お土産なんか持ってきたことない)

かしだきゃいらねじゃ じぇこけれじゃ

(お菓子はいらない 稼いだお金をくれ)

たはたさんりん どしたばや

(田んぼや畑や山林は どうするんだ)

しんだらうるだべ なもやねじゃ

(死んだら売るんだろ 何もやらんぞ)

ひゃくまでいきるだ なもやねじゃ

(100歳まで生きるんだ 何もやらんぞ)

ばげてでてやる しんでから

(化けて出てやる 死んだら)

まくらもどさ たってやる

(枕元に 立ってやる)

おぼえておがなが このわらし

(覚えておけよ この小僧)

おめだちとしとりゃ おなじだねー

(お前らも年取れば みんな一緒なんだからな)

しゃべれば しゃべたって しゃべられる

(喋ればおしゃべりといわれるし)

しゃべねば しゃべねって しゃべられる

(喋らないと喋れといわれる)

しゃべれば いいのが わるいのか

(喋ればいいのか悪いのか)

しゃべねば いいのが わるいのか

(喋らない方が良いのか悪いのか)

しあせなんだと おもうなら

(幸せなんだと思うなら)

うんだりょうしん あいにきな

(産んでくれた両親に会いに行け)

なんかい あんたも かおみれる

(あとなんかい両親の顔がみれる)

19や20才の ガキじゃねェ

(1920才の子供じゃないんだから)

Hey Hey Hey…

ヘイ、ヘイ、ヘイ…

青森全部を なめんじゃねェ!!

(青森の全部をなめるなよ)

 

吉幾三さんの津軽愛が溢れた歌詞になっていますね。

曲で表されているテーマ・意味

「TSUGARU」は、1984年に吉幾三さんがリリースした「俺ら東京さ行ぐだ」のアンサーソングとも言われています。

「田舎から東京に出ていく若者の歌」=「俺ら東京さ行ぐだ」

「田舎から出ていった若者に向けた歌」=「TSUGARU」

当時は、同じような地域の方から多くのクレームが来たらしいのですが、吉幾三さんの幼少期は本当に歌詞の内容と近いものだったらしいです。

しかし、曲の大ヒットで地元の多くのが喜んだとのこと。

地元出身のアーティストが地元の歌を作って歌ってくれるのって特別感があり嬉しですよね。

 

吉幾三さんの津軽愛に溢れた動画も公開されています。

津軽を離れた若者たちに、「たまには戻ってこいよ」、「津軽の言葉を若い世代に残してあげたい」と、まさに地元愛に満ちた吉幾三さんの動画でしたね。

なお歌詞の意味・全訳については、吉幾三さんのYouTube動画から9月中には発表があるそうです。

 

また、「TSUGARU」のYouTube動画を1.25倍にすると無茶苦茶かっこいいです。

吉幾三「TSUGARU」のMVのロケ地・撮影場所

撮影に使われたのは吉幾三の自宅

撮影は夏の36℃を越える暑い中でドローンなどを使って撮影が行われたようです。

白い門が開かれ、白い大豪邸をバックに始まるMVは、実際に吉幾三さんが今現在住んでいる家です。

津軽のホワイトハウスと言われている立派な邸宅は小高い丘の上にあります。

猛吹雪の日は真っ白で何も見えなくなるとも言われていますね。

自宅を撮影場所に使った理由

吉幾三さんは、駆出しの頃は青森から東京に出て、大物演歌歌手として成功された現在は青森県の自宅に住んでいます。

自宅を撮影場所に選んだ理由は、津軽を愛するメッセージを伝えるために必然の場所だったのではないでしょうか。

自宅から発信することで地元愛と「TSUGARU」の歌詞の意味についても説得力がありますね。

 

その他の田園風景や川の撮影も吉幾三さんの地元(津軽)で撮影されているようですね。

まさに津軽愛と津軽づくしのMVで吉幾三さんの地元愛が感じられました。

まとめ

吉幾三「TSUGARU」の歌詞の意味・全訳についてまとめてみました。

津軽愛が溢れたかっこいいMVになっていますが、9月中に吉幾三さんのYouTube動画から歌詞の意味・全訳にいて発表があるので楽しみですね。

自宅から「TSUGARU」を発信することで、より強いメッセージを感じることができました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました