スポンサーリンク

ふたご座流星群2020岐阜のピークの時間や方角は?おすすめ観測スポットについても

雑記

12月に入ると三大流星群の中の「ふたご座流星群(双子座)」が観測できる時期になるので、楽しみにしている方も多いと思います。

冬のイルミネーションとともに盛り上げてくれる、ふたご座流星群2020岐阜県のピークの時間や方角について見ていきます。

合わせて観測条件に適したおすすめ観測スポットについても紹介していきますね。

ふたご座流星群2020岐阜県のピークの時間や方角

12月中旬頃に観測される「ふたご座流星群」は、8月のペルセウス座流星群、1月のしぶんぎ座流星群と並んで、三大流星群と言われています。

三大流星群の特徴としては、流れ星が安定して多数見られるということです。

 

特に近年では、流星群の観測数と安定度は、「ふたご座流星群が一番」だとも言われていますね。

※この時期は夜の時間が最も長く、大気が澄んでいることからもよく流れ星が観測されています。

 

2020年のふたご座流星群の最新情報は国立天文台から発表されています。

 

ふたご座流星群2020の流れ星の出現のピークを迎えるのは、12月14日(月)の朝午前10時頃に極大(ピーク)になると予想がでています。

※12月13日の夜から14日の明け方がチャンス!

おおよそ一晩に観測される流星の数は、1時間あたり平均50個以上と言われています。

なので、ざっくりと1分に1個(流星)は観測できる計算になりますね。

 

まれに条件が良い場合は100個くらいの流れ星が観測されたことがあるので、流れ星の観測に期待が持てるのも、ふたご座流星群の特徴です。

もちろん観測する場所や条件による部分が大きいので、ピーク時間や方角については、予めチェックしておく必要があります。

ふたご座流星群2020岐阜県のピークの時間は12月13日の夜中

今年のふたご座流星群2020の出現時期や期間は、12月4日〜12月17日の間と予想されています。

<ふたご座流星群2020の流れ星の出現ピーク>

12月13日(日)の夜中がピークと言われ、その前後の日(12日)(14日)の3日間が、特に流れ星の観測しやすい期間になります。

 

※12月12・13・14日がチャンス

 

岐阜県で「ふたご座流星群2020」が一番見やすい時間帯は、

ずばり、12月13日の午後10時〜12月14日の午前5時頃です。

天候条件にもよりますが、おすすめの日・時間帯はこちらです。

  1. 12月13日の午後10時〜12月14日の午前5時頃(55個)
  2. 12月12日の午後10時〜12月13日の午前5時頃(20個)
  3. 12月14日の午後10時〜12月15日の午前5時頃(20個)

今年はふたご座流星群の極大が日本で観察しやすい時間帯に比較的近く、15日が新月のため月明かりの影響もなく良い条件で観察できます。

 

※新月とは、地球から見て月と太陽の方向が同じになり、月から反射した太陽の光が地球に届かないため、地球から月が見えない状態のことです。

 

観測するには、もちろん天気も気になりますが、流れ星が見える方角についてもチェックしましょう。

ふたご座流星群2020岐阜県の方角は真上を見上げよう

流れ星は、放射点を中心に放射状に流れるのですが、ふたご座にある放射点は、ほぼ真上の天頂に位置するため、流れ星が真上から降ってくるように見れます。

真上を見上げていれば、どの方向にも流れ星があらわれるので、特定の方角を気にすることなく、空の広い範囲を見渡すようにすると流星が見つけやすくなります。

※夜空の広い範囲を見渡すように観測すると流れ星が見つけやすくなります。

 

また、夜間の屋外の暗さに目が慣れるまでに、時間がかかるので、最低でも15分くらいは観測を続けたいですね。

寒い時期なので、防寒対策は万全で星空観測に望みましょう。

 

次に岐阜県で流れ星を観測するのに適した観測スポットについて見ていきましょう。

ふたご座流星群2020岐阜県のおすすめ星空観測スポット

2019年のふたご座流星群は、岐阜県の天候条件が良い観測場所では、流れ星が見れたとの情報・報告がありました。

昨年2019年度は、岐阜市の天気は薄雲が広がり、ふたご座流星群の観測は難しかったのですが、郡上市などでは流星群が観測されたという情報がありました。

 

岐阜県でも都市部(岐阜市・大垣市・各務原市など)に住まわれている方と山間部(飛騨地方)に住まわれている方では見え方も大きく変わってきます。

 

流星群を見る時は、できるだけ明かりがない所で観測するのがベストですが、私が今まで観測してきた中でおすすめスポットを紹介したいと思います。

揖斐川町(星のふる里ふじはし)

こちらは「星のふる里ふじはし」と言われているくらいで、岐阜県で星の観測スポットとしては大変有名な場所です。

流星群の時期になると多くの流れ星愛好家が夜通し流れ星を楽しんでいます。

こちらの施設の駐車場は広いですが、週末は走り屋がいるので注意が必要です。

かつての旧藤橋村の頃は、環境庁の当時の調査で全国で3番目にきれいに星が見えるスポット(20数年前)と言われていましたが、最近では駐車場内には水銀灯が多くなり少し気になります。

なので、私は駐車場から離れた山間部で星空観測を楽しんでいました。

 

住所:〒501-0804 岐阜県揖斐郡揖斐川町東横山264−1

伊自良湖(恋人の聖地・ワカサギ釣り)

岐阜市から車で15分〜30分くらいの山県市にある伊自良湖も流星群の観測スポットに適しています。

駐車場は少ないですが、適度に山に囲まれていて月明かりをうまく遮ることが出来ます。

私も結婚するまでは伊自良湖で、夏のペルセウス座流星群を毎年寝転がって観測していました。

このあたりは山間部囲まれていて道中にも観測スポットに適した場所が点在しています。

 

住所:〒501-2135 岐阜県山県市長滝

金生山(大垣市)

大垣市にある金生山217 mは、ホタル(ヒメボタル)を見ることができるスポットとして有名ですが、夜景や星空観測にも定番の人気スポットです。

 

〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町

畜産センター(岐阜市)

少し前までは、畜産センターは閉鎖されていましたが、芝生広場に入ったりして遊ぶことができます。

山々に囲まれているため、駐車場スペースからもきれいな流れ星を観測することができますね。

〒502-0801 岐阜県岐阜市椿洞776−4

岐阜市内から車で走ると30分くらいで、山や明かりがない場所に行くことが出来るので少し足を伸ばしてみるのも良いかもしれませんね。

当日の岐阜の夜の天候はまずまずなので、流れ星が期待できそうですね。

ふたご座流星群2020岐阜県で見れた場所まとめ

今年は月明かりがなく天候にも恵まれたため、岐阜県でもふたご座流星群の目撃情報が上がっていますね。

まとめ

ふたご座流星群2020岐阜県のピークに時間や方角、おすすめ観測スポットについてまとめてみました。

・ピーク時間:12月13日の午後10時〜14日の午前5時くらい。(前後の3日間も)
・方角:方角は気にせず、なるべく真上を見上げて観測する。

あとは、当日の天気をチェックし防寒対策をしっかりして、ふたご座流星群2020の観測を楽しみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました