スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2020群馬(前橋)のピーク時間や方角は?おすすめ観測スポットも

雑記

8月は、三大流星群の中の「ペルセウス座流星群」が観測できる時期になるので、楽しみにしている方も多いと思います。

夏の楽しみの一つとして、気になるペルセウス座流星群2020群馬(前橋)ピークの時間や方角」について見ていきます。

 

合わせて、群馬県で星空観測に適したおすすめ観測スポットについても紹介していきますね。

ペルセウス座流星群2020群馬(前橋)のピーク時間や方角

8月の「ペルセウス座流星群」は、ふたご座流星群(12月)、しぶんぎ座流星群(1月)と並んで三大流星群と呼ばれ、その中でも流星群の観測数と安定度は一番だとも言われていますね。

ペルセウス座流星群2020がピークを迎えるのは、8月12日の22時頃に極大(ピーク)になると国立天文台から予想がでています。

一晩に見れる流星の数は、平均1時間あたり40個、多いときには100個くらいの流れ星が観測されたことがあります。

なので、ピークの時間帯や方角についてはチェックしておきたいですね。

ペルセウス座流星群2020群馬(前橋)のピークの時間は8月12日の夜中

ペルセウス座流星群2020の出現時期は、7月17日〜8月24日となっており、長い間流星群がみられるのも特徴ですね。

他にも、特徴として流星の流れる速度が速く、途中で急激に増光することがり、明るい流星や火球が多く、流星痕が残るほどのインパクトがあることも。

 

日本での流星の出現ピークは、8月12日の夜中と予想されていて、その前日(11日)と後日(13日)が、流星群の観測しやすい期間です。

 

群馬県でペルセウス座流星群2020が見やすい時間は、ずばり、8月12日の午後9時〜13日の午前4時頃です。

天候条件にもよりますが、おすすめの日・時間帯はこちらです。

  1. 8月12日の午後9時〜8月13日の午前4時頃
  2. 8月11日の午後9時〜8月12日の午前4時頃
  3. 8月13日の午後9時〜8月14日の午前4時頃

特に、3日間はチャンスがあるので、そのうち天気が良い日を選ぶのがおすすめ。

 

また、ペルセウス座流星群2020がピークを迎える時間は夜間にあたるため最高の条件になります。

 

しかし、今年は8月12日が下弦の月のため、流星群を観察しやすい時間帯は月明かりがあり、見える流星の数は条件の良い年より少ないと予想されています。

box3

下弦の月とは、お月さまがちょうど半分になる半月のことを言います。

2020年の予想<空の暗い場所で観察すると、流星の数は最大で1時間あたり30個程度>

なので、観測するのには月明かりが視界に入らないように注意が必要になりますね。

ペルセウス座流星群2020群馬(前橋)の方角は真上を見上げよう

box1

流れ星は、放射点を中心に放射状に流れるのですが、流れ星は、どこから降ってくるのかわからないので、全体を見上げることがポイントになります。

 

なので、真上を見上げていれば、どの方向にも流れ星があらわれるので、特定の方角を気にすることなく、空の広い範囲を見渡すようにすると流星が見つけやすくなります。

 

しかし、月明かりが一晩中影響するので、月明かりを考慮した場所を選ぶ必要がありそうです。

また、屋外の暗さに目が慣れてくまでに時間がかかるので、最低でも15分くらいは観測を続けましょう。

次に群馬県で流れ星を観測するのに適した観測スポットについて見ていきましょう。

ペルセウス座流星群2020群馬(前橋)のおすすめ星空観測スポット

2019年のペルセウス座流星群は、群馬県内の天候条件が良い観測場所などでは、流れ星が見れたとの情報がありました。

都会の明るい場所では、星空の観測スポットに適していないと思われがちですが、なかには、流れ星を観測できたとの情報があるので、やはり場所と条件が重要だと分かりますね。

なので、星空観測に適したスポットについて見ていきましょう。

ぐんま天文台(高山村)

ぐんま天文台は、星を見に訪れる人が日本一多い天文台として有名です。

夜は、天体観望や屋外での星空観賞などを楽しめる人気スポットです。

<〒377-0702 群馬県吾妻郡高山村大字中山6860−86>

赤城山(前橋市)

赤城山は、四季折々の魅力を満喫できる、広域観光エリアとして人気があり、星空観測にも多くの人が訪れています。

<〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山>

谷川岳(みなかみ町)

谷川岳は、群馬県・新潟県の県境にある三国山脈の山であり日本百名山のひとつとして多くの観光客が訪れます。

標高が高いので星空観測にも最適です。

<〒379-1728 群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽>

上野村

上野村は、自然に囲まれ空気が非常に澄んでいて、都会で見れないような満天の星空を観測することが出来ます。

<群馬県多野郡上野村>

星の降る森(沼田市)

星の降る森は、自然の中で様々なアクティビティが楽しめるキャンプリゾート地。

名前「星の降る森」の由来とおり、都心部では観測できないきれいな満天の星空が観測できます。

<〒378-0071 群馬県沼田市上発知町2543>

野反湖(中之条町)

野反湖は、周りは2000m級の山々に囲まれ、自然に囲まれ空気が澄んでおり天体観測にも適したおすすめスポットです。

<〒377-1701 群馬県吾妻郡中之条町大字入山>

草津白根山(草津町)

草津白根山は、標高2160mと天頂に近く天体観測には適したスポットでもあり、山頂から天の川も観測できるほど満天の星空を観測することが出来ます。

<〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津>

ペルセウス座流星群2020群馬で見れた場所まとめ

群馬県でも各地でペルセウス座流星群が観測されていますね。

強い光を放つので条件が合えば観測できるチャンスがありそうです。

まとめ

ペルセウス座流星群2020群馬(前橋)のピーク時間・方角や星空観測に適した観測スポット情報について紹介してきました。

 

情報をまとめてみます。

  • ピーク時間:8月12日の午後9時〜13日の午前4時くらい。
    (前後の3日間も◎)※天候が良い日を狙う
  • 方角:方角は気にせず、なるべく全方位・全体を見上げて観測する。

 

都心部でも流星群の観測チャンスがあるので、あとは、当日の天気をチェックし月明かりを気にしながら、ペルセウス座流星群の観測を楽しみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました