スポンサーリンク

今年の夏は暑い?2021気温傾向やいつまで暑いかも

雑記

梅雨が明け夏に向けて暑くなる日も増えてきますね。

去年は「やばい」ほどの暑さが続き、2020年の夏は、全国各地で連日猛暑日(35度以上)を記録し、浜松市では国内観測史上最高気温41.1度を記録しています。

さて、気になるのは、今年(2021)の夏は例年に比べて暑いのか?また、気温やいつまで暑さは続くの調査していきます。

スポンサーリンク

2021今年の夏は暑い?

ウェザーニュースが発表した2021年の夏の暑さの予想については、今年の夏は「ダブル高気圧」で猛暑予想が発表されています。

ずばり今年の夏は暑くなります。

top

引用元:https://weathernews.jp/

暑さのピークは7月下旬と8月下旬の2回あり、連日猛暑日が続く可能性があります。

今年の夏(7月~9月)の気温は、全国的に平年より高く、全国的にも暑い夏になりそうです。

特に、関東、東海、近畿、北陸、甲信越地方は平年よりやや高くなる傾向です。

また、今年は早めに梅雨が明ける地域が多く、昨年や平年よりも暑い期間が長くなる予想も出ています。

エルニーニョ/ラニーニャ現象の影響はないが猛暑が予想される

夏場(7月〜9月)は、エルニーニョ/ラニーニャ現象とも落ち着き、その影響はあまりありませんが、例年以上に暑い夏がやってきます。

引用元:https://weathernews.jp/

ラニーニャ現象が発生すると、日本付近では、夏場は気温が高くなる傾向がありますが、日本付近へのラニーニャ現象の影響は明瞭には見られておらず、その影響を受けることはありません。

しかし、チベット高気圧&太平洋高気圧が日本付近で張り出すことで、暑い猛暑がやってきます。

チベット高気圧&太平洋高気圧の影響で夏場は暑くなる

box1

引用元:https://weathernews.jp/

特に、7月下旬と8月下旬は日本の上空で高気圧の勢力が強まり、広範囲で暑さのピークを迎えます。

その大きな要因となるのは、チベット高気圧&太平洋高気圧のダブル高気圧による影響が考えられます。

 

太平洋高気圧は、7月はじめから勢力を強め、より上空の高いところにあるチベット高気圧も本州付近に張り出すのですが、2つの高気圧は広がる高度が違うため、チベット高気圧と太平洋高気圧が同時に張り出すと、上空で重なり合って「ダブル高気圧」となります。

2つの高気圧が合体することで、非常に背の高い一つの高気圧のように働き、それが厳しい暑さをもたらす要因となります。

そのため暑さのピークの期間は、最高気温が35℃以上の猛暑日が続いたり、フェーン現象が起こりやすい場所では、40℃前後の酷暑日が予想されます。

2021今年の夏の気温傾向やいつまで暑さは続くのか調査

すでに今年の夏はかなり暑くなることが予想されていますが、気温はどのくらいになるのか気になりますね。

日本気象協会は夏場の予想気温について発表しています。

夏場は日本全国各地で暑くなる確率が高くなっていますね。

そこで、例年の夏の気温はどうなのか、各地の例年の平均気温について見ていきたいと思います。

<札幌>
6月の気温:最高22° 最低 13°
7月の気温:最高25° 最低 17°
8月の気温:最高26° 最低 18°
9月の気温:最高22° 最低 13°
<仙台>
6月の気温:最高23° 最低 15°
7月の気温:最高26° 最低 20°
8月の気温:最高28° 最低21°
9月の気温:最高25° 最低 17°
<東京>
6月の気温:最高26°最低  19°
7月の気温:最高30° 最低 23°
8月の気温:最高31° 最低 24°
9月の気温:最高27°最低  20°
<名古屋>
6月の気温:最高27° 最低 19°

7月の気温:最高31° 最低 23°
8月の気温:最高33° 最低 24°
9月の気温:最高28° 最低 20°
<大阪>
6月の気温:最高28° 最低 20°

7月の気温:最高32° 最低 24°
8月の気温:最高33° 最低 25°
9月の気温:最高29° 最低 21°
<福岡>
6月の気温:最高27° 最低 20°
7月の気温:最高31° 最低 24°
8月の気温:最高32° 最低 25°
9月の気温:最高28° 最低 21°

※こちらは過去の平均的な気温になるので、今現在は温暖化が進み、もう少し平均気温は上昇していると思われます。

また、日中の寒暖差によっては、暑いと感じる日も多くあるでしょう。

 

去年は全国的に夏場は気温が高い傾向にありました。

2020年夏(6~8月)の平均気温・降水量・日照時間の平年差比図

引用元:https://www.jma.go.jp/jma/press/2009/01b/tenko200608.html

2020年は、暖かい空気に覆われる時期や期間が多かったため、全国的に夏の気温は高くなりました。

特に、8月には、太平洋高気圧に覆われて厳しい暑さが続いた東日本と東海で気温が高くなっています。

なので、2021年度も夏場の気温傾向は去年と近くなると考えられますね。

今年(2021)の夏の暑さは彼岸まで

暑い夏場のピークを越えても、9月にかけても暖かな空気が流れ込みやすく、秋のお彼岸の頃までは残暑が厳しくなる予想が出ています。

今年の彼岸は9月20日(月・祝)〜9月26日(日)までの7日間です。

 

日本では、「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざがあるように、「冬の寒さは春分頃(3/21)まで、夏の暑さは秋分頃(9/22)までには和らぎ、過ごしやすくなる」と教えられてきました。

夏の暑さは秋分頃(9/22)までには落ち着き、寒暖を繰り返しながら寒い冬が訪れます。

なので、ことわざ通り、彼岸が訪れるころになると暑さが和らぎそうですね。

 

ちなみに、東京の2020年の9月の天気や気温傾向はこちらです↓

昨年の9月は、スッキリしないぐずついた日も多かったようですが、彼岸頃になると25度を下回る日も増えてくるので、過ごしやすくなりそうですね。

まとめ

今年の夏は暑くピークを迎える頃は連日猛暑日が予想されています。

去年も各地で猛暑日を記録しており、去年と同じくらい暑い夏が訪れるので、体調管理には十分注意してお過ごしください。

最新情報が入り次第更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました