スポンサーリンク

週刊文春の最新号が売り切れで売ってない!電子版を無料/バックナンバー読み放題する方法

雑記

週刊文春は毎週木曜日に発売されるビジネスからマネー問題、経済、芸能、グラビアまで掲載されている情報週刊誌。

一部の本屋、コンビニなどで販売されていますが、売り切れていたり買い忘れた場合などは、電子書籍サービスを利用すれば、最新号やバックナンバーをお得に楽しめるので、その方法を紹介します。

先に、結論から言いますと「週刊文春」を無料で読むならが楽天マガジンが一番おすすめです。

理由は、楽天マガジンの31日無料トライアルを利用すれば無料で読めるからです。

楽天マガジンの利用はこちらから↓

楽天マガジンで31日間無料体験を試してみる

登録して31日後に自動更新されますが、加入後に自動更新を停めれば課金されないので、期間中は安心して無料で楽しむことが出来ます。

詳細を確認してから「週刊文春」を読みたい方は記事を読み進めて見てください。

スポンサーリンク

週刊文春を買い忘れ売り切れで売ってない!

週刊文春は毎週木曜日の販売になり、うっかり買い忘れてしまったり、売れ切れていたら、書店に問い合わせる必要になりますが、次の週を跨いでしまうと購入は難しいようです。

発売日より1週間経過すると、特に、話題の内容を飾った場合は購入が難しくなる傾向です。

 

また、売れ切れていたり、買い忘れた場合でも、ネット通販の楽天、Amazonなどでは、在庫があれば購入することが出来ますが、過去に話題になったものは値段が大幅に釣り上げられていることがあります。

Amazonの電子版でも購入することはできますが、都度、購入するたびに料金が発生しますが、楽天マガジンを利用すれば見放題でバクッナンバーも楽しむことができます。

週刊文春の電子版と紙の雑誌との違いは?

買い忘れ、売り切れで読み逃したときに、電子版でバックナンバーを購入できるのはありがたいですね。

本屋などで売られている週刊文春は最新号のみですが、電子版を利用すれば、過去に見逃したバックナンバーを振り返ることができます。

また、電子版を利用することで、雑誌を買いに行く手間や、分厚い雑誌を捨てることがなくなったなどメリットもあります。

特に、スマホでも読むことができるので、持ち運べるというのもメリットですよね。

楽天、Amazonなどの電子書籍でも、もちろん読むことは可能ですが、定価販売になるので、できる限り、お得に安く読む方法を見ていきましょう。

楽天マガジンのメリット

雑誌の種類が豊富

読み放題で読める雑誌が700誌以上あり雑誌のみを網羅したい方は最強です。

ほぼほとんどの雑誌が網羅されている印象です↓

・女性ファッション誌
・女性ライフスタイル
・ヘア、ビューティー
・男性ファッション誌
・男性ライフスタイル
・IT、ガジェット
・ビジネス、経済、国際
・ニュース、週刊誌
・芸能、エンタメ
・趣味
・スポーツ、アウトドア
・車、バイク
・健康、生活、料理
・グルメ、トラベル
・国内旅行ガイド
・海外旅行ガイド
・Foregin Magazines

ほぼ、書店に並ぶタイトルは網羅されているので、定期購読されている方は、かなりコスパがよくなるのではないでしょうか。

また、バックナンバーについては、年間分のタイトルを遡れる雑誌があります。

使いやすい

読みたいジャンルごとに雑誌が振り分けられているので、かなり使いやすいです。

最新刊が発売されれば、自動で更新されるので、読みたいタイトルをダウンロードするだけです。

なので、検索の必要がなく、私は、ほぼほぼ使ったことがありません。

コスパが良い

月額418円(税込み)で雑誌が読み放題なのは、コスパ的には最強といえます。

1冊購入するにあたり紙媒体の値段よりも安いので、間違いなくコスパ最強でしょう。

例:CanCam(キャンキャン)780円(税込)
例:メンズノンノ(MEN’S NON-NO)710円(税込)

マイページの保存が無限

読みたい、気になったタイトルがあれば、ほぼ無限にダウンロードすることが出来ます。(※スマホのキャパによる。)

一度のダウンロード出来る雑誌は20タイトル。

配信期限はありますが、期間内なら読むことが可能なので、そのまま保存しておいても大丈夫です。

ただ、ダウンロードしたけど、読まなかった雑誌も多数あり、アプリが重くなるので、削除などの管理が必要だと感じています。

楽天マガジンのデメリット

雑誌のカットページが多い

特に、雑誌の表紙をジャニーズが飾っているものは、掲載ページがカットされており見れません。

ananなどは、三分の一ページくらいカットになっている場合があり、その他の雑誌についても、1割〜3割カットページが存在するので、フルで見たい方はおすすめ出来ません。

週刊誌グラビア系の袋とじが読めない

袋とじの中身は読めるのどうかなのですが、楽天マガジンでは配信がないことが多く、袋とじの掲載があっても、黒塗り部分が多くなります。

楽天マガジンの週刊誌一覧↓

・FRIDAYフライデー
・週刊FLASHフラッシュ
・週刊SPA!
・週刊ポスト
・週刊現代
・週間プレイボーイ
・サイゾー
・週刊大衆
・週刊アサヒ芸能
・週刊文春
など。

具体的に露出が激しいものは黒塗りになっているので、見れないフラストレーションを抱えることになります。

また、バックナンバーについては、年間分のタイトルを遡れる週刊誌があります。

楽天マガジンの無料トライアル利用方法まとめ

電子書籍サービス「楽天マガジン」は月額418円の会員制サービスですが31日間の無料体験登録を済ませば、無料で読むことが出来ます↓

楽天マガジンで31日間無料体験を試してみる

登録して31日後に自動更新されますが、加入後に自動更新を停めれば課金されないので、期間中は安心して無料で楽しむことが出来ます。

※無料体験終了日を把握しておきましょう。

楽天マガジンは紙媒体と同じように楽しむことができる?

楽天マガジンは、配信雑誌数700誌と雑誌に特化した電子書籍サービス

※トップページを開けば、見放題配信の雑誌が常に更新されるので、検索する手間がないので便利です。

※見放題配信になるタイミングは週刊誌によって多少遅れる場合があるのでご注意ください。

※一部、プレゼントや懸賞など雑誌を購入しないと利用できないコンテンツもあり。

 

カットページが多いので、無料トライアル期間中に妥協できるか判断するのもあり。

 

楽天マガジンの利用方法は、「楽天マガジンのアプリ」をダウンロードすれば即座に読むことが可能です。

31日間は無料で楽しむことができるので、気になった本などがあれば、色々な雑誌を試してみることをおすすめします。

まとめ

<楽天マガジンがおすすめな理由>

コスパ重視の方は月額418円(税込み)で利用できる楽天マガジンがおすすめ。

雑誌に特化しており、特に、定期購読されている方は、紙媒体の雑誌を購入するより安く利用することが出来、気になった、他のタイトルも見ることが出来ます。

楽天マガジンで31日間無料体験を試してみる

 

電子書籍なら、書店に出向く必要がなく、どこでも読むことが出来て、読まなくなっても廃棄の必要がないので、環境にも優れています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました