スポンサーリンク

2022年今年の冬は寒いの?例年より暖冬になる可能性や積雪量についても

雑記

2021年12月の年末は2度の寒波がやってきましたが、2022年1月以降も寒くなるのか、積雪はどうなるのか気になりますよね。

また、今年の冬はラニーニャ現象も発令されており、いつまで寒さが続くのかも気になるところ。

本記事では、2022年の冬、今年の冬は例年より寒くなるのか?暖冬の可能性や積雪量について調査していきます。

スポンサーリンク

2022年今年の冬は例年より寒い?

2022年1月、2月にかけて、本格的に寒い冬が訪れますが、例年よりも寒くなるのか気になりますね。

去年の冬は、ラニーニャ現象の発生を受けて、一部の地域で厳しい寒さを迎えましたが、今年の冬もラニーニャ現象しています。

なので、今年の冬も厳しい寒さが予想されます。

2021年12月は暖かい日もありましたが、一時的に全国的に気温が低くなり、年末(26〜27日)は、日本海側を中心に積雪が増えて、名古屋や広島など太平洋側の市街地でも雪が積もりました。

また、滋賀県彦根市などでは、24時間降雪量が観測史上1位、群馬県みなかみ町藤原などでは積雪が100センチ以上になりました。

年末に襲った寒波ですが、年明け以降も寒さは継続するのか気になるところです。

 

気象庁や日本気象協会から、冬の気象予報が発表されているので見ていきましょう。

こちら日本気象協会が発表している冬(2022年1月〜3月)の平均気温の予報になります。

平均気温は、西日本、沖縄・奄美で低い確率が50%(1月)

北日本以外の地域は、特に、1月、2月で平年より気温が低い予報が40%を越えているので、例年よりは低くなる見解が出ていますね。

 

同じく、気象庁からも、2022年1月〜3月にかけての3ヶ月の平均気温について予報が発表されています。

気象庁の見解も同じく、北日本の気温は平年並みか高い傾向、東日本ではほぼ平年並み、西日本では、ほどんどの地域で寒くなるとの予報が出ていますね。

特に、西日本、沖縄・奄美で気温が低くなる予報が出ているので今年2022年も厳しい寒さになることは間違いなさそうですね。

 

2022年3月頃は全国的に平年並の気温の予想になりますが、北日本以外の地域では例年よりは寒くなる傾向にあるので、2022年2月頃までは厳しい寒さが予想されます。

 

また、気になるのはラニーニャ現象の発生や影響についてです。

ラニーニャ現象の発生で厳冬が予想される

気象庁は、11月10日(水)エルニーニョ監視速報を発表し、赤道付近の南米太平洋沖の海水温度が平年よりも低くなるラニーニャ現象が発生したと発表しました。

10月のエルニーニョ、ラニーニャ現象の監視海域の海面水温は、基準値に比べて0.7℃低くなり、11月になってラニーニャ現象の基準を満たしたため、ラニーニャ現象が発生したと発表。

冬の平均期間内はラニーニャ現象の発生確率が100%になっていいます。

 

また、最新の見解によりますと、2022年2月頃から徐々に、ラニーニャ現象は終息していく見込みです。

 

冬にかけてラニーニャ現象が発生すると、大陸では高気圧が強まり、上空を流れる偏西風は大陸で北へ、日本付近で南へ蛇行するため、日本列島に寒気が流れ込みやすくなります。

前回は2020年夏から2021年春にかけてラニーニャ現象が発生しており、2020年~2021年の冬は、前半に強い寒気が流れ込んだ影響で、2020年12月中旬、群馬県や新潟県では24時間降雪量が1mを超えで記録的な大雪となり、その影響で関越自動車道では多数の車両が立ち往生するなど、大規模な交通障害が発生しています。

2021年1月は北陸地方(富山県・福井県)でドカ雪となり、富山市で35年ぶりに積雪が1mを超えています。

また、西日本日本海側で降雪量がかなり多くなりました。

一方、冬の後半は寒気の南下が弱く、気温が高めで、冬を通してみると東・西日本と沖縄・奄美で暖冬でした。

過去のラニーニャ現象が発生した冬のデータをみると、冬全体的としては寒冬とはならなくても、場所によっては一時的には強い寒気が流れ込み、厳しい寒さや大雪をもたらしたことが分かります。

 

2020年は、東・西日本と沖縄・奄美で暖冬傾向でしたが、今年は、特に、西日本、奄美・沖縄地方で平年より気温が低くなる傾向にあり、12月、1月は寒さが増す恐れがあるので注意が必要です。

 

気象庁が発表した2022年「1月22日〜2月21日」の向こう1ヶ月の天気の見通しになります↓

 

最新の1ヶ月予報を見てみると、西日本は気温が高く、北日本は気温が低くなる見込みです。

また、年末年始に襲った寒波ですが、今後、降水量も平年並みとなり、寒気の流れ込み次第では積雪にも注意が必要ですね。

週単位で見ると、1月下旬以降は西日本では並か高く、北日本、東日本で並か寒くなる見込み。

週別の平均気温はこちら↓

 

1月中旬から下旬ごろは、冷え込みが強まり朝晩の寒暖差にも注意が必要ですね。

 

1月20日(木)は二十四節気の大寒で、1年の中でも最も寒い時期を迎え、暦通り寒くなり引き続き寒さ対策が必要ですね。

この先、21日(金)頃にかけて冬型の気圧配置が続き、本州付近は降れば雪となる目安の寒気(上空1500メートル付近でマイナス6℃以下)にすっぽり覆われます。

また、23日(日)〜25日(火)にかけて、本州の南海上を低気圧が通過する見込みで、これは冬季に上空の寒気によっては、関東などに広く雪をもたらす南岸低気圧と計算されており、冬将軍(下層寒気)が関東付近に残っている中での通過が予想されているため、関東でも積雪が予想されています。

まだ、予報にはバラツキがあり、日によって寒暖差が大きいもようで、厳しい寒さが予想されており、最新の気象情報にはご注意ください。

例年、1月後半〜2月前半にかけては、1年の中で最も寒くなる時期となり、全国的に厳しい寒さとなる日が多く体調管理には注意が必要です。

 

12月は寒暖の差が大きく昼間は寒さが少し緩み、西日本や東日本では日中10℃を超えるところも多くあり暖冬と思わせる日もあり、当初の見解と違いラニーニャ現象の影響で、暖冬になる可能性も指摘されていましたが、年末年始にかけて、年明け以降も厳しい寒さとなり、各地で積雪を記録しています。

 

こちら最新情報が入り次第更新していきます。

2022年今年の冬の積雪量(降雪量)は例年より多い

2021年12月26〜27日頃に、日本海側を中心にもたらした大雪は、日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)」と呼ばれる現象とみられ、大陸からの北風が、朝鮮半島北部の高い山脈で二つに分断され、日本海へ抜けた風は海上で再び合流し、海上から水蒸気を取り込み帯状の雪雲を発達させ、大雪をもたらしました。

1月6日(木)頃は、低気圧が本州の南海上を東に進み、「南岸低気圧」と呼ばれるパターンとなり、太平洋側で雪を降らせる気圧配置になり、東京都心でも4年ぶりに大雪警報が発令されました。

東京地心でも、6日(木)18時までに10センチの積雪を記録し、7日(金)の朝にかけて、路面の凍結で、各地で事故が起きています。

 

年末から年明けに襲った大雪ですが、年明け以降の積雪も気になるところです。

気象庁から雪の予報について発表されているので見ていきましょう。

こちら気象庁が発表している平均気温・降水量・降雪量(2022年1月〜3月)の予報になります。

今年の冬は冬型の気圧配置がやや強く、西日本を中心に寒気の影響を受けやすく、気温は、北日本は高く、東日本では、ほぼ平年並み、西日本と沖縄・奄美では低くなる予報がでています。

冬らしく、厳しい寒さとなる見込みで、冬の降雪量は、北・東日本日本海側では、ほぼ平年並み、特に、西日本日本海側で多い予想で、大雪にも注意が必要となります。

 

具体的に、積雪量(降水量)については、2022年1月〜3月までのデータが発表されています。

気温が下がり雪が降り始める1月頃の降水確率では、北日本日本海、東日本日本海側、西日本日本海側で多い傾向にありますね。

 

具体的には、日本海側では降水量が多くなる予報が出ており、寒気の流れ込みで雨から雪に変わる可能性があるので、注意が必要です。

 

2022年3月までの予報になりますが、特に1月は全国的に例年よりは気温が低く降水量も多い傾向にあるので、気温が低ければ雨が雪に変わる可能性がありますね。

 

最近の冬は全国的に暖冬傾向になり記録的な暖冬で、日本海側の雪も記録的に少なくなりましたが今年は例年よりは冬らしく厳しい寒さの日が多くなり、特に日本海側では降雪量が多くなる可能性があります。

 

今まで暖冬傾向で全国的に雪が少なかったので、今年の冬はより寒く感じられるかもしれませんね。

なので、今年も寒さ対策(雪対策)は、ばっちり準備しておきたいところです。

まとめ

本時事では2022年今年の冬は寒いの?例年より暖冬になる可能性や積雪量についてもと題して情報をまとめました。

今年の冬は暖かい日もあれば、寒い日もあり「厳冬」「暖冬」と予報に大きな幅がありますが、12月後半〜1月前半にかけては、一時的に寒気の流れで冷え込みが予想されます。

特に、西日本日本海側で降水量も多く例年よりは寒くなる可能性が高いので積雪にも注意が必要ですね。

また、ラニーニャ現象が収まる2022年2月頃になると平年並の気温に落ち着く予報が出ています。

こちら最新情報が入り次第取り上げていきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました