スポンサーリンク

毛利小五郎の年収はいくら?貧乏ではなく探偵事務所は持ちビル

アニメ

「名探偵コナン」毛利蘭の父親であり、私立探偵をしている毛利小五郎。

自宅でもあるビルにて毛利探偵事務所を開いています。

当初はペット探しや不倫調査などの簡易な仕事を中心に引き受けていましたが、江戸川コナンが来てからは、ストーカー事件や強盗事件などを多く請け負うようになりました。

そんな毛利小五郎の収入事情はどうなのでしょうか、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

毛利小五郎の年収はいくら?

毛利小五郎の年収について公式では明言されていません。

 

一般的、私立探偵の平均年収は650万程度とされていますが、確実にそれよりは年収が高いと予想されています。

では、その収入や依頼料など、お金の出どこを見ていきましょう。

毛利探偵事務所の収入や依頼料は?

毛利探偵事務所(毛利家自体)の収入は高いと思われます。

なぜなら、探偵業による収入の他に、別居している妃英理や江戸川コナンの母からの養育費の仕送りやテナント収入があるからです。

初登場時は「半年ぶりにまともな依頼だ!」といった発言をしていましたが、現在は、それなりの知名度があることですし客からの依頼料もそれなりにとっているでしょう。

こちらは、ある私立探偵の浮気調査の依頼料です↓

引用元:https://www.gk-yokohama.com/ryoukinn.html#01

危険やリスクを伴う仕事なので高いと取るか安いと取るか、難しいところではあります。

探偵事務所や依頼内容により依頼料はぴんきりですが、人探しの場合は100万円くらいの依頼料になることもあるようですね。

毛利小五郎は貧乏ではなく探偵事務所は持ちビル

毛利家が貧乏ではないことはわかりましたが、ビルの家賃はどうなっているのでしょうか。

なんと、毛利探偵事務所が入っているビルは、賃貸ではなく毛利小五郎の所有物です。

作中で、小五郎が家賃の支払いやローン返済をしている描写は一切ありません。

 

真相は不明ですが、裕福である両親から相続したと思われます。

毛利探偵事務所の住所や間取り、屋上の景色は?

毛利探偵事務所は、東京都米花市米花町5丁目に構えられています。

勿論、米花市以下は架空の住所です。

米花町の名前の由来は、シャーロックホームズが住んでいるロンドンの「ベイカーストリート」だと言われています。

 

映画館や水族館、デパートなどがあり、賑わっていることから比較的栄えた街であることが伺えます。

 

また、米花町のモデルはどこなのでしょうか。

ファンの間では、いくつかの説が囁かれています。

 

一つ目は、高田馬場説です。

これは米花駅が高田馬場駅の外観と酷似しているため、唱えられた説です。

 

二つ目は、目白説です。

こちらの方が有力視されていますね。

 

米花町には東都環状線が通っているとされています。

 

テレビアニメ第95話「小五郎のデート殺人事件」では、帰宅時に小五郎が東都環状線を利用する描写がありました。

そこで東都環状線は、一周が約一時間で、車両が黄緑であることが説明されています。

 

米花駅付近の駅の名称からも東都環状線が山手線をモデルにしていることは明白です。

更に米花駅に注目してみると、前後の駅に東沢袋と小久保があることがわかります。

東沢袋は池袋、小久保は新大久保がモデルでしょう。

 

そのことから米花駅は池袋から新大久保の間に存在する可能性が高いと考えられます。

実際の山手線、池袋と新大久保の間の駅は目白と高田馬場です。

 

米花駅は目白か高田馬場のどちらかがモデルになっているのではないかと推測できるのです。

どちらにせよ、都会であると言えますね。

 

では、ビルの間取りはどのようになっているのでしょうか。

原作やアニメの描写からこのように推測されます。

引用元:https://www.pixiv.net/artworks/24234419

また、ビルには屋上もあります。

作中ではあまり登場しませんが、さぞ景色が良いことでしょう。

 

毛利探偵事務所の喫茶店のポアロからの家賃は?

毛利探偵事務所が入ったビルは、3階が住居、2階が事務所、1階はテナントとなっています。

その1階では喫茶店「ポアロ」が営まれており、その隣には「いろは寿司」という寿司屋が存在します。

喫茶店「ポアロ」は、榎本梓や安室透(降谷零)がアルバイトとして働いている純喫茶店で、作中によく登場します。

 

前述した通りビル自体が毛利小五郎の持ち物ですから、当然「ポアロ」や「いろは寿司」からのテナント収入があるはずです。

 

具体的な収入は、作中で確認できませんでした。

しかし、高田馬場・目白付近の賃貸の相場から30万円前後と想定するのが妥当でしょう。

 

探偵の依頼料や家賃収入や養育費の仕送りなど、諸々の収入を合わせれば年収は1000万円近くありそうですね。

まとめ

毛利探偵事務所が入っているビルは賃貸ではなく、毛利小五郎自身の所有物であることがわかりました。

また、探偵業の収入の他にもテナント収入などがあり、毛利家が貧乏ではないことも判明しました。

毛利小五郎の収入の事情が詳しく明かされる日が楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました