スポンサーリンク

警察学校組の死亡順の時系列まとめ!殉職エピソードも紹介

アニメ

2022年の映画で名探偵コナンの警察学校編がテーマとなることが決まり、注目されている警察学校組のメンバー!

映画化される5人の同期:降谷零(安室透)、萩原研二、松田陣平、伊達航、諸伏景光の中で、現在、降谷零だけが生存しており、気になる4人の死亡、殉職エピソードについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

警察学校組の死亡順の時系列まとめ

全員22歳で警視庁警察学校に入校。

5人の同期の死亡順は、萩原研ニ、松田陣平、伊達航、諸伏景光の順番に死亡しており、現在生存しているのは降谷零だけになります。

それぞれの死亡エピソードについて見ていきましょう。

萩原研二の死因

萩原研ニは警視庁警備部機動隊爆発物処理班に所属していました。

名探偵コナンでは、アニメ304話「揺れる警視庁 1200万人の人質」で登場します。

彼は、爆弾処理中一度は爆弾処理を終えたものの、再度爆弾が起動してしまい、そこで殉職してしまいます。(享年22歳。命日は原作開始7年前の11月7日(アニメ版では1月6日)

この事実は、原作では描かれておらず、アニメ放送時に新しくデザインされ、特に仲が良かった松田陣平が同期であった萩原の回想シーンで明かされています。

諸伏景光の死因

長野県警捜査一課警部の諸伏高明の弟である諸伏景光。

ですが、兄(諸伏高明)とは幼少期に両親が亡くなっていたために生き別れてしまいます。

両親が殺害される現場に居合わせてしまい大きな心の傷を負った彼でしたが、降谷零の存在に救われます。

2人は幼馴染として、その後も仲良くお互いを気遣い合っている様子が描かれています。

また、彼はスコッチという名で黒の組織で潜入調査を行っていましたが、組織に公安警察としての正体がバレてしまい、自殺を図ろうとします。

同じくFBI捜査官でありながら組織で潜入調査をしていた赤井秀一が、一度は彼の自殺を思い止まらせようとします。

しかし、2人の話の途中に足音が聞こえてきて、それを組織の一員が追ってきたと勘違いをした諸伏はそのまま拳銃自殺してしまいました。(享年25〜27歳。)

その足音の正体は、実は幼馴染の危機を心配して駆けつけた安室透だったのです。

結果的に安室には赤井なら諸伏の自殺を止められだはずだと、その後の2人の複雑な関係に繋がっていきます。

松田陣平の死因

松田陣平も萩原と同じく、「揺れる警視庁 1200万人の人質」で初登場します。

彼は7年前の事件で、警察学校の同期で仲の良かった萩原を亡くしてから、その犯人を追いかけてきました。

犯人の手掛かりを掴むために、彼は爆弾事件担当の特殊犯係への転属を希望していたのですが、その希望は却下され、頭を冷やす為に臨時で強行犯係に配属されます。

そこでは、佐藤刑事の部下となり、ちょっと生意気で手がかかるけど可愛い後輩に対して、お互いが異性として意識し合っているともとれるシーンがあります。

しかし、ある事件で、犯人が観覧車に爆弾を仕掛け、その解除を行うために一人で観覧車に乗りこみます。

爆弾自体は処理できていたものの、次の爆弾を仕掛けている場所の情報を犯人から得るために、犯人の指示に従い観覧車に乗り続けます。

しかし、そこで爆弾に次の爆弾場所のヒントが示された瞬間に再度爆弾が起動してしまい殉職してしまいます。(享年26歳。命日は、萩原研二と同じ11月07日(アニメでは01月06日)。

彼は死の直前に、佐藤刑事にメールで、その爆弾に示されていたヒントと、彼女への想いを送っていました。

アニメの中ではそのメールを佐藤刑事が今も大切に保存しており、彼のことを想い続けている様子が描かれています。

伊達航の死因

伊達航は、降谷零の警察学校の同期で彼とは成績で1.2位を争うほど優秀でした。

その後は警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係に配属され、高木渉の世話係として、ワタル・ブラザーズを組むほど面倒見のいい性格でした。

そんなある日、高木刑事と徹夜で張り込みをして、その後に高木に自分の婚約者であるナタリーの写真を見せよう警察手帳を取り出そうとして、横断歩道に落としてしまいます。

それを拾おうとしたところに、居眠り運転をしていたトラックが突っ込んできて轢かれてしまいます。

死を悟った伊達は自分の警察手帳を高木に形見として残します。(享年28歳。)

この高木刑事と伊達航との思い出は682話・683話『命を懸けた恋愛中継』で触れられています。

降谷零の死亡フラグ

最後に、5人の同期の中で唯一生存している降谷零について考察します。

警察学校時代の同期の5人中4人が既に亡くなっており、降谷零についなても気になるところですよね。

ネット上では降谷の死亡フラグが上がっているのですが、その説について検証していきます。

まず一つ目はコードネームに見られる法則についてです。

黒の組織は重要なポジションにいるメンバーには、お酒の名前のコードネームがつけられます。

その中で、原料が麦のコードネームの場合は生存率が100%なのですが、麦以外もしくは混在の場合は100%死亡しています。

今までも、テキーラ、ピスコなど幹部でありながら死亡したメンバーは全て、麦以外の成分が含まれたお酒の名前でした。

ここでバーボンを考えると半分ほど、とうもろこしが含まれていて、今までの法則に従うと死亡するのではないか?と考えられています。

もう一つはバーボンがベルモットのある秘密を知っていて、彼が死んだ場合にそれが明らかになるように仕組んであるとベルモットに発言していた点です。

もしかしたら、組織を潰すために敢えて死ぬことによって、内部に情報を漏らすということも考えられなくはないです。

まとめ

現在では別巻として連載もされており注目が高まる警察学校の同期組。

降谷零の今後と、これから明らかになる同期組の秘密が気になるところですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました