スポンサーリンク

キングコング髑髏島の巨神のキャスト・日本語吹き替え声優まとめ!下手でひどい最悪の理由も

雑記

映画「キングコング: 髑髏島の巨神」は2017年公開の映画で、 キングコングシリーズの映画としては通算8作目となりました。

本作の吹き替え声優には多くの有名人を起用しているのですが、吹き替え声優が下手すぎてひどい最悪と言われているので、その評価とともに、キャスト・日本語吹き替え声優についてまとめていきます。

キングコング髑髏島の巨神のキャスト・日本語吹き替え声優まとめ

「キングコング髑髏島の巨神」シリーズ8作品目になりますが、過去作について少しまとめてみます。

・1933年3月2日(キングコング)
・1933年12月22日(コングの逆襲)
・1962年8月11日(キングコング対ゴジラ)
・1967年7月22日(キングコングの逆襲)
・1976年12月17日(キングコング)
・1986年12月19日(キングコング2)
・2005年12月14日(キング・コング)
・2017年3月10日(キングコング: 髑髏島の巨神)

日本では1955年公開の映画「ゴジラの逆襲」以来7年ぶりに、ゴジラ映画としては初めてのカラー製作映画として、1962年の映画「キングコング対ゴジラ」でキングコングは日本に初上陸しています。

<あらすじ>

主役のコンラッド率いる調査隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島(髑髏島)に潜入する。地図に載っていない島で調査隊を待ち受けていたのは見たこともない未知の生物や原住民だった。島には骸骨が散乱しており、そんな髑髏島で王として君臨するのは巨大なコングが出現する。コングによってヘリコプターを破壊された調査隊は、髑髏島から無事に脱出し帰還することができるのか。

物語は未知の生物と島に上陸した人間との戦いを描いている迫力あふれるストーリー。まずは、本作の気になるキャスト・日本語吹き替え声優をまとめていきます。

ジェームズ・コンラッド:トム・ヒドルストン(GACKT)

元SAS大尉。現在は、南ベトナム・サイゴンを拠点に活動するフリーランスの傭兵。優れた戦闘能力やサバイバル能力で調査チームのリーダー的存在。

<キャスト: トム・ヒドルストン>

2012年から「アベンジャーズシリーズ」のロキ役で活躍。

<日本語吹き替え声優 : GACKT>

伝説のバンドMALICE MIZERを経て、ソロのロックミュージシャン、バラエティーや大河など多岐に活躍。

メイソン・ウィーバー:ブリー・ラーソン(佐々木希)

自身を「反戦カメラマン」と称している戦場カメラマン。

<キャスト: ブリー・ラーソン>

アベンジャーズシリーズのキャプテン・マーベル役で活躍。2015年の映画「ルーム」で第88回アカデミー賞主演女優賞を受賞している。

<日本語吹き替え声優 : 佐々木希>

女優、歌手、タレント、ファッションモデルとして活躍し、お笑い芸人の渡部建と結婚。2018年9月13日に第1子男児を出産している。

ウィリアム・“ビル”・ランダ:ジョン・グッドマン(石住昭彦)

特別研究機関MONARCH(モナーク)に所属する地質学者。

<キャスト:ジョン・グッドマン>

元フットボール選手、その後俳優に転身、主演を演じることは少ないが、クセのある重要な脇役を演じることが多い俳優。

<日本語吹き替え声優 : 石住昭彦>

主に、3枚目キャラを演じることが多いが、シリアスな役や陰のある悪役もこなすマルチな俳優。声優では主に海外ドラマ・洋画の吹き替えを中心に活動。

プレストン・パッカード大佐: サミュエル・L・ジャクソン(手塚秀彰)

ベトナム戦争など数々の激戦を乗り越えた猛者で、米国陸軍第三強襲ヘリコプター部隊・「スカイデビルズ」の指揮官。

<キャスト: サミュエル・L・ジャクソン>

アベンジャーズシリーズではニックフェリー役で活躍。数多くの映画に出演しているベテラン俳優。

<日本語吹き替え声優 : 手塚秀彰>

数多くの吹き替えを担当しているが、主にサミュエル・L・ジャクソン専属の吹き替え声優。

ハンク・マーロウ中尉:ジョン・C・ライリー(石田圭祐)

米海軍航空部隊の元パイロット。戦闘機での戦いで髑髏島に不時着後、義兄弟の契りを交わしたグンペイや先住民たちと暮らしていた。

<キャスト: ジョン・C・ライリー>

脇役として多くの話題作に出演。2002年の映画「シカゴ」では歌声も披露している。この役のために自身が歌っている姿を撮影して、監督のロブ・マーシャルに送った逸話がある。

<日本語吹き替え声優 : 石田圭祐>

映画の吹き替えを中心に活躍している声優。

ヒューストン・ブルックス:コーリー・ホーキンズ(杉村憲司)

ランダの助手でMONARCHに所属する地質学者。

<キャスト: コーリー・ホーキンズ>

情報なし

<日本語吹き替え声優 : 杉村憲司>

海外のドラマ・映画の吹き替えを中心に活躍している声優。

サン・リン:ジン・ティエン(伊藤静)

MONARCHに所属する生物学者。

<キャスト: ジン・ティエン(景甜)>

中国のドラマ・映画で活躍する女優で歌手。

<日本語吹き替え声優 : 伊藤静>

代表作にアニメ「ハヤテのごとく!」の「桂ヒナギク役」美少女戦士セーラームーンCrystal」の「愛野美奈子/セーラーヴィーナス役」など。

ヴィクター・ニエベス:ジョン・オーティス(後藤敦)

NASAの地球資源探査衛星・ランドサット現地調査団責任者。

<キャスト: ジョン・オーティス>

最近では、映画「レプリカズ」のジョーンズ役。映画「バンブルビー」のパウエル博士役で出演。

<日本語吹き替え声優 : 後藤敦>

本作と「バンブルビー」でジョン・オーティスの声優を務めている。

スティーブ・ギヴソン: マーク・エヴァン・ジャクソン(伊藤和晃)

ランドサット衛星データ収集担当調査員。

<キャスト: マーク・エヴァン・ジャクソン>

情報なし

<日本語吹き替え声優 : 伊藤和晃>

海外のドラマ・映画の吹き替えを中心に活躍している声優。

ジャック・チャップマン少佐:トビー・ケベル(小松史法)

スカイデビルズ副官。

<キャスト: トビー・ケベル>

2007年の映画「コントロール」での演技が高く評価され、英国インディペンデント映画賞で助演俳優賞を受賞。

<日本語吹き替え声優 : 小松史法>

2015年の映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でアーロン・テイラー=ジョンソンが演じたクイックシルバーの吹き替え声優を担当。

アール・コール大尉:シェー・ウィガム(綱島郷太郎)

スカイデビルズ隊員。

<キャスト:シェー・ウィガム>

最近は、Netflixで配信されるアダム・ウィンガード監督の「デスノート」など話題作に出演している。

<日本語吹き替え声優 : 綱島郷太郎>

2009年のテレビドラマ「みこん六姉妹」で共演したタレントのはしのえみと結婚。2015年に第一子女児が生まれている。

グレン・ミルズ兵曹長:ジェイソン・ミッチェル(河本邦弘)

スカイデビルズ隊員。

<キャスト: ジェイソン・ミッチェル>

情報なし

<日本語吹き替え声優 : 河本邦弘>

主にアニメの声優を中心に活躍していますが、海外のドラマ・映画の吹き替えも多く担当している声優。

レグ・スリフコ兵曹長:トーマス・マン( 山崎健太郎)

スカイデビルズ隊員。

<キャスト: トーマス・マン>

アメリカで活躍する27歳の若手俳優。

<日本語吹き替え声優 : 山崎健太郎>

海外のドラマ・映画の吹き替えを中心に活躍している声優。

ジョー・レルス特技上等兵:ユージン・コルデロ(真壁刀義)

スカイデビルズ隊員。

<キャスト:ユージン・コルデロ>

情報なし

<日本語吹き替え声優 : 真壁刀義>

日本を代表する現役プロレスラー、吹き替えは、2015年の映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」でネイサン・ジョーンズ演じるリクタス・エレクタスの吹き替え以来2回目。

アル・ウィリス上院議員:リチャード・ジェンキンス(仲野裕)

ウィリアム・“ビル”・ランダの旧友。

<キャスト: リチャード・ジェンキンス>

2017年の映画「シェイプ・オブ・ウォーター」ではアカデミー助演男優賞にノミネートされている。

<日本語吹き替え声優 : 仲野裕>

アベンジャーズシリーズのジョン・スラッテリーが演じるハワード・スタークの吹き替え声優を担当。

グンペイ・イカリ(碇 軍平):MIYAVI

日本海軍の零戦搭乗員。

<キャスト・吹き替え: MIYAVI>

本作でハリウッド映画2作品に出演。

日本、北米、南米、ヨーロッパ、アジアなど全世界約30か国で300公演以上のライブを行い、7度のワールドツアーも行っている日本のロックミュージシャンで俳優としても活躍。

 

本作では、主演のトム・ヒドルストンが演じるジェームズ・コンラッドにGACKTさん、ヒロイン役のブリー・ラーソンが演じるメイソン・ウィーバーに佐々木希さんが起用されていて、メインキャストが本職ではない芸能人の方が務めているので気になります。

また、異色のプロレスラー真壁刀義さんの2回目の吹き替え声優の評価も非常に気になりますね。

キングコング髑髏島の巨神の吹き替え声優が下手でひどい最悪の理由

近年の映画の吹き替え声優の起用傾向は、その年の旬な著名な有名人を声優に起用することが主流になってきていますが、キングコング髑髏島の巨神の吹き替え声優は炎上するほど下手でひどい最悪と言われる評価になっているのでしょうか。

メインキャストの吹き替え声優を務めた(GACKTさん・佐々木希さん)と吹き替え2回目の真壁刀義さんの評価を中心にみていきます。

ツイッター上の評価

GACKT

 

評価は賛否両論あるみたいですが、トム・ヒドルストンの吹き替えは平川大輔さんが専属で担当しているので、そのことで不評になっているようですね。

佐々木希

評価は酷評が目立ちますが、本業ではないので致し方がないですよね。

ブリー・ラーソンの吹き替えは、最近は水樹奈々さんが担当していますが、専属で固定されているわけではないのでピタッと合う声優さんを探すのは難しいのでしょうか。

真壁刀義

もともとキングコングの異名を持つ真壁刀義さんはすんなり映画に溶け込むことが出来たみたいですね。

 

やはり著名な方が吹き替えを担当するとイメージが付いてしまっているので、ギャップや違和感を感んじてしまうようですね。

特に本作はメインキャストの吹き替えがGACKTさん佐々木希さんでよくメディアに登場するので悪い意味で余計に目立ってしまったみたいですね。

また、特にメインキャストのトム・ヒドルストンの専属声優が吹き替えを担当しないのも下手でひどい最悪と酷評される原因のようです。

まとめ

キングコング髑髏島の巨神のキャスト・日本語吹き替え声優についてまとめてみました。

アベンジャーズシリーズに登場するキャストが多く配役されていて印象的です。

吹き替え声優の評価は、メインキャストに専属声優を起用せずに有名芸能人を起用している点が悪い意味で目立ってしまっているようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました