スポンサーリンク

PS5初期不良の確率や故障率は?PS4の初期ロットの不具合についても

雑記

2020年11月12日(木)に、ソニーの新型家庭用ゲーム機「PlayStation 5」(PS5、プレステ5)が発売されます。

高スペックながら価格も39,980円〜と抑えられているので購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

しかし、ゲーム機に付き物の初期不良について心配している方も中にはいると思うので、プレステ5初期不良の確率や故障率について迫っていきます。

また、PS4の初期ロットの不具合についても見ていきましょう。

PS5初期不良の確率や故障率は?

ソニーが発売する「PlayStation 5」(PS5、プレステ5)は、2つのモデルがラインナップされています。

・Ultra HD Blu-rayドライブを備えたスタンダード「プレイステーション 5」:49,980円

・Ultra HD Blu-rayドライブを省いた「プレイステーション 5 Digital Edition」:39,980円

どちらもソニーなどの各販売店などで9月18日(金)から順次予約受け付けが始まっています。

この価格でこのスペックは安すぎと争奪戦になっていますね。

Amazonなどでは転売ヤーが35万円と高額な値段で転売していて話題になりました。

 

しかし、反対に初期型・初期ロットを懸念する声も多いようです。

プレステ5初期不良の心配の声

安すぎるには理由がある初期型は初期不良が多いから気を付けた方が良い、初期ロットは買わないという意見も中には見られます。

ゲーム機の初期型・初期ロットに対するイメージは良くないようですね。

電化製品なので100%壊れない可能性は低いので、不良が出ても仕方がない部分はあると思いますが、気になるのはどのくらいの頻度で不良が発生するかだと思います。

そこで、プレステの不良率について調べてみたいと思います。

プレステ5初期不良の確率や故障率をプレステ4で予想

プレステ5はまだ発売前なので、初期不良の確率や故障率は分かりませんが、前モデルのプレステ4をみれば、ある程度は予想できるかと思います。

プレステ4は、今から7年前の2013年11月12日に発売されました。

 

当時、PS4は高性能であることから、不具合が起こりやすいと思われていましたが、実際には、故障するのは1%ほどだったとも言われています。

しかし、故障しにくいゲーム機ではありますが、不具合の報告が多いのも事実なので、取り扱いには注意が必要になります。

壊れる不具合が起きる要因について、初期型の問題や使用環境が主な原因になるので少し見ていきましょう。

PS4の初期ロットの不具合

PS4の初期ロットについては、問題なく楽しめたという意見が多く見られましたが、中には不具合に苦しんだ方もいるようですね。

まとめてみると、初期ロットのディスク吐き出しの不具合が一番多かったとの意見がありました。

 

それに使用環境による原因が不具合を招くこともあるので、以下の点についても注意していきたいですね。

・電源を付けたままにする

・本体を直接床においたり、埃の溜まりやすい場所での使用

 

①すべての電化製品にも言えることですが、めんどくさい便利だからと言って電源を付けたままにすると、本体に負荷がかかり寿命を縮める原因にもあります。

プレイしない時は電源を切り休ませることが大事になります。

 

②長時間床においたままプレイすると下に熱がこもり、機器への負担が増える、また、ホコリなどがたまることで、熱がこもりやすくなるので故障の原因になる。

電化製品は特に熱を嫌うので、使用環境には注意が必要となります。

まとめ

本気では、PS5初期不良の確率や故障率は?PS4の初期ロットの不具合についてもと題してお届けしました。

あくまでも壊れる可能性、確率なので、トラブルが起きた時は、メーカー保証や販売店の保証などを確認して冷静に対応していきたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました