ドラマ相棒の山崎警備局長のその後は?菅原大吉の登場回についても

どうも!土谷ヒロです。

「相棒 -劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」は2017年公開の映画で、相棒が反町隆史演じる冠城亘に変わり話題を集めました。

また、元相棒・神戸尊(及川光博)や米沢守・現警察学校の教官(六角精児)といった旧レギュラー陣などの登場で盛り上がりましたね。

その中で、同組織内でも敵対する山崎警備局長にスポットをあてます。彼は、この事件の失態でその後は失脚したのでしょうか。

山崎警備局長のその後は失脚

映画「相棒 -劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」に登場する山崎警備局長の登場回を紹介。

相棒season15の第13話(声なき者~籠城)、第14話(声なき者~突入)

ドラマ相棒の中では、警察庁長官官房総務課課長として初登場し、立てこもり事件での功労者として、警察庁警備局長・警視監に出世しています。出生街道まっしぐらの官僚さんですね。

男尊女卑な思想「健全な家庭を守る会」の会員であり、冠城亘が法務省官僚時代に発生した立てこもり事件に、この会員が関わっていることを知り、真相の発覚を防ぐために事件に介入している。

結局、今回の父親のDVを発端とした立てこもり事件では、黒幕である山崎警察庁長官官房総務課長は捕まりませんでした。それどころか功労者として警察庁警備局長に昇進しています。

結局、山崎の暗躍で事件の真相は隠蔽されてしまいます。この山崎へ対する疑惑を残したまま物語は終わっています。

最後のシーンで杉下右京は山崎に対し「あなたは何のために警察官になったのか?!」と問うと、山崎は「人に意見を問う前に、君も警察官としてまともに事件を解決してはいかがです?」と相手にすることなく立ち去っています。

杉下右京・冠城亘とはこの事件で因縁があるようです。

相棒 -劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断

相棒ドラマSeason15第13話と第14話では、冠城亘が法務省出向時代の前後編として描かれており、今作はその続編にあたる劇場映画になります。

ゲストキャラクター

・土橋紘一:国際犯罪組織「バーズ」のリーダー「レイブン」(北村一輝)
・鷺沢瑛里佳:在英日本大使館の参事官令嬢(少女:内田未来、山口まゆ)
・山﨑哲雄:警察庁警備局局長・警視監(菅原大吉)
・折口洋介:内閣官房副長官(篠井英介)
・ジェイ/滝口淳:「バーズ」のメンバー(石田法嗣)
・石川大輔:社美彌子の部下(林泰文)
・吉田剛:警視庁刑事部捜査一課刑事(田中啓三)
・綿貫肇:警視庁刑事部捜査一課刑事(児島功一)
・ホーク/川瀬隆史:「バーズ」のメンバー(城戸裕次)
・ヘロン/小川勉:「バーズ」のメンバー(川村進)
・ロイ・モリス:国連犯罪情報事務局職員(ダンテ・カーヴァー)
・デニス・コナー:「バーズ」のメンバー(ドン・ジョンソン)
・天谷光代:天谷克則の従姉(若き日:中島妙子、佐々木すみ江)
・相楽敏夫:納官師(山本龍二)
・塚本隆:警視庁江東警察署刑事第一課の刑事(大賀太郎)
・天谷清子:天谷克則の母(清瀬ひかり)
・鷺沢:瑛里佳の父。在英日本大使館の参事官(黒板七郎)
・佐橋健作:副総理(益岡徹)
・岩井孝信:鷺沢瑛里佳誘拐事件発生時の駐英大使(江守徹)
・マーク・リュウ/天谷克則:国連犯罪情報事務局の元理事(幼年期:阿久津慶人、19歳:広田亮平、鹿賀丈史)

ゲストキャラクターは、最多タイ(2作目の2010年公開の相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜)の20人で福岡県北九州市を中心に撮影が行われました。天候不良により2度の仕切り直しを経て、エキストラ3000人と日本映画の中でも過去に例がない大規模なロケが敢行されています。

あらすじ

7年前、イギリスの日本領事館関係者が集団で毒殺されるという事件が起こり、唯一生き残った少女が国際犯罪組織「バーズ」に誘拐された。事件から7年後、日本政府に対し行方不明となっていた少女の身代金が要求される。日本政府はバーズをテロ組織と断定し要求を拒否するが、それによってバーズは、50万人の観客が集まる国際スポーツ競技大会の凱旋パレードを狙ったテロ計画を実行に移す。晴れやかなパレードが行われる最中、特命係は真犯人を追いつめるが、その先には70年前のある出来事につながる真実が待ち受けていた。

日本で大規模なテロ事件が勃発し、お馴染みのメンバー達が犯人のアジトを絞り込み追い込んで行く訳ですが、山崎は何をしていたのでしょうか。

山﨑の行動

警察庁警備局局長・警視監として国内外の要人警護やテロの捜査を担当。警察の代表として、バーズへの対応を決定する協議に参加している。佐橋副総理と同様、バーズの犯行声明を日本国家に対するテロ予告であると断定し、警備を敷くことを命じる。その後もパレードを狙ったテロ事件の陣頭指揮を取り、犯人逮捕後はテロに使用される筈だった毒ガスへ変化する毒物の存在を警察組織の威信を理由に隠蔽しようとしたが…

ドラマでも隠蔽していましたが、映画でも隠蔽ですか。前回はバレなかったのでお咎めなしでしたが、今回は…

結果

国際的犯罪組織「バーズ」による身代金を要求するテロ予告が行われた際には要求を拒否し、テロ未遂事件を引き起こしてしまう。事態収拾後は事件の隠蔽工作に動くが、社美彌子によってマスコミに事件がリークされ失敗に終わった。作中では明言されていないが、その後責任者として何らかの処分を受けたものと思われる。

普通に考えたら懲戒免職処分に相当するのでしょうか。警察組織の体質は身内には甘い組織なので、戒告や減給処分で終わっているかもしれませんが…少なくとも相棒Season17の最終話にも登場していないので、降格以上の処分を受けていると思われる。

今回の事件で山崎警備局長に制裁が下ったことは事実なのでスカッとしました。

菅原大吉の登場回

「相棒 -劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」では、山崎警備局長として出演されていた菅原大吉さんですが、相棒のドラマには他に3つの役で出演されています。

・2004年の相棒Season2 第11話「秘書がやりました」では吉池昌夫 役

まだこの頃は、相棒が亀山薫(寺脇康文)で、急死した議員の秘書役を三峰涼子(室井滋)と演じていました。

・2005年の相棒season3 第16話「人間爆弾」では塩塚玄 役

一年後に再び登場。今度は、若杉栄一(マギー)同僚で、一緒に東京に出張に出て来ていた塩塚玄(犯人役)を演じています。前回よりは出演場面が増えていました。

・2007年の相棒Season6 第1話「複眼の法廷」では阿久津真 役

再び二年後に登場。今回は裁判員の一人でチョイ役でした。

 

そして、相棒season15の第13話と第14話、「相棒 -劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」では、警察庁長官官房総務課課長・警備局長としてお偉いさんで登場しています。

秘書役、犯人役、裁判員役、警察庁警備局長役とバラエティ溢れる役どころ演じてきている菅原大吉さんは再び相棒に登場することはあるのでしょうか。

味がありどんな役でも見事にこなす役者なので、また何かの役で出演されるを楽しみにしたいと思います。

まとめ

・山崎警備局長はドラマから杉下右京・冠城亘と因縁関係にあり、今回のテロ未遂発覚事件以降登場していないので、失脚した可能性が高いと思われます。

・菅原大吉さんは相棒には4つの役で出演されていて、全部違う役どころなので、また違う役どころで登場する可能性がありそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

あわせて読みたい!その他の相棒の登場人物についての記事はこちら
相棒の青木年男の性格がうざいからいらない!視聴者から嫌いと言われる理由について

関連記事

沼倉愛美がかわいいけど筋肉がすごいの?担当したアニメキャラに理由あり!

コンビニクリスマスケーキ2019おすすめ・人気比較まとめ!値段・特典など予約につ...

マイメロの耳たれの理由は?頭巾なしや色の種類についても

安室透は悪者で敵か味方どっち?バーボンや降谷零の正体についても

焼津海上花火大会2019は台風で中止や延期に?天気予報や最新情報の入手方法につい...

かさマルシェ2019のイベント内容は?アクセスや駐車場など笠松みなと公園について...