スポンサーリンク

宇髄天元の嫁3人の名前と年齢は?雛鶴/須磨/まきをは死亡する?

アニメ

「鬼滅の刃」宇髄天元は『遊郭編』で活躍した柱で、天元には3人の嫁がいるのだが、嫁の名前や年齢について見ていきましょう。

また、嫁が3人いるのはなぜなのか?その後は死亡するのか、3人の嫁の活躍についても深堀します。

スポンサーリンク

宇髄天元の嫁3人の名前と年齢は?

結婚した順番などは分からないので、年齢が高い順から見ていきましょう。※同時に3人と結婚した可能性もあります。

 

雛鶴(ひなづる)21歳は忍者の家系で宇髄家に次いで序列の高い家の出身です。
3人の嫁の中では最年長で、思慮深く、落ち着きがあり、機転が利く美人さんで戦闘能力も高い。

まきを20歳は天元の親戚にあたる。きりっとした大きな目が特徴。短気だが身体能力は高い、ここぞというときは優秀な、くのいち(忍者)のため、絶体絶命でも我慢強いのである。

須磨(すま)19歳は、天真爛漫な末っ子タイプ。
豪快に泣く姿や飾らないキャラが可愛らしく、本当は須磨の妹が嫁ぐ予定でしたが、泣きわめき暴れて妻の座を手に入れました。一途なタイプです。

宇髄天元の嫁はなぜ3人いる?

では、なぜ天元には、3人も嫁がいるのでしょうか。

天元が育った忍びの一族は、15歳になると一族の長が選ぶ3人の「くのいち(女性の忍者)」を嫁にするのが決まりだったためです。また、嫁を3人持つことで、たくさん子供を産むこと、また優秀な子孫を残すことが、一族の目的だったためです。

天元もその掟に従ったのですね。

ちなみに、天元の子孫(宇髄天満)には7人の兄弟がいます。

現在はありえませんが、このことからも当時の忍びの一族は、一夫多妻制ということになります。

宇髄天元の嫁との馴れ初めは?

天元と嫁との馴れ初めは特別に何かあったわけではありません。

一族の長(天元の父)が相性を考え選ぶのです。

恋愛結婚ではありませんが、天元は嫁の命を1番に考えています。

嫁の尻に敷かれてるわけでも、亭主関白なわけでもないけど、自然体でとても仲の良い夫婦です。

また3人の嫁も姉妹のように仲良くしていますね。

宇髄天元の嫁は死亡する?

天元と同様、忍び一族出身の嫁3人は、一通りの戦闘術や、密偵などはできるように経験しております。

遊郭に潜入した時も、鬼殺隊のように鬼を倒すことはできませんが、戦闘の補助をしていました。

女忍者(くのいち)は男より力が劣るため最低限、命をささげるつもりで戦うことを教育されていますが、その後、天元が引退しても4人で仲良く暮らす姿が描かれているため、死亡した事実はありません

天元が以前、「俺が遊郭に客として鬼を見つけに入ったときは鬼の尻尾を掴むことは出来なかった、俺の嫁は3人共、優秀な女忍者(くのいち)だ。だから客よりもっと内側に入ってもらった」と告げます

3人はどんな活躍をしたのか見ていきましょう。

嫁・雛鶴の活躍は?

雛鶴は、吉原遊郭で京極屋に潜入していました。(※善逸が潜入)

雛鶴の武器は毒入りの苦無(くない)を大量に発生させることとボーガン式の武器を扱えます。

蕨姫花魁(堕姫)が鬼だと気づきましたが、向こうからも怪しまれ、目を付けられたため、毒を飲み、病に罹ったふりをし脱出を試みますが、帯を渡され監視されていました。

天元に助けられ「吉原を出ろ」と指示されていましたが天元を放って出ていく事は出来ず、戦いの前線に戻りました。

そして、妓夫太郎(上弦ノ睦)に向かい、雛鶴の独自の武器であるボーガンで大量の苦無をばら撒きます。

この苦無には藤の花の毒が塗られており、一時的に妓夫太郎の再生能力を低下させましたし、また、炭治郎にも1本渡しており、妓夫太郎への反撃の糸口として使われました。

妓夫太郎に顔を掴まれた雛鶴を天元が見たときに雛鶴の言葉が回想されました。

「上弦の鬼を倒すことが出来たら一線から引いて普通の人間として生きていきましょう」「そのとき、4人が揃ってなくても、恨みっこなしです」と、しっかりした雛鶴の死をも覚悟した愛情深い言葉ですね。

この時はヒヤヒヤしましたが、絶体絶命のピンチを炭治郎に助けられています。

嫁・須磨の活躍は?

須磨ときと屋に潜入していました。(※炭治郎が潜入)

末っ子気質で泣き虫の須磨は遊郭でかなり人気があったようです。

花魁にまで上り詰めていました。

しかし、須磨がいなくなっていた。

女装して潜入した炭治郎(炭子)が遊女や花魁に聞くところによると、足抜け(借金返済せずに男と逃げる)と噂になっていたのです。

そんなはずはないと天元と炭治郎は鬼を疑いました。

そして鬼が新鮮なまま人間を帯の中に保管している場所に辿り着き、帯の中の人間を守っていた蚯蚓帯(みみずおび)と戦います。

人を守りながらの戦いに苦戦している伊之助の前に「わたし、あんまり戦えないですから期待しないでくださいね。」と須磨が泣きながら現れました。

鬼の居所を突き止めた須磨は天元に「ド派手によくやったな」と褒められ喜んでいましたね。

余波に巻き込まれた人たちを誘導し、逃がしてあげたり、一番頼りないですが須磨の存在そのものが周りをほっこりさせていますね。

嫁・まきをの活躍は?

まきをは、荻本屋に潜入していました。(※伊之助が潜入)

勝気、意地っ張りで、気が強そうなまなざし。

短気ですが行動的で姉御肌。

須磨の面倒もよく見ています(いつも怒鳴っている)

荻本屋では、蚯蚓帯(みみずおび)に捕まってしまいますが、拷問にも必死で耐えていました。

その後、帯の中で伊之助に「みみずおびとはよく言ったもんだ」と登場!周りの人たちを安全な場所は誘導するのです。

まきをが無事だったと知った天元は「喜び」、まきをは天元に言われていた言葉(任務遂行より命)や嫁3人の言葉を回想しています。

忍びの教育を受け「死ぬことは怖くなかった嫌じゃなかった」、男より劣るくノ一は命を賭けるのは最低限の努力と考えていました。

しかし、天元と出会い優しさ(3人の嫁の命が一番大事)に触れたまきをは、持ち前の行動力で果敢に任務を遂行し、全員で上弦の鬼を倒すことに成功しました。

まとめ

宇髄天元は、なぜ3人も嫁がいるのか、『遊郭編』では潜入捜査を受けた3人が奮闘する様子が描かれています。

3人の嫁はライバル視するのではなく、天元を慕う姿や周りへの気遣いなど、元女忍者(くのいち)から、天元を信じてついてきた思いまで、戦いの中でもお互いを信じる気持ち愛に溢れていました。

3人の嫁が仲が良いのは天元に魅力があるからでしょうね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました