スポンサーリンク

宇髄天元の兄弟の名前や何人いる?父親や母親は?

アニメ

「鬼滅の刃」ド派手な音柱・『宇髄天元』の過去は、宇髄一族の忍び。

そんな天元の生い立ちから柱になるまで、天元の兄弟や両親について調べていきたいと思います。

また天元が柱になった理由やお館様との関係もお伝えします。

スポンサーリンク

宇髄天元の兄弟の名前や何人いる?

宇髄一族の頭領として育てられた天元(長男)は、姉1人と弟7人と自分を含む9人姉弟(兄弟)でした。

天元が15歳になる前に過酷な修行の末、7人が亡くなっています。

そのあと天元は弟と2人になってしまうのですが、残った弟はまるで生き写しのように、冷酷な父の考え方と同じように…

また、姉弟の名前や年齢に関しては明かされていませんね。

情報が出てこないのは影である忍びならではないでしょうか。

次に、天元の生い立ちについて探ってみます。

宇髄天元の生い立ち

宇髄一族の忍びの家系に生まれた天元の誕生日は10月31日(23歳)出生地は不明ですね。

忍者といえば三重の伊賀が有名ですが、影である忍びゆえに多くの情報はなく、このあとは過酷な試練と戦う天元の記録しかありません。

この時の天元は今とは真逆「地味」に目立たないように生きていたそうです。(忍びだから当然といえば当然ですね)

天元が生まれた「忍びの一族」は、絶滅の危機にあったため当主であった父はこの状況に焦り、強い忍者を育てようと天元や姉弟に厳しい訓練を強いたのです。

 

その結果9人の姉弟のうち年齢が一桁で3人が亡くなり、残りの6人で殺し合いをさせられたのですが、お互いの頭と顔に覆面をかぶり相手が誰かもわからず殺し合いになったのです。

ただ天元は2人殺した時点で父の策略に気づき激しく怒りをあらわにし狼狽しました。

しかし、冷酷非情な父に天元の叫びが届くはずがなく、ただ1人残った弟さえ父の生き写しになってしまったのですね。

父と弟の「部下は駒 妻は跡継ぎを生んだら死んでもいい 本人の意思は尊重しない」という考え方に天元は同じ考えを持つことができず、また2人を殺してしまうこともできない苦悩の末15歳で忍びの里を出たのです。

それ以来、父と弟に会うことはなかったようです。

そんな厳しい試練を与えた天元の父や母は今どうしているのでしょうか?

父親や母親は生きている?

天元の父はお伝えした通り無機質で冷酷非情な人。

物語でもその後の消息はわかってません。

ただ家督は弟に継がせたのではないでしょうか。

 

母に関しては、忍び一族の習わし通り、15歳を迎えると当主の選ぶ相手と結婚させられるのです。

条件や相性の良い相手を選ぶそうですが、忍びの一族は一夫多妻制で3人の嫁を持つことが条件です。

よって天元の父にも3人の嫁がいて、そのうちの1人が天元の母となるのでしょう。

更に父は「妻は跡継ぎを生む為に存在する」と言っていたので悲惨な生活を強いられたと思います。

兄弟が多いのも母が多いからでしょうね。

また、15歳で妻を迎えた天元は忍びの里を出る時に3人の妻も連れて一緒に里を出ています。

宇髄天元が柱になった理由

宇髄天元が忍びの一族から抜けて間もなく出会う鬼殺隊のお館様に「辛いね、天元、君の選んだ道は」と声をかけられます。(天元:当時15歳)

そして、お館様は「自分を形成する幼少期に植え込まれた価値観を否定しながら戦いの場に身を置き続けるのは」と天元と天元の妻(元忍び、くのいち)を認めてあげたのです。

今までの環境とは違いのお館様(産屋敷耀哉)の優しさに触れ、鬼殺隊として生きていくことを決めます。

身体能力は、はじめから、ずば抜けていたので柱には早い段階で上り詰めたのでしょうね。(※9人の柱で2番目に柱になったと考えられています。)

お館様との関係は

天元はお館様に今まで受けたことのない愛情を受けました。

ある日、お館様はいくつかの任務を終えた天元に(妻である3人も忍びの経験を生かして潜入捜査をしています。)「天元も捜査、ご苦労様、引き続き捜査よろしくね。」と労います。

帰ろうとする天元を呼び止めて頭をポンポンと撫で生まれてきてくれてありがとう。君は自分の生い立ちをひどく後悔してきたけれどその奇跡がなければこうして出会わなかった、ありがとう。天元、君はすばらしい子だ。」『お誕生日おめでとうというのです。

天元の親子関係からすると、お館様の言葉はきっと愛に溢れていたことでしょう。

 

天元を号泣させるほどの愛情をお館様は与え、天元も答えているので師弟を超えた親子の愛のようなものを教えてもらったのではないでしょうか。

比較的早い段階で柱になった天元はお館様を深く尊敬し慕っていたようですね。

まとめ

ド派手な音柱・宇髄天元の生い立ちからの少し切ないエピソードをお伝えしました。

天元の姉弟や父、母のこと、そして、お館様との出会い。

幼少期からの天元はお館様に会うまで暗闇にいたのかもしれませんね。

もともと優しい天元ですが、お館様の愛に触れ、鬼殺隊に入ったことで、3人の嫁をより深く愛するようになったのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました