スポンサーリンク

呪術廻戦(映画)の年齢制限はあるの?子供(小学生/中学生)が見ても大丈夫?

雑記

アニメ「呪術廻戦」が3月26日にちに最終回を迎え、0巻/東京都立呪術高等専門学校の映画化が発表されました。

待ちに待った映画化ということで、「年齢制限」「年齢指定」があるのかどうかという点が気になりますね。

また、子供(小学生/中学生)が映画を見せても大丈夫なのかについても触れていきたいと思います。

呪術廻戦(映画)0巻/東京都立呪術高等専門学校の年齢制限はある?

「劇場版 呪術廻戦 0」のタイトルで今冬劇場公開されることが発表されました。

具体的に、いつ映画が公開されるのか、年齢制限はあるのか発表されていないので、続報が気になりますね。

 

呪術廻戦が映画化される部分は、本編の連載前に短期集中連載した、0巻として単行本化もされている「東京都立呪術高等専門学校」の劇場版アニメとなり、乙骨憂太が主人公として描かれています。

 

最近では、「一番くじ」「コラボグッズ」「単行本」が入手困難になるほど社会現象が起きていますね。

人気作の「呪術廻戦」ですが、アニメは深夜放送ということで見逃したり、実は、まだアニメ放送を見ていない方も中にはいるのではないでしょうか。

「呪術廻戦」は戦闘シーンがメインに描かれており、グロいシーンも出てくるので、子供が見ても大丈夫なのか気になります。

呪術廻戦で年齢制限が噂されている理由

アニメが深夜帯(1時25分)に放送されていたことと、物語はダークファンタジーで腕が切断されたり、下半身が切断されたり、変死体で発見されたりとグロくてきつい描写も多数あり。

理由は以下の2点が考えられます。

 

①深夜枠で放送されていたので視聴者層が限られていた。
(幼稚園児・小学生・中学生は時間的に見るのが難しかった)
②戦闘シーンなどグロく過激な場面がある。
(死亡シーン、戦闘バトルなど残酷でグロテスクなシーンが多い)

①については、放送時間が深夜枠(1時25分)になっていたとのことなのですが、内容(過激)に関わらず、他のアニメも同じ時間帯に放送されています。

アニメ1期については視聴者層が限られていいましたが、年齢制限については関係なさそうです。

なので「②の問題が年齢制限について影響しているのではと考えられています。」

 

そこで簡単に「映画のR指定・年齢制限の基準」についてチェックしていきましょう。

映画のR指定・年齢制限の基準

映画の年齢制限については視聴者が「現実生活の中に悪影響を与えない」ために設けられているシステムのことで4つの段階に分けられています。

G(全年齢OK)

G=全ての年齢層が鑑賞可能な区分。

PG12(12歳未満の小学生以下は保護者同伴が必要)

PG12=12歳未満(小学生以下)の鑑賞には、成人している保護者の助言や指導が適当とされる区分。

(性・暴力・残酷・麻薬などの描写や、未成年役の飲酒・たばこ・自動車運転、ホラー映画など、小学生が真似をする可能性のある映画が対象になります。)

R15+(15歳未満はNG)

R15+=15歳未満の入場・鑑賞を禁止する区分(15禁)

(PG12より刺激が強いものになり、いじめ描写や暴力も審査の対象になります。)

※呪術廻戦はここに該当する可能性があります。

R18+(18歳未満はNG)

R18+=18歳未満の入場・鑑賞を禁止する区分(18禁や成人映画)

(R15+に加え、性的感情を刺激する行動描写や反社会的な行動や行為、麻薬・覚醒剤の使用をなど極めて刺激の強い表現が審査の対象となります。)

 

 

もし「呪術廻戦」に年齢制限が付くならR15+になる可能性がありそうですね。

PG12だと、保護者がいれば全年齢視聴可能になるので、15歳未満はNGという線引が設けられる可能性があります。

しかし、呪術廻戦の物語が理解できるのは、小学生(高学年)や中学生からなので、そうなると、ここの年齢層の方は見ることが出来くなるかも…

呪術廻戦は子供(小学生/中学生)が見ても大丈夫なの?

呪術廻戦は、人気アニメになっていて、小学生・中学生の間でもブームになっており、映画を楽しみにしている方も多くいると思います。

しかし、残忍なシーンもあるので、「子供に見せても大丈夫なのか」、心配になっている親御さんも多くいるはず。

そこで、呪術廻戦を子供が見ることに対するネット上の意見などを中心に見ていきましょう。

子供(小学生/中学生)の間でも人気になっている呪術廻戦ですが、やはりグロいシーンや残忍なシーンがあるので、視聴することに心配する声が少なからずもありますね。

昔とは時代が違うので、どこまでの表現なら良いのか悪いかの線引は難しいところですが…

 

過去作でR15+指定があった作品は以下のものがありました↓

・劇場版 PSYCHO-PASS
・劇場版メイドインアビス
・劇場版 虐殺器官

一部の作品をピックアップしましたが、特に、戦闘シーンなど残虐な場面があるものは、R15+指定が設けられていたようですね。

 

調べたところ、意外と、R15+指定の作品が少なかったので、呪術廻戦もPG12指定で留まるの可能性もあるかも…

また、制作側もR15+指定をつけてしまうと、観客動員数、興行収入においてもかなり不利になるので、悩ましいところだと思います。

 

呪術廻戦をまだ見ていない方はこちらで無料視聴出来ます↓

U-NEXTでは、呪術廻戦のアニメ(全24話)が31日間の無料トライアル期間で無料視聴できるので、映画を見る前に物語を楽しむことができますね。

また、映画化が決まった漫画「0巻/東京都立呪術高等専門学校」は459ポイントの課金が必要ですが、無料トライアルでもらえる600ポイントの利用で無料で読むことが出来ます。

U-NEXTの公式サイト

U-NEXTの無料トライアル期間の31日以内に解約すれば一切お金は掛かりません。

以下に、スマホでU-NEXTに登録・解約する方法について簡単に解説しています。

U-NEXTを解約・退会する方法はこちら
U−NEXTの解約と退会方法をわかりやすく画像付きで解説

呪術廻戦の内容が気になる方は、U-NEXTを利用すれば、アニメ、O巻も無料で楽しめるので、一度、利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

「呪術廻戦」の映画が年齢制限が設けられるか発表はありませんが、制作側としては、鬼滅の刃の数字を意識して考えてると思われるので、同じくPG12指定に留まる可能性も無きにしもあらずです。

その場合は内容も少し改変する必要がありそうですが…

こちらでも、詳細な情報が入り次第取り上げています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました