スポンサーリンク

甘露寺蜜璃の隊服がセクシーな理由は?羽織や服装について考察

アニメ

「鬼滅の刃」の甘露寺蜜璃は鬼殺隊の恋柱であり、セクシーな隊服を身に纏う恋の呼吸の使い手。

鬼殺隊の女性の中でも甘露寺蜜璃の着ている隊服だけが色っぽいのはなぜなのか、また、羽織や服装や髪の色がピンクな理由について深堀します。

スポンサーリンク

甘露寺蜜璃の隊服がセクシーな理由は?

甘露寺蜜璃の隊服だけがセクシー過ぎるのはなぜなのか。

同じ鬼殺隊の柱の胡蝶しのぶは普通の隊服を着ていますが、甘露寺蜜璃だけがセクシーな隊服を着用している理由はあるのでしょうか。

 

経緯は甘露寺蜜璃が煉獄杏寿郎の継ぐ子だった時代に遡ります。

鬼殺隊になり、煉獄杏寿郎を師匠としていた甘露寺は、正式に隊員になったことで、煉獄さんからのプレゼントで羽織をいただいたのですが、それと同時に女子の公式制服として鬼殺隊の陰の一員である隊服縫製係(前田まさお)にセクシー過ぎる隊服を渡され、女子はこれが公式ですからとのことで着てしまったのです。

 

煉獄さんは、その隊服を着た甘露寺蜜璃に驚いた後、「公式なら仕方ないな!」と煉獄さんならではの言葉で答えたと言われていますね。

甘露寺蜜璃は純粋で素直な性格から、疑問には感じていましたが、それを受け入れてしまったようですね。

ちなみに、胡蝶しのぶも同じ隊服を渡されていますが、その場ですぐ燃やしています。

甘露寺蜜璃の過去は?

鬼殺隊の柱の中で、鬼に脅かされずに育った甘露寺は、天真爛漫な5人兄弟の長女として生まれました。

しかし、甘露寺は特殊な筋肉を生まれながらに持ち、1歳2か月の頃には身重の母親を気遣い15キロの漬物石を持ち上げたほどです。

筋肉密度は通常の人間の8倍ほどあり人並外れた力を備えていました。

その為に、食欲も8倍となり、食べなければ身体がついていけないことから、馬並みに食欲旺盛。

 

年頃になり、ある日、お見合いをした甘露寺ですが、見合い相手にも、君と結婚できるのは熊か猪か牛くらいだといわれ、子供に特異体質が遺伝すると酷い言葉を浴びて、自分の容姿や体質に悩んでいたようです。

その後、普通の女の子のふりをして何度もお見合いをしましたが、このままでいいのかと自問自答し、ありのままの自分でいるために、その後に鬼殺隊に入りました。

強者揃いの鬼殺隊なので、入隊は、その中で恋愛相手を見つけるためだったとも。

 

見た目のことで悩んでいた甘露寺に「見た目など些細な問題だ」と言ってくれたのが煉獄杏寿郎でその後、煉獄さんの継子として一時育てられたのです。

「強きものが弱きものを助ける」という煉獄さんの母の教えを伝授され、強いことは悪い事ではないのだと自信を持てるように変わりました。

甘露寺蜜璃の髪の色がピンクの理由は?

甘露寺蜜璃は、ある時、髪の色が変わってしまいました。

もともとは真っ黒の黒髪です。

筋肉量が普通の人の8倍ということで、食べる量も8倍という食欲、もちろんスイーツも大好きで特に桜餅が大好物、170個を8か月、食べ続けた後に、髪の色が桜餅色になってしまいました。

ピンク色の髪に先端だけが緑というまさに、桜餅色なのです。

8倍娘と言われた甘露寺の髪の毛が大正時代には、珍しい色だったことがお見合い破談のエピソードでも分かるかと思います。(※当時は黒髪が一般的でした)

その後は、お見合いを繰り返すときに、普通の女性になろうとして、黒に染めたりもしたそうです。

しかし、鬼殺隊に入隊することを決意してからは、ありのままの自分をさらけ出すようになりました。

甘露寺蜜璃がセクシーなのは煉獄杏寿郎の継ぐ子だったのが原因?

ありのままの自分でいたいと願った甘露寺は、鬼殺隊という環境で居場所を見つけ見事、隊員になることができました。

その稽古をつけていたのが、師匠と言われる煉獄杏寿郎です。

煉獄杏寿郎の下で、炎の呼吸を学び、弱き人を助けることは強く生まれた者の責務との教えを伝授されて育ち隊員として居場所が出来たのです。

 

炎の呼吸の師匠から学んだ甘露寺は恋の呼吸の使い手になりましたが、恋の呼吸にはどんなものがあるのか、まとめてみましょう。

恋の呼吸・壱ノ型 :初恋のわななき(はつこいのわななき)→刀鍛冶の里編で上弦ノ伍・玉壺が作り出した魚に使いました。

恋の呼吸・弐ノ型 :懊悩巡る恋(おうのうめぐるこい)→上弦の肆・半天狗が生み出した、憎珀天という鬼に対して使いました。

恋の呼吸・参ノ型 :恋猫しぐれ(こいねこしぐれ)→上弦の肆・半天狗が生み出した、憎珀天という鬼に対して使いました。

恋の呼吸・伍ノ型 :揺らめく恋情・乱れ爪(ゆらめくれんじょう・みだれづめ)→上弦の肆・半天狗が生み出した、憎珀天という鬼に対して使いました。

恋の呼吸・陸ノ型 :猫足恋風(ねこあしこいかぜ)→上弦の肆・半天狗が生み出した、憎珀天という鬼に対して使いました。

 

煉獄杏寿郎は人を成長させる鼓舞させる、メンターとして非常に優秀なので、甘露寺蜜璃のありのままでいたという欲求をうまく開放させてあげることができました。

それが煉獄杏寿郎の炎の呼吸ではなく、甘露寺蜜璃の願望として派生した恋の呼吸となって現れたのではないでしょうか。

煉獄杏寿郎の継ぐ子を辞めた理由は?

炎の呼吸を教えてもらった甘露寺は、恋の呼吸というオリジナルの派生を生み出しました。

煉獄杏寿郎には、他にも継子を辞めた弟子がいましたが、煉獄さん本人が言うには修業が辛すぎてやめたのだという弟子もいて、他の柱にも同じような辞めてしまった弟子がいるようです。

ですが、甘露寺は修業を続けていき、オリジナルの派生を作り、独立し恋柱にまで成長し、鬼と闘い続けたのです。

煉獄杏寿郎の継ぐ子を辞めた理由は不仲という訳ではなく、純粋に柱に昇格したからだと考えられます。

炎の呼吸は煉獄杏寿郎が君臨していますから、甘露寺蜜璃は独自の派生を生み出す必要があり、その強い想いが柱になるまでの糧になっています。

 

刀鍛冶編の半天狗と戦闘中に痣も出現したため、戦闘能力が格段に上がり、大活躍しました。

痣は恋柱らしいハート型でした。

甘露寺蜜璃の羽織や服装の意味まとめ

甘露寺蜜璃の服装は、他の隊士とは違い特徴があるので見ていきましょう。

 

白い羽織→煉獄杏寿郎がまだ柱になる前に、同じ羽織を鬼殺隊に入隊した弟子の甘露寺にプレゼントしています。

黒の胸あきの隊服→鬼殺隊の陰のゲスメガネこと前田まさおが、これが公式の制服ですと渡したものがこの形だった。煉獄さんも認めてしまい、断る理由がなく着用しています。

緑の縦縞の靴下→伊黒小芭内からの贈り物です。裸足で戦いに行くときに、恥ずかしそうにモジモジしてる姿を見て小芭内がプレゼントしました。

 

前田まさおの自分勝手な理想で作った隊服でしたが、甘露寺蜜璃ならではのファッションになり鬼殺隊のセクシー番長になりました。

 

セクシー過ぎる隊服に意味はあるのでしょうか。

セクシー路線で伊黒小芭内とゴールイン?

甘露寺蜜璃は、誰にでも恋をしてしまう性格です。

そんな、甘露寺に鬼殺隊入隊の日に産屋敷邸で迷子になっていたところで、伊黒小芭内は出会いました。

可愛さのあまり、甘露寺に一方的に一目ぼれしたのが、伊黒小芭内です。

口を開けば甘露寺に嫌味を言われていましたが徐々に距離を縮めて文通をする仲になりました。

伊黒の一途な思いはわかるのですが、恋多き甘露寺の本心はわからず、仲間だからか、好きなのか、はっきりしませんでした。

伊黒は自分の過去に自信が持てず、甘露寺に告白する資格など無いと思っていましたが、無惨戦の最期に、思いを伝え、甘露寺も答えています。

「私も伊黒さんが好き、生まれ変わったら、お嫁さんにして!と..もちろんだ。と伊黒も答え2人の思いが伝わりました。」

セクシー路線で伊黒に近づいたわけではなく、伊黒の片思いから、文通や、食事をして、一緒にいるのが楽しく甘露寺も幸せを感じたのですね。

 

甘露寺蜜璃の最終的な目標は好きな人と結ばれること、最後は2人戦闘で亡くなってしまいますが、夢を叶えることが出来ました。

あわせて読みたい↓
鬼滅の刃全巻23巻が最安値4400円で読める方法を紹介しています。
1冊あたり200円以下で読めちゃいます!
鬼滅の刃の漫画を全巻安く読む方法!電子書籍サービスで格安・最安値を徹底比較!

まとめ

甘露寺蜜璃の隊服がセクシーな理由は、作りてのイタズラ心によりますが、純粋な性格上それを受け入れたのが始まりです。

煉獄杏寿郎の継ぐ子になったのも影響しており、自分を認め、ありのままの自分を出す、それが恋の呼吸となって現れていますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました