スポンサーリンク

ふたご座流星群2020東京のピーク時間や方角は?奥多摩や高尾山などの最適な観測スポットも紹介!

雑記

毎年12月の中旬になると、「ふたご座流星群」が観測できるチャンスが訪れるので、流れ星を楽しみにしている方も多いと思います。

寒い冬はイルミネーションもきれいで、空気が澄んで星空もきれいに見えるので絶好の観測チャンスです。

この記事では、ふたご座流星群2020東京のピーク時間や方角について見ていきたいと思ます。

また、星空を見るために適したおすすめ観測スポットについても紹介していきます。

スポンサーリンク

ふたご座流星群2020東京のピーク時間や方角は?

12月に観測される「ふたご座流星群」は、8月のペルセウス座流星群、1月のしぶんぎ座流星群と並び、三大流星群と呼ばれています。

 

三大流星群は流れ星が安定して多数見られるのですが、近年では、流星群の観測数と安定度は、ふたご座流星群が一番だとも言われています。

※この時期は夜の時間が最も長く、大気が澄んでいることからもよく流れ星が観測されています。

 

2020年のふたご座流星群の最新情報は国立天文台によると、流れ星の出現のピークを迎えるのは、12月13日の午前10時頃に極大(ピーク)になると予想がでています。

なので、12月13日の夜から14日の明け方がチャンス!

 

一般的には、おおよそ一晩に見れる流星の数は、平均1時間あたり40個〜60個と言われています。

 

条件が良い時は100個くらいの流れ星が観測されたことがあるので、おおよそ1分に1個(流星)は観測できる計算になりますね。

 

もちろん場所や条件による部分が多いので、ピーク時間や方角については要チェックです。

ふたご座流星群2020東京のピーク時間「12月13日夜中」

今年のふたご座流星群2020の出現時期は、12月4日〜12月17日の間と予想されています。

 

<ふたご座流星群2020の流れ星の出現ピーク>

12月13日(日)の夜中がピークと言われ、その前後の日(12日)(14日)の3日間が、特に流れ星の観測しやすい期間になります。

 

※12月12・13・14日がチャンス

 

東京で「ふたご座流星群2020」が一番見やすい時間帯は、

ずばり、12月13日の午後10時〜12月14日の午前5時頃です。

天候条件にもよりますが、おすすめの日・時間帯はこちらです。

  1. 12月13日の午後10時〜12月14日の午前5時頃(55個)
  2. 12月12日の午後10時〜12月13日の午前5時頃(20個)
  3. 12月14日の午後10時〜12月15日の午前5時頃(20個)

今年はふたご座流星群の極大が日本で観察しやすい時間帯に比較的近く、15日が新月のため月明かりの影響もなく良い条件で観察できます。

 

※新月とは、地球から見て月と太陽の方向が同じになり、月から反射した太陽の光が地球に届かないため、地球から月が見えない状態のことです。

 

観測するには、もちろん天気も気になりますが、流れ星が見える方角についてもチェックしましょう。

ふたご座流星群2020東京の方角は頭上「真上」

流れ星と特徴としては、放射点を中心に放射状に星が流れます。

ふたご座にある放射点は、ほぼ真上の天頂に位置するため、流れ星が真上から降ってくるように見れます。

 

なので、特定の方角を気にすることなく、頭上真上を見上げていれば、どの方角からも流れ星があらわれるので見つけやすいです。

※夜空の広い範囲を見渡すように観測すると流れ星が見つけやすくなります。

 

また、夜間の屋外の暗さに目が慣れるまでに、時間がかかるので、最低でも15分くらいは観測を続けたいですね。

 

大変寒い時期なので、防寒対策はしっかりして気長に星空観測を楽しみたいですね。

 

次に、東京で流れ星を観測するのに、適した観測スポットについて紹介していきます。

ふたご座流星群2020東京の最適な観測スポット

東京都の都心部では星空の観測スポットに適していないと思われがちですが、2019年は東京都内でも流れ星が観測されたと報告が上がっていますね。

2020年は月明かりの影響がないので絶好の観測チャンスですね。

では、東京のおすすめ星空観測スポットについて紹介したいと思います。

奥多摩湖

 

奥多摩湖は都内からでも、割りと比較的短時間で行けるため星空観測に人気のスポットです。

2019年も多くの人がふたご座流星群の観測を楽しんだようですね。

高尾山(八王子市)

都民に親しまれている高尾山も星空観測スポットとして知られています。

しかし、夜間になるため登山道が危険なので、行かれる方はツアーなどに参加されることをおすすめします。

住所:〒193-0844 東京都八王子市高尾町

武蔵野の森公園(府中市)

東京都府中市にある大芝生広場は、周辺に建物などがないため、星空観測に適したスポットです。

住所:〒183-0003 東京都府中市朝日町3丁目5−12

やはり近場で気軽に星空観測を楽しみたい方も多くいるので、都内で星空観測に適した場所を見ていきましょう。

砧公園(世田谷区 )

世田谷区にある砧公園は、ファミリーやカップルに人気の公園で芝生が広がっていて寝転がって星空を楽しむことができます。

しかし、都心から近いこともあり少し明るいですが、条件がよければ流星群が見えることもあるようです。

住所:〒157-0075 東京都世田谷区1

目黒天空庭園(目黒区 )

東京都目黒区大橋にある屋上庭園の目黒天空庭園はループ状になっていて、公園内は5階から9階までの高低差があり、流星群が見れたと報告が上がっています。

住所:〒153-0044 東京都目黒区大橋1丁目9−2

夢の島公園(江東区 )

東京都江東区にある夢の島公園は埋立地につくられた公園ですが、広大な敷地の公園で、まわりに高いビルもなく、灯りも少ないので星空観測におすすめです。

住所:〒136-0081 東京都江東区夢の島1

石神井公園(練馬区)

東京都練馬区にある石神井公園は、三宝寺池、石神井池の二つの池を中心に武蔵野の自然が残されていて、星空観測にも適しています。

住所:〒177-0045 東京都練馬区石神井台1丁目26−1

六本木ヒルズスカイデッキ

2019年は六本木ヒルズスカイデッキでふたご座流星群観測会があり、多くの流れ星が観測されたようですね。

〒106-0032 東京都港区六本木6丁目10−1

星空観測は気長に待つことが大事なので冬のイベントを楽しみましょう。

当日の東京地方の夜の天気は良好なので、流れ星が期待できそうですね。

ふたご座流星群2020東京で見れた場所まとめ

今年は月明かりがなく天候にも恵まれたため、東京の明るい空でもふたご座流星群が観測できたとの情報が多数寄せられていますね。

まとめ

ふたご座流星群2020東京のピーク時間や方角や星空観測に適したおすすめ観測スポットについて紹介してきました。

おさらいしてみると、

・ピーク時間:12月13日の午後10時〜12月14日の午前5時くらい。(前後の3日間も)
・方角:方角はなく、頭上真上を見上げて観測する。

観測する日の天気のチェックと、防寒対策をしっかりして万全で、ふたご座流星群2020の観測を楽しみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました