スポンサーリンク

白鳥警部の正体や黒幕説の真相は?最近出てこない理由についても

アニメ

名探偵コナンでは、準レギュラーと言える立ち位置にいる白鳥警部。

目暮警部や佐藤刑事、高木刑事と同じ警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属しており、作中ではエリート警部という設定のキャリア組ですね。

今回は、そんな白鳥警部の正体は黒幕なのではないかという考察についてや、最近登場頻度が減っているという疑問に対して迫ってまいります。

スポンサーリンク

白鳥警部の正体や黒幕説の真相は?

それでは、まず白鳥警部とはどのようなキャラクターなのか見ていきたいと思います。

先述した通り、名探偵コナンではお馴染みの刑事部の所属で、資産家の御曹司でもあります。

少年時代は法律家を目指しており、さらにキャリア組だけあって、警察官としての知識に加え、法律の知識やデータを元にした調査に長けております。

白鳥警部の本名は「白鳥任三郎」といい、その頭脳明晰なキャラクターは「古畑任三郎」から由来しているとされています。

そもそも白鳥警部は、劇場版名探偵コナン第1作「時計じかけの摩天楼」にのみ登場するオリジナルキャラクターの予定でした。

しかし、その後も原作、劇場版と登場の機会が続き、現在の準レギュラーとしての立ち位置を確立したのです。

次の章では白鳥警部が黒幕説について、触れてまいります!

白鳥警部が怪しい?

そもそもなぜ白鳥警部が黒幕なのでは?という考察が浮上したのでしょうか、その背景から迫ってまいりましょう。

一番有力とされている説ですが、それは白鳥警部の白鳥を英語にすると「ホワイトスワン」となり、お酒の名前となるからです。

黒の組織のメンバーの名前がお酒から由来していることは言うまでもありませんね。

また作者は、「黒幕はすでに登場している」というコメントを出しており、名探偵コナンファンの中では、「もしかして黒幕は白鳥警部なのでは?」という考察が出たと考えられます。

今現在、ヒントはあるものの黒幕についてはまだ誰なのか解明されていませんね。

白鳥警部の声優は変わった?

白鳥警部の声優はこれまで2人の方が担当してまいりました。

ここではその声優さんが担当してきた期間やプロフィールなどを紹介させていただきます。

塩沢兼人(初代)

塩沢兼人さんは、初代声優担当です。

1954年1月28日生まれで東京都の出身です。

本名は「塩澤敏一」といい、芸名の「兼人」は塩澤敏一さんが好きだった映画監督の新藤兼人さんにちなんで、本人が考案されたそうです。

さまざまなアニメで声優を担当しており、アニメ好きであれば、白鳥警部に限らず、一度は耳にしたことがあるのではないかと思います。

しかし、塩沢兼人さんは2000年5月10日に不慮の事故で46歳の若さでお亡くなりになられております。

続いて、これまで塩沢兼人さんが担当された他のキャラクターを一部ご紹介させていただきます。

〇クレヨンしんちゃん(ぶりぶりざえもん)
〇北斗の拳(レイ)
〇機動戦士ガンダム(マ・クベ)
〇キン肉マン(ジェロニモ)
〇聖闘士星矢(牡牛座のムウ)

井上和彦(2代目)

井上和彦さんは、2代目声優担当です。

1954年3月26日生まれで神奈川県横浜市の出身です。

声優の他にも舞台俳優や音響監督でも活躍されております。

塩沢兼人さんがお亡くなりになられてから後任に着任してから現在に至るまで声優を担当しております。

名探偵コナンファンであれば、第4作劇場版名探偵コナン「瞳の中の暗殺者」の風戸京介役を担当していることは言うまでもありませんね!

井上和彦さんが担当された他のキャラクターを一部ご紹介させていただきます。

〇NARUTO-ナルトー(はたけカカシ)
〇ジョジョの奇妙な冒険(カーズ)
〇妖怪人間ベム 第2作(ベム)
〇機動戦士ガンダムAGE(フリット・アスノ)
〇七つの大罪(魔神王ゼルドリス)

白鳥警部が最近出てこない理由は?

最近の名探偵コナンでは、白鳥警部の登場が少ないように感じますね。

さまざまな理由が考えられますが、名探偵コナンは他のアニメや漫画などに比べるとキャラクターが多く、ストーリーの構成上、どうしても登場の頻度が減ってきてしまっているのではないかと思います。

登場キャラクターが多いとどうしても特定のキャラクターの登場機会が少なくなってしまうのは、仕方がないことです。

特別な理由はないように思えます。

その中でも、登場回数は少ないですが、白鳥警部の恋の行方など気になる登場回について見ていきましょう。

白鳥警部と小林先生の登場回

名探偵コナンでは数ある恋の行方の中でも注目な二人の関係、ここでは、白鳥警部と小林先生の2人の登場回について、触れてまいります!

568~569話 「白鳥警部、桜の思い出」
583話「小林先生の恋」
584話「白鳥警部の恋」
585話「時を超える桜の恋」

いずれの回も白鳥警部や小林先生の出会いや白鳥警部の恋のきっかけ、それぞれの恋の行方について、描かれております。

 

また、小林先生と佐藤刑事が似ている!?巷でもそんな噂を耳にしますが、そんなことからも白鳥警部の恋の行方がややこしくなった真相についても見ていきましょう。

小林先生と佐藤刑事が似てる

その前に小林先生についてあまり触れてまいりませんでしたので簡単におさらいしましょう!

小林先生は帝丹小学校に勤める1年B組の担任の先生です。

本名は小林澄子といい、年齢は26歳、帝丹小学校の18期生のOBであり、自称少年探偵団の顧問という立ち位置におります。

作中では、大のミステリー好きとされております。

 

小林先生と佐藤刑事が似ていることについて、確かに個人差はあるものの、2人はとても似ております。

大きな違いがあるとすれば、眼鏡をかけているかいないかでしょうか。

それは白鳥警部が見間違えてしまうのも無理ありませんよね。

そもそも小林先生と佐藤刑事が似ているせいで、白鳥警部の恋の行方がややこしくなってしまったのです。

ここで白鳥警部の初恋のエピソードをおさらいしましょう。

白鳥警部が小学生くらいの頃、とある本屋で万引きの現場に遭遇したことがありました。

その時、その万引き犯を問い詰めたのが、小林少女でした。

しかし、その万引き犯に小林少女は突き飛ばされてしまい、それを助けたのが白鳥少年でした。

小林少女は、お礼にストローの袋で作った桜の花びらの切り絵を白鳥少年にプレゼントするとともに、ある言葉を言います。

「桜は警察の人がつけているマークだよ!強くて優しくてかっこいい正義の花なんだ!」

という言葉をきっかけに白鳥少年は、警察官を目指すようになるとともに、小林少女に恋心を抱くようになります。

白鳥警部が警察官になり、佐藤刑事と同じ職場になってから、当時の小林少女に佐藤刑事が似ていたことから、白鳥警部は佐藤刑事にアプローチをします。

しかし、とある事件で吉田歩美が当時、小林少女が言っていたセリフを言ったことで、帝丹小学校に勤める小林先生が当時の少女だと気付くことができ、2人の恋の行方が進展してきます。

なんとももどかしい展開ではありましたが、このエピソードからも小林先生と佐藤刑事が似ていることがわかりますね!

まとめ

今回は白鳥警部について、黒幕なのでは?最近出てこない理由は?恋の行方について触れてまいりました。

結果、黒幕説や最近出てこない理由については、明言できませんでしたが、恋の行方については、迫ることができました。

個人的には、白鳥警部は第1作劇場版名探偵コナン「時計じかけの摩天楼」にのみ登場する予定だったキャラクターだったというのが驚きでした。

それでも今日まで登場し続けていることを考えると今後、何かしらのキーパーソンであることを示唆しているかも知れませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました