スポンサーリンク

宇髄天元/音柱が弱いと言われる理由!強さは柱で最弱?

アニメ

鬼滅の刃に登場する宇髄天元(うずいてんげん)は、鬼殺隊を支える最強剣士「柱」の1人。

音柱として鬼殺隊の中でも位の高い剣士である天元は、ファンの間では「最弱なのでは?」と言われています。

見た目も決して弱そうではないですが、元忍であり、更に柱でもある宇髄天元が最弱と言われてしまう理由についてまとめていきます。

スポンサーリンク

宇髄天元/音柱が弱いと言われる理由

宇髄天元が活躍し登場するの「遊郭編」のみになり、それ以降は、柱を辞めて引退しているので、弱いのではと言われていますね。

実際に柱の中で最弱に弱いのか考察していきましょう。

宇髄天元の呼吸や型まとめ

宇髄天元は元忍であり「音柱」として登場します。

原作で登場する宇髄天元の呼吸や型については3つしか明かされていませんね。

呼吸:音の呼吸(雷の呼吸からの派生)
・壱ノ型:轟(とどろき)
・肆ノ型:響斬無間(きょうざんむけん)
・伍ノ型:鳴弦奏々(めいげんそうそう)

宇髄天元は遊郭編での戦闘終了後、柱を引退している為、全ての技が明らかにはなっていません。

爆薬を使い自らを派手を司る神・祭りの神と言うのも頷ける程派手な技を使用します。

剣技以外にも、鬼の体を傷つけるほどの威力がある火薬の使用や独自の戦闘計算式である「譜面」を作成して戦い、指揮官能力が優れているのも天元の大きな特徴です。

「音柱」は雷の呼吸の派生なので、少し弱い印象を持ってしまうのも一つの原因として考えられますね。

堕姫/妓夫太郎との戦闘シーンまとめ

宇髄天元が活躍する遊郭編は、遊郭に潜入して鬼の情報収集をしていた宇髄天元の嫁(須磨・まきを・雛鶴)からの定期連絡が途絶えた為、竈門炭治郎・我妻善逸・嘴平伊之助の3名がそれぞれ宇髄天元の嫁の潜入していた店で働くところから始まります。

それぞれの方法で鬼を見つけ出した宇髄天元らは、上弦の陸・堕姫との戦闘になります。

帯を使用する堕姫の攻撃に苦戦しつつも竈門炭治郎のヒノカミ神楽や竈門禰豆子の飛躍的な能力上昇により堕姫にダメージを与えますが、なかなか頚(くび)を切ることができません。

そんな時に宇髄天元が颯爽と現れ、目にも止まらぬ早さで堕姫の首を切りますが、堕姫は頚を落とされても体が崩壊せず、胴体から堕姫の兄・妓夫太郎が出現します。

更に堕姫の首も繋がり、上弦の陸は2人で1つだった事、また2人を倒すには2人同時に頚が繋がっていない状態にしなければならないことが判明します。

妓夫太郎は2本の血鎌から出す斬撃や血鬼術・飛び血鎌(とびちがま)、血鎌に塗られた毒によって宇髄天元や炭治郎達を苦しめます。

街を壊しながら攻撃してくる妓夫太郎と堕姫に苦戦しますが、雛鶴の毒付きクナイや炭治郎の急成長により宇髄天元の「譜面」が完成し、炭治郎・善逸・伊之助により同時に頚を落とし、見事上弦の陸を倒すことが出来ました。

結果的には、炭治郎たちの加勢があっての勝利なので、天元一人では、妓夫太郎を倒せていたかは定かではありません。

腕を切られて引退し3人の嫁との約束を果たす

宇髄天元は上弦の陸との戦闘中に左手と左目を失った為、柱を引退しました。

この戦いで、3人の嫁(須磨・まきを・雛鶴)を危険な目に合わせたこと、また、傷ついた体で3人の嫁を守れないことを危惧して引退を決意していますね。

天元が一番大事なのは3人の嫁の命ですから、色々なことを総合して考えての天元の判断ですが、鬼と最前線で戦うことを辞めているので、あまり強いイメージは持たれていないようです。

しかし、柱を引退した後も柱稽古で基礎体力向上の訓練を任されていたり、最終決戦時に煉獄槇寿郎(煉獄杏寿郎の父)と共にお館様(産屋敷輝利哉)を部屋の外で護衛していたり、影で鬼殺隊を支えていますね。

宇髄天元は柱の中では最弱に弱いのか?

自分でも弱さを認めているとはいえ、色男で嫁が3人おり、公式ファンブックでも「柱の中で最速を誇る」と言われる宇髄天元が最弱と言われてしまうのは何故なのでしょう。

妓夫太郎にも「今まで殺してきた柱とは違う」「選ばれた才能」と言われた宇髄天元ですが、ここでは他の柱との差を比較していきたいと思います。

悲鳴嶼行冥との比較

宇髄天元は妓夫太郎に才能があると言われた際、自分は凡人だが、岩柱・悲鳴嶼行冥を「得体の知れないやつ」と発言しています。

また、上弦の壱・黒死牟も「研鑽し極められた肉体と技」柱の中で最強クラスと発言していたり、単行本11巻に掲載されている柱の腕相撲ランキングではぶっちぎりで悲鳴嶼行冥が強いと書いてあります。

上記のことから、悲鳴嶼行冥は柱の中でも最強である事が分かります。

不死川実弥との比較

風柱・不死川実弥と宇髄天元は本編ではあまり関わっている様子はありません。

宇髄天元は不死川実弥より先に柱となっていますが、不死川実弥は上弦の壱・黒死牟に「(悲鳴嶼行冥と不死川実弥)この2人が柱の中でも実力上位」「人間に出来ていい芸当ではない」などと評価されています。

単行本11巻に掲載の腕相撲ランキングで悲鳴嶼行冥に次ぐ2位は宇髄天元となっていますが、黒死牟の評価を聞くと戦闘力では不死川実弥の方が上のように感じます。

煉獄杏寿郎との比較

宇髄天元と妓夫太郎との話の中で、「俺の手の平から今までどれだけの命が零れたと思ってんだ。そう、俺は煉獄のようにはできねぇ」と発言しています。

これは無限列車編で炎柱・煉獄杏寿郎が1人の犠牲者も出さなかったことを言っているのだと思われます。

煉獄杏寿郎は上弦の参・猗窩座に「鬼になれ」と誘われており、高い評価を得ています。

この事から、自他共に煉獄杏寿郎の方が上だと感じているのかもしれません。

伊黒小芭内との比較

蛇柱・伊黒小芭内は堕姫との戦闘終了後の宇髄天元に対して「左手と左目を失ってどうするつもりだ。たかだか上弦の陸との闘いで」との発言しています。

伊黒小芭内は鬼舞辻無惨との闘いの中、情報がとても少ない中で赫刀(刀を赤くする状態)のきっかけを掴みました。

「たかだか上弦の陸」という強気の発言に違わず鬼舞辻無惨に攻撃をしているところや、情報処理能力は伊黒小芭内の方が上かもしれません。

甘露寺蜜璃との比較

恋柱・甘露寺蜜璃と宇髄天元も本編ではあまり関わっていません。

甘露寺蜜璃は刀鍛冶の里編で自力で痣を発現しています。

難しい比較ではありますが、遊郭編で宇髄天元が痣の発現が無かったことを考えると、潜在能力は甘露寺蜜璃の方が高いかもしれません。

冨岡義勇との比較

水柱・冨岡義勇も宇髄天元との関わりは多くありません。

遊郭編時点での冨岡義勇は自分が死ねば良かったと考えており、あまり自分の命に執着がないので、まともに勝負をしたらどちらが勝つかは微妙なところ。

こちらも難しい比較ではありますが、禰豆子が炭治郎を庇ったのを見て可能性を感じた冨岡義勇と遊郭編で一緒に闘い、炭治郎達を認めて「優秀な俺の継子だ!」と宣言する宇髄天元、どちらもいい上司という感じがしますね。

時透無一郎との比較

霞柱・時透無一郎に関しても宇髄天元は妓夫太郎に「(世の中には凄ぇ奴らがウヨウヨしてる。)刀を握って2月で柱になるような奴もいる」と発言しています。

時透無一郎は刀鍛冶の里編で甘露寺蜜璃と共に痣を発現させており、上弦の壱・黒死牟戦にて始まりの呼吸の使い手の子孫である事が判明しました。

純粋な力比べでは宇髄天元の勝ちだと思いますが、戦闘センスや潜在能力は時透無一郎の方が上だと思われます。

胡蝶しのぶとの比較

蟲柱・胡蝶しのぶは毒の使い手ですが、残念ながら宇髄天元に毒は効きません。

鬼の頚を切る力がないために毒を使用しているとの事なので、まともに勝負をしたら宇髄天元の勝ちでしょう。

しかし、姉の敵を討つために1年以上かけて自分の身体に藤の毒を取り込んだり、刀を鞘に戻す度に毒の調合をしていたり、上弦の弐・童磨を倒す為の準備は万全でした。

頚を切らずとも刀の先で傷つけたら毒が回るという戦法はどんな鬼にも有効だと思います。

しかし、上弦の鬼になると時間をかければ解毒が出来るようなので、強い鬼を倒すのは胡蝶しのぶより宇髄天元の方が向いているのかもしれません。

 

そのことからも、遊郭編の戦闘後引退している宇髄天元は弱い印象を持たれていますが、柱の中でも自他共に、上位クラスではないと明言していますね。

実際に柱同士で本気で戦うことはありませんが、よく言えば、自分の実力がわかっており、鬼殺隊に入った理由も他の柱と違い、鬼を倒すことにそこまで固執していないところが天元を弱く見せる要因だと思われます。

まとめ

宇髄天元が弱いと言われる理由についてまとめてみます。

・遊郭編後に負傷して柱を引退している。
・一人では妓夫太郎を倒せていない。
・音柱は雷の派生なので弱いイメージ。
・他の柱と違い鬼狩りに固執していない。
・自分の実力は上位クラスではないと明言している。
・嫁の命が一番と宣言し行動している。

そもそも天元は、他の柱と違い、あまり鬼に憎悪を感じていないのが大きなポイント、強くなることよりも嫁の命を一番に大事にしている愛妻キャラとしての存在が大きいのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました