妊婦さん辛い時のつわり飯〜冷やし中華&サラダそうめん〜

どうも!土谷ヒロです。

嫁はんのつわりが始まってから一ヶ月が経過しました。

そろそろピークに差しかかったみたいで辛さがMAXです。

そんな状態なので、今私が嫁はんにしてあげられることは、家事と週末料理を作ることぐらいなので頑張るぞーってなってます。

ほんと気合いです!

今週は、ずっとで何か出来ないかなーと考えていて、トマトの冷製パスタにしようと嫁はんに提案してみると

今はパスタは食べられないかもしれんで、食べられる物を作って」との要望がありました。

毎回同じようなメニューになってしまって、飽きがこないか心配ですが、今は「食べられることが最優先」みたいです。

料理のバリエーションを増やすために、妊娠中の食事のレシピを買いました。

今勉強中なんですが、嫁はんが食べれそうなものが載ってなかったので今は封印することにします。

サラダそうめん

ということで〜ならやはり、食べやすいそうめん料理にしようと思います。

サラダそうめんの材料

材料は、そうめん、きゅうり、トマト、ツナ缶、レタスです。

これで、サラダそうめんを作ります。

今回は、各自好きなドレッシングをかけていただくスタイルにしました。

材料費は、光熱費などを除いて一人前130円です。

所要時間は、全て込みで40分くらいで簡単激安料理になります。

毎回、簡単激安美味しい料理が私のテーマです。

調理開始〜サラダそうめん〜

冷やし中華の時と同じように、きゅうりトマトを切りそろえ、レタスを手で細かくちぎり

次に、そうめんを茹でます。

そうめんの茹で方

今回は、嫁はんの要望で「麺は固めでコシが欲しい」とありましたので、時間との勝負で挑みました。

麺を茹でるのはくらいなので時間との戦いです。

あらかじめ電気ポットでお湯を沸かしておいて(ガス代の方が高いため)大きめの2リットル鍋で沸騰するまで沸かします。

麺の袋を破り鍋に麺投入します。

この時に焦ってしまって麺を上手く袋から出せないといけないので、

あらかじめ使う分だけ麺を出しておいて、事前に段取り良く用意しておいて投入した方が良いです。

麺を投入し時計で時間を確認し茹でます。

この時に沸騰しそうになったら火を弱め、麺が固まらないように適度に箸でほぐしておきます。

あらかじめザルボウルを用意しておき、茹で上がった麺をザルに流し込み冷水で素早く手でもみ洗いする。

その時、手で麺同士をこすり合わせて、しごいてコシを出させます。

結構強めにやっても大丈夫です。

続いて、ボウル氷水を作り同様に麺同士こすりあわせてしめておく。

そして盛り付けをして完成。

実食です。

みんなの評価

嫁はんは、お気に入りのまだれのドレッシングとマヨネーズをかけて食べていました。

麺の茹で加減は、コシがあって美味しくなったと合格点をもらえたので一安心です。

私と娘は、基本めんつゆで食べていましたが、私は、家にあるまだれレモンドレッシングポン酢を試しました。

が、どれもあまり合わなかったです。

やはり定番のめんつゆで食べるのが一番ですね。

娘にもまたまた好評だったので今回は成功であったかなと。

サラダ風冷やし中華はじめましたパート4





日曜は、いつものごとく冷や中華なのですが、レタスが余っていたので、サラダ冷やし中華にしました。

見た目は野菜モリモリで具だくさんでいい感じに。

麺が見えないくらいの野菜!

もやし、レタス、きゅうり、トマト、卵、ハム、キムチ、紅しょうがとてんこ盛り

このボリュームでも1人前150円くらいなので冷やし中華はコスパが高いですね。

今回も好評でした。

毎週、作っている冷やし中華について私がおすすめする理由をまとめてみました。

冷やし中華がおすすめな理由

夏場が特に良いです。

妊娠初期に良い食べ物であること

・もちろん食べられることが大前提ではありますが、つわり中の妊婦さんにとって食べやすこと。

酸味を欲する傾向が強いのでうちの嫁はんはこれに当てはまりました。

・妊婦さんにもお腹の中の胎児にとっても必要な栄養素が含まれていること

冷やし中華のタレに使われているには、抗菌で食中毒を防ぎ、疲労回復高血圧食欲不振に効果があります。

冷や中華夏野菜が多く使われていて具材の工夫次第なんですが、

きゅうりにはカリウムビタミンKビタミC食物繊維が含まれていて、水分補給もこの食材で出来るのでおすすめ。

きゅうりは、栄養素が少ないと思われがちですが、他の野菜と遜色ないくらいの栄養があります。

トマトには、有名なリコピン(がん予防の最強野菜)が含まれています。

(男性不妊にもリコピンの作用が良い働きをしてくれると考えられています。)

つわりを抑えるクエンや胎児の成長に必要な葉酸が含まれています。

もちろん、ハムもやも栄養満点です。

コスパがいい

材料費が安く済みます。

もちろん何を具材に入れるかによって変わってきます。

3人目(大人2人・幼児1人)

冷やし中華 150円くらい
トマト 一個100円くらい
きゅうり 一本50円くらい
たまご 3つで30円くらい
ハム 4セットの一つ使うとして50円くらい
もやし 30円くらい

あとは、お好みで、キムチや紅しょうがや海苔をかけたりしても良いかもです。

うちの場合だと子供がまだ小さいので、そんなに量は食べないので3人で割ると1人前150円くらいで出来ます。

もちろん光熱費や細かい調味料代(オリーブ油・マヨネーズなど)は省きます。

簡単に作れるので料理初心者でも作りやすい

私は、ほとんど料理をしてこなくて、もちろん冷やし中華も初めて作ったのですが
簡単に出来ました。

もちろん初めてのことなので、切り方や調味料や野菜や調理器具の場所など分からなくて

初めは手際が悪かったです。

簡単なのは、野菜は、ほとんど切るだけだし、タレも付いてくるので味の心配もいりません。

慣れてくれば時間も準備から片づけまでで時間くらいでできます。

簡単で時短です。

子供がいる家庭にもグッド

・妊婦さんやお腹の中の胎児にとってもいい栄養が含まれているので、もちろん子供に食べさせるにもいい料理です。

子供は麺類が好きなので、比較的残さずに喜んで食べてくれます。

嫁さんが料理作れないと、外食やスーパーの惣菜弁当になりがちですが、

お金は意外と結構かかるし、肌荒れや体調不良の原因にもなったりします。

家族全員の健康面を考えても冷やし中華はいいパフォーマンスをしてくれます。

まとめ

これだけ良いこと尽くめの冷やし中華は、この時期(夏場)は最強の食べ物だと思います。

妊婦さんやお腹の胎児や子供や自分含めて家族揃って健康が守れて、家計にも優しい料理なので作るしかないですね。

それに、普段あまり料理を作らないパパが料理作ると子供が喜んでくれるので嬉しいですよ。

関連記事

妊婦さん辛い時のつわり飯〜きのこリゾット〜

妊婦さん辛い時のつわり飯〜冷やし中華&冷麺〜

妊婦さん辛い時のつわり飯〜パエリア〜

妊婦さん辛い時のつわり飯〜ラスト冷やし中華?&トマトリゾット〜

妊婦さん辛い時のつわり飯〜トマトパスタ〜

妊婦さん辛い時のつわり飯〜冷やし中華〜