映画「旅猫リポート」の評価はひどい?感動シーンが泣けるとの感想が多い理由も

映画「旅猫リポート」は、人気小説家の有川浩さんの小説を元に、主演は福士蒼汰さんで2018年に映画化されました。

当時の皇太子(現天皇)一家が試写会に同席され話題になりましたね。

本作は泣ける感動するという感想が多く聞かれますが、感動シーンと映画の評価や評判についてまとめていきます。

映画「旅猫リポート」の評価はひどい?


映画「旅猫リポート」は、主人公の好青年の福士蒼汰さんと愛猫のナナのやり取りがほっこりさせられる心温まる映画ですね。

猫好きにはたまらない映画になっていますが、あらすじとキャストについて少しまとめていきます。

あらすじ

野良猫のナナは、交通事故に合い心優しい猫好きの青年・悟(福士蒼汰)に助けられ、5年間は飼い猫として幸せに暮らしてきました。

しかし、ある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探すため、悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを訪ねる旅に出ることになります。

それはサトルの幼少のころから現在まで時間を追って再確認する旅でもありました。

強い絆で結ばれた一人と一匹の切なくて感動するあたたかい物語。

 

出会いがあれば別れは必ず来るので、少し悲しげな内容になっていますね。

最後はどうなるのか非常に気になります。

心優しい猫の飼い主の悟としゃべる猫のナナのやり取りは心温まります。

以下にキャストをまとめています。

キャスト

宮脇悟(福士蒼汰)

宮脇悟:小学生(田口翔大)

ナナ(トム):猫の声(高畑充希)

杉千佳子 (広瀬アリス)
杉修介 (大野拓朗)

モモの声(沢城みゆき)
虎丸の声(前野智昭)

澤田幸介 (山本涼介)
澤田幸介:小学生(二宮慶多)

吉峯大吾 (前野朋哉)

五十嵐(中村靖日)

神崎 (戸田菜穂)

宮脇健吾(橋本じゅん)
宮脇和子(木村多江)

澤田慶介(田中壮太郎)
澤田洋恵(笛木優子)

香島法子(竹内結子)

この中でも注目のキャストは声のみの出演になる猫(沢城みゆき)と犬(前野智昭)です。

有名声優の声だけの出演なので注目が集まりました。

沢城みゆきさんは、悟の高校時代の同級生の杉千佳子(広瀬アリス)と杉修介(大野拓朗)夫婦の飼い猫・モモの声を担当。

前野智昭さんは、同じく杉千佳子と杉修介が飼う犬の虎丸の声を担当。

 

映画の評価や評判はどうだったの大手映画サイトのレビューをチェックします。

映画.COM:3.8

ヤフー映画:3.86

Firmarks:3.6

興行収入:5億3200万円

映画の評価自体は、ひどいと言われるくらい悪くはないようですが、興行収入はあまり良くないようですね。

一概には言えないのですが、ヒットの目安が10億円と言われているので、旅猫リポートは数字だけみるとあまりよくありません。

やはり猫好きのための映画になってしまって、それ以外のお客さんは映画館に足を運ばなかったのでしょうか。

気になる映画の具体的な評価感想についてみていきます。

映画「旅猫リポート」が感動して泣ける理由は?


どんな映画にも賛否両論はつきものですが、特に動物(猫)が主役に近い映画なので客層にも偏りがありそうですね。

猫好きにとってはいい映画でも、猫好きではない人がみると、全然映画の評価や感想が変わってくると思われます。

この映画の評価・感想を見る前に感動シーンについてまとめてみます。

感動シーン

はじめに主人公の悟と猫のナナが出会い愛情を深めていくシーンは、心暖かく優しい愛情にあふれていて、赤の他人が家族になるという設定は、猫を飼っている人にとっては心に刺さるシーン。

暗い過去を持つ悟にとっては、ナナとの出会いは運命の出会いではなくて必然の出会いなのかもしれない。

昔、我が家でも猫を飼っていましたが、序盤から感情移入してしまいました。

最後の旅の先に待つのは別れだったとしても、一緒にいればいるほど深まる愛情と強まる絆は、猫にとっても悟にとっても大切な家族だということが伝わる。

自分のことより、ナナのことを大事に考えている悟、新しい買い主を探して過去の知人たちに会いに旅にでる、悟がナナに対して悪いなという気持ちと、ナナはこれっぽっちも別れる気持ちがなく切なく感動させられました。

悟の友人たちとナナを通して触れ合うシーンも悟の優しさが伝わる大事なシーンでした。

劇中で使われたコトリンゴの歌も2人を寄り添うような暖かく切ないメロディで感動させられました。

 

視聴者が猫好きかそうではないかでも評価は分かれてくるかもしれませんが、一番多く聞かれる感動する泣けるという評価・感想を中心にまとめていきます。

感動して泣ける感想

動物モノの映画は比較的感動を呼ぶ内容になっていますが、この映画は猫好きにはたまらない感動して泣ける映画だという感想が多くなっています。

悟るとナナのやり取りが心温まる猫好きにとっては間違いなく感動して泣ける映画だと大絶賛されていますね。

猫嫌いな方は、そもそもこの映画を見ないと思われるので、猫好きの方にとってはひどいしつまらないという評価や感想は見られませんでした。

当たり前といえば当たり前なのですが…

ひどいはひどいでも号泣し過ぎてひどい顔になってしまったという感想も見られました。

 

中には、猫嫌いの人が見ても楽しめる映画だよと言う意見もあるので、猫好きではなくても観てみると楽しめたりするかもしれませんね。

その物語は王道で、猫の飼い主の悟が、ある理由で次の買い手を探さないといけない理由は、うすうす分かってしまうベターな物語です。

はかない命は猫や動物たちだけとは限らず、大切な人と出会い生きるということの大切さ儚さを表現するために猫のナナが登場します。

どんな生き物もそうですが、特に愛猫家にはたまらない感動させられる内容になっているようですね。

まとめ

旅猫リポートの映画の評価についてまとめてみました。

特に、悟とナナの愛情を深めていくシーンは感動して泣ける心温まるという評価や感想が多く見られました。

分かりきっていたことですが、猫が主役に近い役割をしているので猫好きのための映画になっている印象を受けました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

崖の上のポニョの評価や評判は?面白くないつまらないという感想が多い!

スパイダーマンホームカミングの評価は駄作でひどい?微妙で面白くないつまらない感想...

アナ雪のエルサはかわいそう?アナが悪い上にわがままな性格でイライラする!

未来のミライの犬(ゆっこ)の声優は誰?謎の男の正体についても

ララランドの吹き替えは字幕がオススメ?担当している日本語版の声優についても

「君の名は。」声優は上手いか下手か?出演者キャスト一覧まとめ