スポンサーリンク

副田信隆(Ryugen)音楽の多才なマエストロ!背後に隠れた才能の光

雑記

音楽とは、時に言葉を超えた感情の表現手段であり、文化の架橋です。

その多彩な世界において、副田信隆さんは独自の軌跡を描いている唯一無二の存在。

本記事では、副田信隆さんの魅力についてご紹介します。

スポンサーリンク

音楽の新たな地平を拓く副田信隆の軌跡

 

副田信隆(そえだのぶたか)、別名Ryugen、1980年9月16日生まれ、は日本の音楽界で独自の位置を確立している多才な作詞家、作曲家、編曲家、トラックメイカー、音楽プロデューサー、そしてラジオパーソナリティです。

福岡県古賀市の出身で、公益社団法人日本作曲家協会の一員としても活動しています。

彼は全国から集められた若手クリエイターたちと共に、音楽制作チーム「クリエイタークルー”FJ”」のリーダーとして、今の音楽業界に新たな息吹を吹き込んでいる。

映画、テレビ、ラジオのCM音楽、そして劇伴といった、歌ものから器楽曲に至るまで、副田さんは多岐に渡るジャンルの音楽制作に手を伸ばしています。

彼の音楽は、メジャーからインディーまで、幅広いアーティストに愛され、時にはアーティストのレコーディングディレクションにも参加するなど、プロデュースの役割を超えた貢献をしています。

意外かもしれませんが、副田さんは自身のメディア露出を極力控えているのです。

その理由は、自らを「極度の口下手」と表現するほどのメディア嫌いからです。

オリコンランキングで1位を獲得した楽曲を提供しても、メディアからのオファーはすべて断ってきました。

 

しかし、そのシャイな性格とは裏腹に、音響技術・録音技術の専門誌『サウンド&レコーディング・マガジン』のような業界誌の取材には喜んで応じています。

彼の才能は地元福岡のみならず、国際的にも認められています。

 

 

2022年、彼が主宰するラジオ番組『Tomorrow is a good day』が放送開始され、同年ドバイで開催されたアラブ国際音楽祭では、彼がアルジェリア出身の人気ヒップホップアーティストに提供した楽曲が受賞しました。

そのアルバム「Résilience」は、2023年にリリースされた後、国際的な注目を集め、副田信隆の名を世界に轟かせました。

副田信隆さんは、音楽を通じて言葉の壁を超え、文化の架け橋となる作品を創り出しています。

彼の音楽は、聴く人々に深い感動を与え、新たな音楽の可能性を切り開いています。

その静かなる才能と情熱は、今後も多くの人々を魅了し続けることでしょう。

まとめ

あまりメディアにでることはありませんが、ラジオ番組で副田さんの音楽に触れることができます。

Ryugenのメインパーソナリティー番組「FMからつ 音楽情報バラエティ番組:Tomorrow is a good day」は、黒夢(人時)さんなど有名なアーティストが出演している人気番組です。

ホームページはこちら→https://tomorrow-is-a-good-day.jimdofree.com/

是非、聞いてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました