スポンサーリンク

妊婦さん辛い時のつわり飯〜冷やし中華&冷麺〜

料理
dav

そろそろ嫁はんが「そうめんが飽きてきた」ということで、他の食材で料理を考えることにしました。

もともとそうめんは好きではないらしい。

最近は、つわりのピークなのですが、DAKARAが飲めなくなり、代わりにりんご100ジュースを飲んでいます。

(紙パックの安いやつ)

あとは、お気に入りのドレッシングのゴマダレが駄目になりました。

どんどん食べるもの制限されていくやんかー!

料理レシピを探すのも一苦労ですが、なんて言いながらも探すのが最近楽しみになってきております。

ネットで検索かけても、目新しい物は出てこなかったので旧友に聞いてみることにしました。

つわり中は、よく韓国を食べてたとの情報を得たので、週末作ってみることにしようと思います。

韓国ってキムチを入れれば韓国になる?

韓国風冷麺

作ったことはないけど「そもそもスーパーに売っているのかな?」

そして、3歳の子供が食べられるものなのかな?と疑問はありましたが、近所のスーパーに向かってみました。

ありました!

麺類のコーナーを隈なく探してみると、あるじゃないか〜韓国風冷麺が〜

値段は298円で少し高めですが、これと決めていたので迷わず購入することにしました。

具材は家にあるもので何か入れようかな。

韓国風冷麺の材料

家にある具材を並べてみました。

袋の中には、麺とスープのみが入っています。

ハムの代わりに、平日嫁はんのお母さんが用意してくれた余りのキムチもやしきゅうりミニトマトを用意しました。

レタスを追加

材料費は、1人前150円くらいです。

冷麺自体が高いけど入れる具材が少ないので安めです。

所要時間は、全て込みで40分くらいで比較的早く出来ました。

1時間切れるくらいで出来るのが理想ではあります。

「時短・安い・美味しいで言うことなし」これがいつもの私のテーマです。

調理開始〜韓国風冷麺〜

スープは冷やすとよいので冷凍に入れておきます。

作るのは超簡単そうです。

まずは、写真の絵のようなを用意します。

を作るのは初めてでした。

鍋に適当に水を張り、沸騰させて弱火にし卵を投入して10分くらい放置しました。

これでいいのか〜気になったので…

その間に、ネットでの作り方を検索しました。

「卵は冷蔵庫から出して10分くらいおいて常温に近づけてから、水から卵を投入して沸騰させ、弱火にしお好みの仕上げ具合で時間を調整する」

と書いてありました。

ちょっとレシピと違いますが、まあなんとか行けるだろう。

妙な自信がありました。

最後に卵の殻が剥きにくいのは困るので、茹で上がったら氷水に付けてしばらく放置しました。

その間に、もやしを茹でて、きゅうりを切り具材を用意しました。

レタスをちぎって追加です。

今日は、具材が少ないので簡単で楽ちんだな〜。

初めての、は、投入時に割れてしまったのが残念でしたが、殻は剥きやすくてツルンと簡単に剥けました。

卵の茹で加減は、念のために固めにしたつもりでしたが、少し半熟でいい感じになりました。

さて、一番大事な麺の茹で加減です。

麺を袋から出して書いてある時間(1分)で素早く茹でる。

麺が固く固まっていたので、ほぐしながらさっと作業しました。

そして、冷やし中華と同様に冷水でもみ洗いし氷水で締め上げました。

一分間はあっという間です。

麺と具材を盛り付よう〜冷凍庫からスープを出してみると少し凍ってる。

かる~くシャーベット状になってました!

スープの味が気になっていたので、娘の皿に盛り付ける前に味見をしました。

辛くはないのでいけるか〜あまりこれという味の表現はわからないのですが、酸味が効いている感じなのかな〜

んで盛り付けて完成です!

実食です。

嫁はん・娘の感想

卵の切り方が写真と違うと嫁はんに指摘されました。

確かに、切る断面違う

卵を立てたときの向きで縦方向に切るのが正解みたいです。

まあ料理初心者なのでそんあもんですよね。

味の方は、嫁はんは、好きだったので美味しそうに食べていました。

今はつわりなのでそんなこと忘れているわなー。

娘は、に最初は警戒していましたが、美味しそうに食べてくれていました。

娘はキムチ無しなので物足りないといけないので、マヨネーズを少しのせてあげました。

私もみんなと同様に美味しくいただくことが出来ました。

やはり、にはキムチが必要不可欠!

これで韓国風冷麺になるのかな。

最近の食後なんですが、いつも食事後リピートは有りか無しかで考えています。

はバリエーションの幅が少なさそうなので、頻繁には作ることは無いだろうとの結論に至りました。

美味しいのですが毎週は食べないかな、今は食べれるものが少ないので、探すのに必死であります。

は失敗することは無いし簡単でおすすめです。

冷やし中華はじめましたパート5〜マルちゃん〜





日曜日はお決まりの冷や中華なのですが、今回はブランドを変えてみました。

マルちゃんの冷しラーメン(ごまだれ)は3食入りなので値段は少し高めです。

いつも買うものは2食入りを3人でシェアしています。

材料は、いつものように、ハムトマトきゅうりもやしを3つに増量しました。

きざみ海苔と、キムチをお好みでトッピング。

こちらも1人前150円くらいの計算になります。

所要時間も全て込みで45分くらいで出来ました。

少し余裕が出来てきて段取りがよくなったかな〜。

最近は、卵の薄焼き作りにハマっています。

キレイに出来るようになるとうれしいですね。

昨日の残りのゆで卵を付けてみました。

実食です。

スガキヤの冷やし中華とマルちゃんの冷やし中華の差

具材もりもりでみんなで美味しくいただきました。

今回は、マルちゃんの浸し中華を試してみました。

いつものスガキヤの物とはあまり差は感じられなかったと思います。

強いて言えば、麺の食感がモチモチしていて美味しかったかも?

結局は、タレの好み(りんご&はちみつ or ごまだれ)かになると思います。

地元のスーパーでは、スガキヤはりんごはちみつ、マルちゃんはまだれの商品しか置いてありません。

食後の感想、だれも美味しかったのですが、やはり定番のりんごはちみつの方が飽きは来ないと思いました。

来週の日曜日は、定番の方でいきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました