スポンサーリンク

いつから寒くなる?2020年秋冬・今年の傾向と例年の気温を比較

2020年の夏は、全国各地で連日猛暑日(35°以上)を記録し、浜松市では国内観測史上最高気温41.1度を記録していますね。

8月後半にもなれば、日中は残暑が残るものの朝晩は少しひんやりした空気が流れ、鈴虫の鳴き声とともに秋の訪れを感じることができます。

秋が訪れたかと思えば、すぐ寒い冬がやってきますが、2020年はいつ頃から寒くなるのでしょうか。

本記事では、「2020年秋冬はいつから寒くなるの?例年の秋冬の気温と今年の傾向を調査」と題してお届けします。

2020秋冬はいつから寒くなるの?

日本では、「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざがあるように、「冬の寒さは春分頃(3/21)まで、夏の暑さは秋分頃(9/22)までには和らぎ、過ごしやすくなる」と教えられてきました。

夏の暑さは秋分頃(9/22)までには落ち着き、寒暖を繰り返しながら寒い冬が訪れます。

そこで気になるのは「2020年の寒くなる時期はいつからなのか?」

 

住んでる地域によっても寒暖の差や感じ方は人によって違いますが、概ね寒いと感じるのは気温が14度以下になった時と数値化してみることができます。

<日本の首都(東京)を中心にデータを取ると寒い暑いの肌感覚は以下のようになります。>

・暑すぎる:38℃以上
・暑い:28℃~37℃
・ちょうどいい・快適:23℃~27℃
・肌寒い:15℃~22℃
・寒い:8℃~14℃
・冷える:0℃~7℃
・寒すぎる:氷点下

寒いと感じる気温は8℃~14℃なので、14℃を下回れば人は寒いと感じるようですね。

 

日本気象協会から長期3ヶ月予報が発表されているので、2020年の寒くなる時期について見ていきましょう。

2020年は暖秋が続き季節の歩みは遅い

日本気象協会は、向こう3ヶ月(9月〜11月)の気温傾向について以下の長期予報を発表しています。

秋の訪れ遠く残暑続く見込み 3か月予報

引用元:https://tenki.jp/forecaster/m_seta/2020/08/25/9507.html

 

どの地域も9月、10月については、平年よりも高くなる傾向が見られ、残暑が厳しいようですね。

11月に入れば、ほぼ例年通りの気温に落ち着くと予想されていますね。

平均気温は北海道から九州は平年並みの予想です。それまで暖かい日が多かったのに対し、急に秋めいて、特に朝晩はヒンヤリ感じられる日も多くなりそうです。沖縄・奄美は平年並みか高い見込みです。

なので、今年は暖秋が続き、季節の歩みがゆっくりで11月に入ると、一気に寒くなる傾向にありそうです。

 

また、気象庁が9月10日にラニーニャ現象が発生したと発表しています。

ラニーニャ現象が発生すると、日本付近では、夏場は気温が高くなる傾向があり、一方、冬は気温が低くなる傾向があると言われています。

11月に入ると、寒気の影響を受けやすくなる予想が出ているので、本格的に寒くなるのは、やはり11月頃と思われます。

例年の秋冬の気温と今年(2020)の傾向を調査

2020年9月〜11月の気温傾向は、東日本、西日本を中心に高くなると予想されています。

そこで、例年の秋冬の気温はどうなのか、各地の例年の平均気温について見ていきたいと思います。

<札幌>
9月の気温:最高22° 最低 13°
10月の気温:最高16° 最低 7°
11月の気温:最高8° 最低 1°
12月の気温:最高2°最低−5°
<仙台>
9月の気温:最高25° 最低 17°
10月の気温:最高19° 最低 11
11月の気温:最高14° 最低 5°
12月の気温:最高8°最低0°
<東京>
9月の気温:最高27°最低  20°
10月の気温:最高22° 最低 15°
11月の気温:最高17° 最低 9°
12月の気温:最高12°最低4°
<名古屋>
9月の気温:最高28° 最低 20°
10月の気温:最高23° 最低 13°
11月の気温:最高17° 最低 7°
12月の気温:最高11°最低2°
<大阪>
9月の気温:最高29° 最低 21°
10月の気温:最高23° 最低 15°
11月の気温:最高18° 最低 9°
12月の気温:最高12°最低4°
<福岡>
9月の気温:最高28° 最低 21°
10月の気温:最高23° 最低 14°
11月の気温:最高17° 最低 9°
12月の気温:最高12°最低4°

※こちらは過去の平均的な気温になるので、今現在は温暖化が進み、もう少し平均気温は上昇していると思われます。

また、日中の寒暖差によっては、早く寒いと感じる場合もあると思われます。

2020年の寒くなる時期は11〜12月頃と予想

日本気象協会から11月の気温傾向については、概ね平年並と発表されています。

引用元:http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/000_1_13.html

それを踏まえて寒くなる時期について、暖秋が長く続くが11月には平年並の気温になるので、例年通りになると予想できます。

<寒くなる時期予想まとめ>

・札幌:10月頃
・仙台:11月頃
・東京:11月頃
・名古屋:11月頃
・大阪:11月頃
・福岡:11月頃

9月、10月は暖秋で進み、11月になると平年並の気温に戻るので、その温度差で寒いと感じるケースあるかもしれませんね。

 

朝晩の寒暖差や天候によっては、もっと早く寒いと感じられる日が幾分かあるかもしれませんが、概ね寒いと感じられる日は全国的にも11月に入ってからになるのではないでしょうか。

ラニーニャ現象が発生で11月以降は厳冬が予想されるので、寒さ対策や雪対策は早めに準備しておきたいですね。

まとめ

長期3ヶ月予報では、9月、10月が気温が高い傾向にありますが、11月は平年並になるので、この寒暖差で一気に寒いと感じられるポイントがきそうですね。

また、気象庁から発表されたラニーニャ現象で厳冬が予想されているので、11月からは特に寒さに注意が必要です。

涼しくなったと思ったら、急に寒くなったりするので体調管理には十分注意してお過ごしください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました