子どもの未来を切り拓く!—『【世界標準】AO式子育て』の魅力 | パパママハック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子どもの未来を切り拓く!—『【世界標準】AO式子育て』の魅力

スポンサーリンク
雑記

子育てに悩む親御さんに朗報です。

本記事では、DKスギヤマ氏が教える、21世紀の新しい子育て法をご紹介します。

教育のプロ、DKスギヤマ氏が執筆した『【世界標準】AO式子育て』(クローバー出版)がついに発売されました。

本書は、スギヤマ氏が自身の子育て経験とAO入試のノウハウを活かし、現代の親と子に向けて新しい子育て法を提案する一冊です。

特に、自分軸を持った自主性ある子どもを育てたい親御さんには必見の内容です。

スポンサーリンク

著者のプロフィール

DKスギヤマ氏(杉山大輔)は、慶應義塾大学総合政策学部にAO入試で入学し、在学中に教育コンサルティング会社を立ち上げるなど、教育業界で多くの実績を残してきました。

現在は株式会社ILIの代表取締役社長であり、一般社団法人受験フードマイスター推進協議会の代表理事も務めています。

実業家としての経験を活かし、様々なビジネスを展開する一方で、4人の子どもを育ててきた父親としての視点も持ち合わせています。

私には2人の娘がいますが、子育てに悩み時期があったので学びになりました。

本書の特徴

自分軸を持つことの重要性

スギヤマ氏が本書で最も強調しているのは「自分軸」の重要性です。

自分軸が確立されていないとブレブレになってしまいますよね。

変化が激しい現代社会を生き抜くためには、自分の強みや方向性を明確にすることが不可欠です。

自分軸を持つことで、子どもたちは未来を切り拓く力を得ることができます。

親子二代での成功体験

本書では、スギヤマ氏自身とその長男がAO入試で慶應義塾大学に合格したポイントを具体的に解説しています。

彼の家庭で実践された教育法は、他の親御さんにとっても大いに参考になるでしょう。

日米の教育や子育ての違い

スギヤマ氏の経験から見る日米の教育や子育ての違いについても詳しく解説しています。

これにより、日本の教育システムの中でどのようにして子どもの自主性や強みを育てるかを理解する手助けとなります。

AO式子育てのノウハウ

好奇心を育てる

まずは、子どもが自分の興味や好奇心を追求できる環境を整えることが重要です。

親が手助けすることで、子どもは自分の強みや興味を発見し、それを伸ばすことができます。

自己表現力の向上

プレゼンテーションやディスカッションを通じて、子どもの自己表現力を高める方法を紹介しています。

日本教育では、自己表現力を高めるのは難しいため、家庭内での実践が有効だと思いました。

これにより、子どもは自分の意見を明確に伝える力を身につけ、社会での競争力を高めます。

挑戦する心を育てる

失敗を恐れずに挑戦する心を育むための具体的なアドバイスも満載です。

子どもが自己成長を感じられるような環境を提供することで、挑戦することの楽しさを知ってもらいます。

あれも駄目、これも駄目と言ってしまうことが多いので、自主性を伸ばしてあげることは大切ですよね。

親としての役割

サポートと信頼

子育ては親子二人三脚で行うものです。

親のサポートと信頼が、子どもの成長にとって不可欠です。

本書では、親がどのように子どもをサポートし、信頼関係を築くかについて具体的な方法を提供しています。

効果的なコミュニケーション

親子間のコミュニケーションの重要性も強調されています。

効果的なコミュニケーションを通じて、子どもの意見や気持ちを理解し、適切なサポートを行う方法を学ぶことは大切ですね。

2人の娘の未来を切り拓く『【世界標準】AO式子育て』の活用法

私は2人の娘を持つ父親として、『【世界標準】AO式子育て』をどのように活かすかを考えると、自分軸を持つことの重要性がまず挙げられます。

本書を通じて、娘たちが自身の興味や強みを発見し、それを追求できる環境を提供することが課題だと感じました。

具体的には、日常生活での自由な発言や新しいことへの挑戦を尊重し、失敗を恐れずに挑戦する心を育むことを心がけていきたいです。

ついつい口を出していまいますが、子どもの成長を見守りながら歩んでいきたい。

また、日常生活の中でも、プレゼンテーションやディスカッションの機会を設けることで、娘たちの自己表現力を高めることができます。

家庭内でのディスカッションを通じて、彼女たちが自分の意見を明確に伝える力を養う手助けができるかもしれない。

これにより、社会での競争力も向上します。

さらに、親子間の信頼関係を築くために、本書のアドバイスを実践したいと思いました。

効果的なコミュニケーションを通じて、娘たちの気持ちや意見を尊重し、適切なサポートを行うことで、彼女たちが自己成長を感じられるような環境を整えていきたいです。

改めて、娘たちが自分軸を持って未来を切り拓くために、親としての役割や何をすべきか再確認致しました。

娘たちの強みや興味を見つける手助けをし、彼女たちが自信を持って未来に挑戦できるようにサポートすることが、この本を活かす最大のポイントです。

まとめ

『【世界標準】AO式子育て』は、変化の激しい現代社会を生き抜くための子育てのヒントが詰まった一冊です。

自分軸を持った子どもを育てるための具体的なノウハウや、親としての役割についても詳しく解説されています。

子育てに悩む親御さん、そして子どもの未来をより良いものにしたいと考えるすべての方に、ぜひ手に取っていただきたい一冊です。

DKスギヤマ氏の豊富な経験と知識を活かしたこの本を通じて、子育ての新しい可能性を見つけてください。

今すぐ『【世界標準】AO式子育て』を読んで、子どもと共に新たな一歩を踏み出しましょう。

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%A8%99%E6%BA%96%E3%80%91AO%E5%BC%8F%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6-DK%E3%82%B9%E3%82%AE%E3%83%A4%E3%83%9E/dp/4867341452
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました