スポンサーリンク

ふたご座流星群2019千葉のピーク時間や方角は?君津・銚子・九十九里ほか最適な星空観測スポットも

雑記

ふたご座流星群は12月中旬頃になると観測できるチャンスが来るので、流れ星を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

気温が下がる時期は、空気が澄んで星空がきれいに見えるので、絶好の観測チャンスですね。

本記事では、ふたご座流星群2019千葉のピーク時間や方角について取り上げていきます。

また、千葉県で星空(流星群)を見るために適した観測スポットについても紹介していきます。

ふたご座流星群2019千葉のピーク時間や方角


12月中旬頃にピークを迎え観測される「ふたご座流星群」は、8月のペルセウス座流星群、1月のしぶんぎ座流星群と並び、三大流星群と言われています。

三大流星群の特徴は、他の流星群よりも流れ星が安定して多数見られるということです。

近年では、流星群の観測数と安定度は、「ふたご座流星群が一番」だとするデータも出ています。

 

そんな2019年のふたご座流星群に関する最新情報は国立天文台から発表されています。

ふたご座流星群2019の流れ星の出現のピークは、12月15日の午前2〜4時頃に極大(ピーク)になると予想がでています。

 

おおよそ一晩の間に観測される流星の数は、1時間あたり平均40個〜60個流れるとデータがあります。

なので、1分に1回は流れ星が観測できる計算になりますね。

 

まれに条件が良ければ1時間あたり100個くらいの流れ星が観測されたことがあり、期待が持てるのもふたご座流星群の魅力ではないでしょうか。

 

もちろん観測する場所や天気などの条件によるので、ピーク時間や方角については、予めチェックしておく必要があります。

ふたご座流星群2019千葉のピーク時間「12月14日夜中」

今年のふたご座流星群2019の出現時期や期間は、12月4日〜12月17日の間と予想されています。

約2週間は流れ星を観測するチャンスがありますが、ピークを抑えておく必要があります。

<ふたご座流星群2019の流れ星の出現ピーク>

12月14日(土)の夜中がピークとなり、その前後の日(13日)金・(15日)日の3日間が、特に流れ星の観測しやすい期間になります。

 

※12月13・14・15日が狙い目

 

千葉県で「ふたご座流星群2019」が一番見やすい時間帯は、

ずばり、12月14日の午後9時〜12月15日の午前5時頃になります。

 

天候条件にもよりますが、おすすめの日・時間帯はこちらです。

 

  1. 12月14日の午後9時〜12月15日の午前5時頃
  2. 12月13日の午後9時〜12月14日の午前5時頃
  3. 12月15日の午後9時〜12月16日の午前5時頃

 

今回のふたご座流星群2019がピークを迎える時間帯は、夜間にあたるため最高の条件になります。

それに、2019年はちょうど週末の金土日がピーク(極大)なので、次の日が休みの方は一晩中観測できるので嬉しいですね。

 

※一つだけ注意することがあります。

12月の月が12月12日に満月となり、その月明かりが影響して、決して良い観測条件とはいえないようです。

観測するには、もちろん天気も気になりますが、月明かりが視野に入らないように注意が必要となります。

 

次に、流れ星が見える方角についてもチェックしましょう。

ふたご座流星群2019千葉の方角は頭上「真上」

流れ星の特徴としては、放射点を中心に放射状に星が流れるということです。

ふたご座にある放射点は、午後9時頃〜深夜の2時頃には、放射点がほぼ真上の天頂に位置するため、流れ星が真上から降ってくるように見えます。

 

なので、特定の方角を気にする必要がなく、頭上真上を見上げていれば、どの方角からも流れ星があらわれるので見つけやすいです。

 

※夜空の広い範囲を見渡すように観測すると流れ星が見つけやすくなりますよ。

 

しかし、月明かりが一晩中影響するので、月明かりを考慮した場所を選ぶ必要があります。

 

また、夜の暗さに目が慣れるまでに、時間がかかるので、最低でも15分くらいは観測を続けましょう。

大変寒い時期なので、防寒対策は万全で星空観測に望みたいですね。

 

続いて、千葉県内でふたご座流星群を観測するために、最適な観測スポットについて取り上げていきます。

ふたご座流星群2019千葉の最適な観測スポット

2018年のふたご座流星群は、千葉県内の天候条件が良い観測場所などでは、流れ星が見れたとの情報・報告が多数ありました。

都会の明るい場所では、星空の観測スポットに適していないと思われますが、なかには、多数の流星群を観測したとの情報があるので、やはり場所と条件が重要だと分かりますね。

なので、星空観測に適したスポットを抑えておきましょう。

稲毛海浜公園(千葉市)

千葉市美浜区にある「稲毛海浜公園」は、潮風が香る海辺の森の公園で、東京湾に沈む夕日が美しく、京葉地区で最も星がきれいに見える公園です。

都心から近く周りに遮るものがないため星空観測にもおすすめです。

 

住所:〒261-0003 千葉県千葉市美浜区高浜7丁目2−1号

印旛沼公園(印西市)

千葉県印西市にある印旛沼公園は、印旛沼を中心に四季の移ろいが楽しめる自然豊かな公園です。

印旛沼を見下ろす小高い丘に展望台があり、周りに遮るものがなく星空観測におすすめです。

 

住所:〒270-1615 千葉県印西市師戸

 

富津岬(富津市)

千葉県富津市にある富津岬は、東京湾に突出する岬で、車で夜通し星空観測を楽しんでいる人もいて、星空観測スポットして人気があります。

 

住所:〒293-0021 千葉県富津市富津

鹿野山九重九谷展望公園(君津市)

千葉県君津市にある鹿野山九重九谷展望公園は、星空観測にはもちろん雲海スポットとしても人気があります。

周辺には明かりがないので、天の川も観測されるほど星空観測に適した場所でおすすめです。

2018年もふたご座流星群は観測されています。

 

住所:〒292-1155 千葉県君津市鹿野山119−1

犬吠埼(銚子市)

千葉県銚子市にある犬吠埼は、太平洋に突出した岬で、初日の出スポットとしても有名な場所です。

こちらも周辺に明かりがないので、天の川も観測されるほど星空観測に適した場所でおすすめです。

2018年もふたご座流星群は観測されています。

 

住所:〒288-0012 千葉県銚子市犬吠埼9576

野島崎(南房総市)

千葉県南房総市にある野島崎は、白い灯台の野島崎灯台が立ち、房総半島最南端の岬で星空観測に人気のスポットです。

こちらも周辺に明かりがないので、天の川も観測されるほど星空観測に適した場所でおすすめです。

2018年もふたご座流星群は観測されています。

 

住所:〒295-0102 千葉県南房総市白浜町白浜627−9

九十九里浜・ビーチタワー(九十九里町)

千葉県山武郡九十九里町にある九十九里浜の不動堂海岸の展望塔「九十九里ビーチタワー」も星空観測に人気のスポットです。

巻貝をイメージした九十九里ビーチタワーから見る星空は、星が近くに感じられるのでおすすめです。

2018年もふたご座流星群は観測されています。

 

住所:〒283-0104 千葉県山武郡九十九里町片貝

釣ヶ崎海岸(一宮町)

千葉県長生郡一宮町にある釣ヶ崎海岸は、九十九里浜の一番下の方に位置し星空観測に人気のスポットです。

また、この場所は東浪見海岸ともいい、こちらも周辺に明かりがないので、天の川も観測されるほど星空観測に適した場所でおすすめです。

 

住所:〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見

空が晴れていて雲なく条件がよければ流れ星が期待できるので、気長に星空観測を楽しみましょう。

 

実際に、千葉でふたご座流星群が見れた場所についてまとめていきます。

ふたご座流星群2019千葉で見れた場所

千葉の都心部でも、ふたご座流星群の目撃情報が寄せられています。

今回のふたご座流星群の観測は月明かりが気がかりでしたが、雲がなく天候条件が良い場所では流星群を観測することができたようですね。

星空観測スポットでおなじみの九十九里浜・東浪見海岸・津々ヶ浦などでも流星群が観測されたと情報が上がっています。

まとめ

ふたご座流星群2019千葉のピーク時間や方角、星空観測に最適なおすすめ観測スポットについて紹介してきました。

おさらいしてみると、

・ピーク時間:12月14日の午後9時〜12月15日の午前5時くらい(前後の3日間は可能性大)

・方角:方角はなく、頭上真上を見上げて観測する。

ふたご座流星群を観測する日の天気と月明かりに注意しながら、防寒対策をしっかりして、ふたご座流星群2019の観測を楽しみましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました