スポンサーリンク

ちはやふる結び原作と違いひどい?泣ける・面白い感想や評価についても

雑記

どうも!土谷ヒロです。

映画「ちはやふる結び」は、2016年公開の「ちはやふる -上の句-」「ちはやふる -下の句-」の完結編として2018年に公開されました。

漫画家の末次由紀の人気少女コミックの映画化で話題になり、現実社会の競技かるたにも影響を及ぼしました。

この映画の評価は、面白くて感動して泣けるという感想がある一方、原作と違いひどいという感想もあり、賛否両輪なので実際のレビューや口コミなどを見ていき評価の真相に迫ります。

ちはやふる結びの映画の評価・評判

「ちはやふる」は、「上の句」「下の句」「結び」の3部作で構成されていて、「結び」はその完結編になります。

結びのあらすじ

全国大会で繰り広げられた、綾瀬千早と若宮詩暢の壮絶な戦いから2年。 千早、太一、新は、名人・クイーン戦の会場にいた。クイーン・詩暢と戦うことができない自分に悔しがる千早…。一方、史上最強の名人・周防久志と相対しているのは、千早たちの師匠・原田先生。周防名人に手も足も出ず、原田は負けてしまう。その瞬間、「名人を倒すのは俺や!」最強の名人に挑戦状を叩き付けたのは、なんと新だった! そして、新をキラキラした目で見つめる千早。そんな2人の姿をただただ、茫然と見ることしかできない太一…。 3年生になった千早たち、瑞沢かるた部は高校生最後の全国大会に向けて動き出す。恋愛体質の菫、慇懃無礼な筑波という個性的な新入生に四苦八苦する千早たち。一方、新は、全国大会で千早達と戦う為に、かるた部創部に奔走していた。そして、新が通う藤岡東高校には、準クイーンの我妻伊織もいた。そんな中、綾瀬千早は幼馴染の錦谷新に告白される。しかしもう一人の幼馴染、真島太一も千早に想いを寄せていた。恋もかるたも負けられない。最後の青春が幕を開ける。

かるたの試合や勝敗の行方、恋愛の行方も気になるところです。

登場人物キャスト

・綾瀬千早:広瀬すず
・真島太一:野村周平
・綿谷新:新田真剣佑
・大江奏:上白石萌音
・西田優征:矢本悠馬
・駒野勉:森永悠希
・須藤暁人:清水尋也
・木梨浩:坂口涼太郎
・若宮詩暢:松岡茉優
・宮内妙子:松田美由紀
・原田秀雄:國村隼
・綿谷始:津嘉山正種

上の句のみのキャスト
・綾瀬千歳:広瀬アリス

結びからのキャスト
・花野菫:優希美青
・我妻伊織:清原果耶
・筑波秋博:佐野勇斗
・周防久志:賀来賢人
・伊勢大二郎:志賀廣太郎
・天野ひろゆき

当然といえば当然なのですが、登場人物とキャストはリアルに近い年齢設定になっています。

キャイ~ンの天野ひろゆきさんは、全国大会の準決勝か準々決勝で負けた高校の顧問の先生の役で出演していますが、後ろ姿と声のみだったので分かりにくかったようです

三部作のそれぞれの興行収入

・「上の句」が16億3000万円
・「下の句」が12億2000万円
・「結び」が17億3000万円

映画は10億円がヒットの目安なので三部作全部クリアされていますね。

ヤフー映画、映画.comの評価

上の句:ヤフー映画3.94、映画.com3、8
下の句:ヤフー映画3.83、映画.com3、7
結び:ヤフー映画4.23、映画.com4、2

三部作とも結構良い評価ではないでしょうか。ヤフー映画、映画.comともに評価の偏りはないようですね。特に「結び」評価は際立ってい高く、興行収入が一番高いのもうなずけます。

レビューを見てみると、青春映画としても、最高クラスの作品だったと大絶賛する感想や意見が多く見られたので、具体的に視聴者の感想についてみていきます。

ちはやふる結びの感想

「ちはやふる」映画の「上の句」「下の句」ともに青春映画として高評価を得ている感想が多かったのですが、完結編の「結び」は、特に評価が高かったのでその評価の内容と中身に迫ります。

面白い・感動する・泣ける

ちはやふるは3作とも安定したおもしろさで、大人も楽しめる青春映画だと思う。

胸アツすぎて泣ける。

百人一首もしっかり話しに盛り込まれている。気持ちよく観られる青春映画です。

青春を味わえる作品でした、感情移入して疑似体験するのが映画の楽しみですよね~

競技カルタにおける才能が決して抜きん出ているわけではない太一が天才を超える瞬間の感動がこの作品の最大の魅力だと感じました。

シリーズを通しての魅力は、競技カルタがとても格好良くみえるところ。ピリピリした空気感が伝わってくる室内。一瞬の静寂の後いっせいに動き出す身体。スポーツ作品として最高でした。

シリーズ物を始めて最後まで気持ち良く鑑賞した気がします。何かを極めようと一生懸命な人は美しい。学生時代何にも打ち込まなかった自分としては羨ましい限り。終始目を細めて観てました。

こんな青春が送りたかったという感情が何度も何度も出てきて、最後まで楽しく見れました。かるたにも本当に興味が湧きました。

原作を読んでますが、あのなぜか泣けてしまう感じが出ていて、原作を大事にしていると思いました。

場内は若い子ばかりでしたが、おじさんにとっても、青春時代を思い起こしてくれるステキな作品に出会えました。

この映画の主人公達が高校生という設定だったので、特に同世代の若者のレビューが多かったのですが、感情移入することができて面白く観れたという感想が多くみられました。

面白くない・原作と違いひどい

相変わらずカルタをダシにしただけの雰囲気映画で、試合はダイジェストで、部活・スポコンものとしては全く楽しめまぜん。映画オリジナルキャラも要りません。

面白くないわけではないのだけどね、色々と変わって面白かったんだけどね、なんだか面白さが減ってきたのは見慣れてしまったんだろうか…。

ずっとカルタやってるだけでつまんなかった。

カルタのルールが分からないから、見ていて、何とも言えない場面が多いかな・・・・

原作ファンの私には、少し残念な内容でした。途中で部活を辞めた奴が、いきなり決勝の舞台に立って良いものか…ありえません。

原作ファンをもっと大切にしてもらいたい内容でした。

まあまあ、見ていて飽きなかったが、原作と違いすぎて。まあ、2時間なので限界はあると思いますが、結び上下でちゃんとしたものをつくってほしかったです。ただ、最後の展開が消化不良で物足りなく感じた。

全体としては、酷評する意見はほとんどみられませんでしたが、原作のファンの方からは厳しい意見がありました。

総括

この映画の感想には、ほとんど否定的な意見は見られませんでした。青春映画として同世代の方たちに受けがよく、自分の青春時代の今とリンクさせることができて高評価を得る意見が多かったようです。

一方、原作のファンの方からは、原作と内容が違ったりすることや細かい表現の違いが気になることから不評につながったという意見もみられました。

全体の映画の評価としては、まとまりがあり三部作の集大成になる「結び」は作品としてのできは素晴らしいものになっているようです。

まとめ

・「結び」の評価は、三部作の中でもダントツで評価が高く興行収入も一番多い。

・映画の主人公たちと同世代の方たちからは、自分の青春を描いているようで疑似体験ができ高評価を得ています。

・原作のファンの方からは、映画は原作と内容が違っていたりすることに不満を覚えた方がいるようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました