スポンサーリンク

人間失格の映画ロケ地・舞台まとめ!撮影場所や太宰治が通ったBARについても

映画

映画「人間失格〜太宰治と3人の女たち」が2019年9月13日に公開されます。

太宰治の小説「人間失格」を原作としたものではなく、太宰治自身の実話ベースで描かれた作品で監督は蜷川実花さんが務めています

早速、映画の舞台になるロケ地・撮影場所についてまとめて行きます。

人間失格の映画の舞台のロケ地・撮影場所

主人公の太宰治を小栗旬さんが演じ、小説「人間失格」の誕生秘話を舞台に、太宰治自身と彼を愛した3人の女たちの目線から、実話をもとにフィクションとして映画化されました。

この映画のロケは2018年11月〜12月にかけて撮影が行われました。

主な撮影のロケ地は、東京都、神奈川県、埼玉県、富山県、京都府になっていますが、具体的に見ていきましょう。

銀座「BAR・ルパン」

こちらのBARは実際に太宰治が通った店で、多くのファンが訪れている聖地巡礼スポットとして有名のようです。

太宰治役の小栗旬さんが写真のようにポーズをきめていますね。

ファンならずとも一度は訪れてみたい場所です。

創業90年を迎える歴史あるBARですがカクテルが豊富で楽しめるとのこと。

意外にも女性客が多いようです。

 

〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目5−11

東京・日比谷「日生劇場」

こちらでは「東京・日比谷の日生劇場での観客役」のエキストラが募集されていて、11月30日に撮影が行われたようです。

松竹新作映画エキストラ大募集
■11月30日@首都圏[登録制]
■出演:未発表

蜷川実花監督最新作映画
『さくらん』『ヘルタースケルター』
松竹企画制作
エキストラ出演者大募集!

○撮影期間:2018年11月
この募集の対象撮影日程:11月30日(金) ※首都圏でのエキストラ公募はこの日のみ予定しています。
○撮影場所:日生劇場(東京都千代田区有楽町1-1-1 icon) ※ご登録いただいた方に、後日詳細をお伝えします。
○役柄:観客役
○公開:2019年
○募集締切日:2018年11月20日(火)

 

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目1−1

埼玉県日高市「巾着田曼珠沙華公園」

こちらは曼珠沙華まつりが有名で曼珠沙華(彼岸花)が500万本咲き誇っている観光スポットとして人気ですね。

この映画の予告には彼岸花の中を小栗旬と子どもたちが駆け巡るシーンで出てくるのですが、彼岸花の時期は、9月いっぱいまでなので、ロケの時期(11月〜12月)には彼岸花は残っていたのでしょうか。

 

〒350-1251 埼玉県日高市大字高麗本郷55

神奈川県三浦郡葉山「加地邸」

加地邸(旧 加地利夫別邸)は、建築家の遠藤新氏が設計し、築91年を越える貴重な建築物です。

遠藤新氏は、あの有名な日本帝国ホテルを手掛けたフランク・ロイド・ライトの一番弟子と言われているお方です。

こちらは只今、修繕工事真っ最中で、2020年度には宿泊施設として営業が再開される予定です。

この建物では、映画の中で小栗旬さん演じる太宰治のプライベートシーンなど様々なシーンで使われていそうですね。

 

加地邸は愛人・太田静子の家として使われていました。

 

〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色1706

神奈川県小田原市「旧水源地井戸跡」

「旧水源地井戸跡」の画像検索結果

画像引用:https://blog.goo.ne.jp/odawarahashibashi/e/ea8e8050bff47883c7b7bf0048b086d1

石碑「水道発祥の地」と井戸の跡の蓋が数か所あるくらいで特に何もない場所ですが、どんな撮影が行われていたのか気になりますね。

 

〒250-0855 神奈川県小田原市清水新田

富山県「富岩運河環水公園」

富岩運河環水公園は、富岩運河の舟だまりを利用した水辺の空間がきれいに整備されていて、遊歩道や芝生のスロープなど、憩いの場として市民や観光客に親しまれています。

公園内には、全世界のスターバックス店舗の中から選ばれた、優れたデザインの店舗に贈られる最優秀賞を受賞した「スターバックスコーヒー環水公園店」があるので、ロケ地巡りと合わせて訪れてみたい場所ですね。

 

〒930-0805 富山県富山市湊入船町1

京都「松竹撮影所」


京都松竹撮影所では、11月にエキストラの募集が行われていますね。

松竹新作映画エキストラ大募集
■11月@松竹撮影所[京都撮影限定日=26、27、28、29日=登録制]
■出演:未発表

蜷川実花監督最新作映画
『さくらん』『ヘルタースケルター』
松竹企画制作
エキストラ出演者大募集!

○撮影期間:2018年11月
この募集の対象撮影日程:11月26日(月)、27日(火)、28日(水)、29日(木)
○撮影場所:京都松竹撮影所
○公開:2019年

 

〒616-8152 京都府 京都市右京区太秦堀ケ内町12−9

京都「旧嵯峨御所大本山大覚寺」

こちらではどのような撮影が行われたか詳細は分かりませんが、京都松竹撮影所から車で10分ほどと近く映画・ドラマの撮影でよく使われている場所です。

 

〒616-8411 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4

また、新たな情報が入り次第ロケ地・撮影場所について追記していきますね。

まとめ

映画「人間失格」のロケ地・撮影場所についてまとめてみました。

実際に太宰治が通ってた銀座のBAR・ルパンには一度は訪れてみたいと思いました。

他にも有名な観光地近くでロケが行われているので、ロケ地・聖地巡りと一緒に観光も楽しめそうですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

あわせて読みたい!映画「人間失格〜太宰治と3人の女たち」の気になる記事はこちら
「人間失格」小栗旬版の映画がやばい!太宰治の実話・半生から伝えたいことを考察

スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画
パパママハック
タイトルとURLをコピーしました