パプリカ(米津玄師)の歌の子供がうざいし嫌い?なぜ人気か良さがわからない

米津玄師さんの楽曲のパプリカ(曲)のMVが公開され話題になっていますね。

老若男女に人気の歌手米津玄師さんのパプリカ(曲)は子どもたちを中心に人気を集めています。

しかし、中には歌っている子供嫌いでうざいしイライラするという意見も聞かれます。

また、なぜパプリカ(曲)は人気か良さがわからないという意見もあるので合わせて深堀します。

パプリカ(米津玄師)の歌の子供がうざいし嫌い?


パプリカ(曲)は、米津玄師さん作詞・作曲・プロデュースにより製作された楽曲ですが、歌い手はFoorin(フーリン)という子供たち5人組のグループ。

Foorin(フーリン)は米津玄師さんがオーディションで選んだ小学生男女の混合ユニットで、名前はメンバーの姿を風鈴に例えたのが由来だそうです。

パプリカ(曲)は「NHKのオリンピック2020応援ソングプロジェクト」による応援ソングとして、2018年8月15日にリリースされていますね。

この歌はNHKの「みんなのうた」で2018年の夏頃からFoorinの歌唱で放送されています。

この時、当時3歳の娘が保育園に登園する前に朝のNHKの「みんなのうた」を聞いていたので、すごく印象に残っていました。

当時は、保育園の中や友達の間でも流行っていたりして、一緒にお風呂の中でよく歌ったことを覚えています。

パプリカ(曲)はNHKの朝・夕の番組で毎日放送されるので飽きた

しかし今、パプリカ(曲)がNHKで放送されて1年くらい立つのですが、4歳になった娘はパプリカ(曲)を歌わなくなりました。

なぜか理由を聞いてみると、いつもNHKで流れているから飽きたという答えが返ってきました。

確かに、NHKもこの歌を浸透させるために頻繁にパプリカ(曲)を流していますね。

あまりにも頻繁にテレビなどで歌が流れているので、満腹感が半端ないという意見が周りでは多いようです。

しかも、NHKだけではなく出先(スーパー)などでも歌が流れているので、流石に流しすぎという意見もあるようです。

個人的には、娘と歌の接点(共通点)が出来たので嬉しかったのですが、飽きがくるほど過剰に放送するのはどうかなと思います。

Foorin(フーリン)がテレビ・歌番組に出過ぎてうざい

私はあまり気にしていなかったのですが、最近、会社の先輩や後輩の子供たちがパプリカ(曲)ばかり歌うのでうざいし嫌い聞きたくないという会話がよく聞かれるようになりました。

歌を歌っている子どもたちもイライラするので嫌いという意見もあるようで。

ツイッター上でも

パプリカ(曲)を歌っている子供たちFoorin(フーリン)のことが嫌いという意見も多く聞かれます。

Foorin(フーリン)のMVは一億回以上再生され、しかも毎日のようにNHKで歌が放送されているので、注目を集めたぶん賛否両論でるのは仕方ないことだと思います。

 

オリンピックまでは、まだ半年以上先なので、これがまだ半年続くと思うと、ますますパプリカ(曲)の評価が下がりそうで少し残念です。

はじめは米津玄師さん良い曲をありがとうと思っていたのですが…せめて今くらい(オリンピックが始まる一年前)から公開すればよかったのにと思いました。(米津玄師さんの責任ではないです。)

でも、パプリカ(曲)自体は嫌いではないですし親しみやすく好きです。

 

パプリカ(曲)はなぜ人気か良さがわからないという意見


パプリカ(曲)を酷評する意見も見られますが、子どもたちの多くに支持されているので人気があることがよくわかりますよね。

パプリカ(曲)がなぜ人気が出るのかは、ミュージシャンの米津玄師さんの力がかなり大きいと思います。

2019年8月10日に公開されたMVも2日間ですでに600万回以上再生されています。

 

それと老若男女に人気のアーティストであり、NHKとタッグを組んだことも非常に大きいと言えます。

2018年12月31日の第69回NHK紅白歌合戦に初出場し「Lemon」を披露し話題になりましたね。

NHKの「みんなのうた」などで子どもたちにパプリカ(曲)が浸透したことが大きいようです。

やはり子どもたちが親しみやすいメロディがポイントのようですね。

歌詞に関してはまだ小さい子どもには難しいので理解できない部分は多いと思いますが、特に、踊りたくなる体で表現したくなる曲は子供たち人気があります。

うちの娘(4歳)が必死にプリキュアの歌と踊りを練習していたのでパプリカ(曲)も同じような効果がありそうです。

NHKの米津玄師・パプリカ押しがうざい

しかし、人気がある一方でなぜ人気か良さがわからないという意見も目に付きます。

NHKや周りの米津玄師押しが強いので拒否反応を示している人が中にはいるようで、なぜ人気か良さがわからないという意見もありました。

人気がある分反動は大きいです。

どんな有名で売れているミュージシャンでも賛否両論あるので当たり前といえば当たり前ですよね。

子供たちや園児たちが歌を聞くと自然と歌いながら踊りだすので、ついていけない大人の方たちも続出しています。

なので、パプリカ(曲)は子供たちが盛り上がれるような周波数が出ているのかもしれませんね。

まとめ

パプリカ(曲)がうざいし嫌いという意見は、NHKの子ども向けの朝・夕方の毎日の番組で放送されるので、それを嫌悪する視聴者が出てきているようです。

なので毎日のように登場する子どもFoorin(フーリン)もうざいしイライラする嫌いという対象になってしまっているようですね。

歌自体は子どもたちが踊りながら口ずさむほど親しみやすいのですが、なぜ人気か米津玄師さんの良さがわからないという意見も中にはみられました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

ルパンVS複製人間のトラウマシーンは?カットされた場面や放送禁止用語についても

しぶんぎ座流星群2020埼玉のピーク時間や方角は?秩父・羽生・ときがわ町の最適な...

名古屋モーターショー2019コンパニオンの名前・画像!トヨタ・ホンダ・日産などの...

ターザン・リボーンのキャストと日本語吹き替え声優まとめ!評価と感想についても

お雛様を飾る時期と片付ける時期はいつ?大安や仏滅など六曜は関係あるの?

ハラミちゃんの経歴プロフィールwikiまとめ!ストリートピアノの演奏場所について...