スポンサーリンク

ふたご座流星群2020群馬(前橋)のピーク時間や方角は?おすすめ観測スポットも

雑記

12月に入ると三大流星群の中の「ふたご座流星群(双子座)」が観測できる時期になるので、楽しみにしている方も多いと思います。

冬のイルミネーションとともに盛り上げてくれる、ふたご座流星群2020京都のピークの時間や方角について見ていきます。

合わせて、群馬県で星空観測に適したおすすめ観測スポットについても紹介していきますね。

ふたご座流星群2020群馬(前橋)のピーク時間や方角

12月中旬頃に観測される「ふたご座流星群」は、8月のペルセウス座流星群、1月のしぶんぎ座流星群と並んで、三大流星群と言われています。

三大流星群の特徴としては、流れ星が安定して多数見られるということです。

 

特に近年では、流星群の観測数と安定度は、「ふたご座流星群が一番」だとも言われていますね。

※この時期は夜の時間が最も長く、大気が澄んでいることからもよく流れ星が観測されています。

 

2020年のふたご座流星群の最新情報は国立天文台から発表されています。

 

ふたご座流星群2020の流れ星の出現のピークを迎えるのは、12月14日(月)の朝午前10時頃に極大(ピーク)になると予想がでています。

※12月13日の夜から14日の明け方がチャンス!

おおよそ一晩に観測される流星の数は、1時間あたり平均50個以上と言われています。

なので、ざっくりと1分に1個(流星)は観測できる計算になりますね。

 

まれに条件が良い場合は100個くらいの流れ星が観測されたことがあるので、流れ星の観測に期待が持てるのも、ふたご座流星群の特徴です。

もちろん観測する場所や条件による部分が大きいので、ピーク時間や方角については、予めチェックしておく必要があります。

ふたご座流星群2020群馬(前橋)のピークの時間は12月13日の夜中

ふたご座流星群は12日夜から群馬県公式チャンネル「ユーチューブ」で生配信が行われます。

 

今年のふたご座流星群2020の出現時期や期間は、12月4日〜12月17日の間と予想されています。

 

<ふたご座流星群2020の流れ星の出現ピーク>

12月13日(日)の夜中がピークと言われ、その前後の日(12日)(14日)の3日間が、特に流れ星の観測しやすい期間になります。

 

※12月12・13・14日がチャンス

 

群馬県で「ふたご座流星群2020」が一番見やすい時間帯は、ずばり、12月13日の午後10時〜12月14日の午前5時頃です。

天候条件にもよりますが、おすすめの日・時間帯はこちらです。

  1. 12月13日の午後10時〜12月14日の午前5時頃(55個)
  2. 12月12日の午後10時〜12月13日の午前5時頃(20個)
  3. 12月14日の午後10時〜12月15日の午前5時頃(20個)

今年はふたご座流星群の極大が日本で観察しやすい時間帯に比較的近く、15日が新月のため月明かりの影響もなく良い条件で観察できます。

※新月とは、地球から見て月と太陽の方向が同じになり、月から反射した太陽の光が地球に届かないため、地球から月が見えない状態のことです。

 

観測するには、もちろん天気も気になりますが、流れ星が見える方角についてもチェックしましょう。

ふたご座流星群2020群馬(前橋)の方角は真上を見上げよう

流れ星は、放射点を中心に放射状に流れるのですが、ふたご座にある放射点は、ほぼ真上の天頂に位置するため、流れ星が真上から降ってくるように見れます。

真上を見上げていれば、どの方向にも流れ星があらわれるので、特定の方角を気にすることなく、空の広い範囲を見渡すようにすると流星が見つけやすくなります。

※夜空の広い範囲を見渡すように観測すると流れ星が見つけやすくなります。

また、夜間の屋外の暗さに目が慣れるまでに、時間がかかるので、最低でも15分くらいは観測を続けたいですね。

寒い時期なので、防寒対策は万全で星空観測に望みましょう。

次に群馬県で流れ星を観測するのに適した観測スポットについて見ていきます。

ふたご座流星群2020群馬(前橋)のおすすめ星空観測スポット

2019年のふたご座流星群は、群馬県内の天候条件が良い観測場所などでは、流れ星が見れたとの情報がありました。

都会の明るい場所では、星空の観測スポットに適していないと思われがちですが、なかには、流れ星を観測できたとの情報があるので、やはり場所と条件が重要だと分かりますね。

なので、星空観測に適したスポットについて見ていきましょう。

ぐんま天文台(高山村)

ぐんま天文台は、星を見に訪れる人が日本一多い天文台として有名です。

夜は、天体観望や屋外での星空観賞などを楽しめる人気スポットです。

<〒377-0702 群馬県吾妻郡高山村大字中山6860−86>

赤城山(前橋市)

赤城山は、四季折々の魅力を満喫できる、広域観光エリアとして人気があり、星空観測にも多くの人が訪れています。

<〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山>

谷川岳(みなかみ町)

谷川岳は、群馬県・新潟県の県境にある三国山脈の山であり日本百名山のひとつとして多くの観光客が訪れます。

標高が高いので星空観測にも最適です。

<〒379-1728 群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽>

上野村

上野村は、自然に囲まれ空気が非常に澄んでいて、都会で見れないような満天の星空を観測することが出来ます。

<群馬県多野郡上野村>

星の降る森(沼田市)

星の降る森は、自然の中で様々なアクティビティが楽しめるキャンプリゾート地。

名前「星の降る森」の由来とおり、都心部では観測できないきれいな満天の星空が観測できます。

<〒378-0071 群馬県沼田市上発知町2543>

野反湖(中之条町)

野反湖は、周りは2000m級の山々に囲まれ、自然に囲まれ空気が澄んでおり天体観測にも適したおすすめスポットです。

<〒377-1701 群馬県吾妻郡中之条町大字入山>

草津白根山(草津町)

草津白根山は、標高2160mと天頂に近く天体観測には適したスポットでもあり、山頂から天の川も観測できるほど満天の星空を観測することが出来ます。

<〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津>

空が晴れていて雲なく条件がよければ流れ星が期待できるので、気長に星空観測を楽しみましょう。

当日の群馬(前橋)の夜の天候は良好なので、流れ星が期待できそうですね。

まとめ

ふたご座流星群2020群馬(前橋)のピーク時間・方角や星空観測に適した観測スポット情報について紹介してきました。

情報をまとめてみます。

  • ピーク時間:12月13日の午後10時〜14日の午前5時くらい。
    (前後の3日間も◎)※天候が良い日を狙う
  • 方角:方角は気にせず、なるべく全方位・全体を見上げて観測する。

都心部でも流星群の観測チャンスがあるので、あとは、当日の天気をチェックし防寒対策万全で、ふたご座流星群の観測を楽しみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました