スポンサーリンク

宇髄天元の最後は死んだ?音柱を引退した理由について考察

雑記

人気アニメ漫画「鬼滅の刃」2期は「遊郭編」と言われ、音柱の宇髄天元を中心に物語が展開されますね。

遊郭編では激闘の末、左腕が切られてしまいますが、鬼舞辻無惨との戦いには参加していないく最後はどうだったのでしょうか。

また、その後、柱を引退していますが、なぜ引退してしまったのかについても考察していきます。

スポンサーリンク

宇髄天元の最後は死んだ?

アニメ2期「遊郭編」で活躍する音柱の宇髄天元は、ド派手な見た目とかっこよさで人気がありますが、最後はどうだったのでしょうか。

ここでは簡単に宇髄天元についてまとめていきます。

・名前:宇髄天元(うずいてんげん)
・誕生日:10月31日
・年齢:23歳
・身長:198cm
・体重:95kg
・柱:音柱

体格にも恵まれており、腕力なら柱の中でも1、2位を争う実力の持ち主、ド派手な容姿と男らしさで、3人の嫁をめとっていますね。

<宇髄天元の嫁>
・須磨

・まきお
・雛鶴

宇髄天元は、元忍で鬼の情報を得るため3人の嫁を潜入捜査員として送り出していますが、命の優先順位は1位「嫁たち」2位「堅気の人間」3位「自分」ということで、一番3人の嫁たちのことを大事にしています。

恋愛結婚ではありませんが、15歳で3人の嫁をもつことが決まっており、一族の長が天元と嫁との相性を考慮して決めています。

潜入捜査の際も、3人の嫁に「お前らの命が一番大事だから死ぬなよ」と伝えており、男らしさも垣間見えリーダーとしての能力も高い人物です。

 

話は本題に戻りますが、宇髄天元は「遊郭編」で引退しており、鬼舞辻無惨とは戦っていいませんが、最後は何をして過ごしていたのでしょうか。

天元は、遊郭編で腕を切られるなど、かなり深いダメージを負うことになります。

宇髄天元は片腕を切られてしまう

鬼滅の刃原作9巻で上限の鬼「妓夫太郎」に左腕を切断されてしまいます。

それに、左目を失い、臓器も激しくダメージを受けているので、この怪我が引退の理由に大きく関わっていると考えられていますね。

幸いにも、その怪我では致命傷には至っていはいないので、死んではいません。

引退後は、主に、鬼殺隊の後輩たちの育成や、お館様の護衛という任務につくことになります。

柱稽古で鬼殺隊の後輩の育成

柱稽古とは、柱による鬼殺隊の隊士を育てるための稽古。

詳しい私生活までは分かりませんが、「柱稽古」(15巻)にて再登場しており、隊士たちに対して基礎体力向上の修業をつけています。

鬼殺隊の隊士は、柱を順番に巡って稽古をつけてもらえますが、柱も忙しいので、継子以外の隊士に稽古をつけることはできていませんでした。

しかし、禰豆子が太陽を克服してから、鬼の出現が止まったことで、柱稽古が復活しました。

宇髄天元が行っていた柱稽古は、スパルタで有名ですが、基礎体力向上を目的とした稽古が行われ、技術面は他の柱が担当する流れで行われています。

お館様の警護

鬼舞辻無惨との最後の戦いには、参加していませんが、産屋敷家の屋敷で、お館様の警護を行っていました。

当初登場していたお館様の産屋敷耀哉から息子の産屋敷輝利哉に代替わり、わずか8歳で父親の産屋敷耀哉の死後に鬼殺隊のお館様となり、少年のため警護が必要になっています。

産屋敷耀哉がお館様のときは、常に鬼から命を狙われている身でしたが、護衛をつけることはありませんでした。

そのため、お館様を危険にさらすまいと、宇髄天元は、鬼舞辻無惨との最後の戦い時に、お館様の産屋敷輝利哉を元炎柱で煉獄槇寿郎(煉獄杏寿郎の父)と警護をしています。

 宇髄天元が音柱を引退した理由は?

宇髄天元が音柱を引退し理由は、上弦の鬼「妓夫太郎」との戦いで負ったダメージが大きく、これ以上鬼との戦いが困難になったからです。

左目と左腕を失ったことは、かなり大きな理由になりますが、引退した理由は他にもあると考えられます。

3人の嫁たちとの約束が引退の理由

元忍だった宇髄天元は、辛い過去がありますが、忍を抜けた理由は、人の命を尊重しない人間になりたくという信念があります。

忍時代に、人を殺めてしまい、その罪を償う意味も含め鬼殺隊に入隊しています。

なので、他に隊士とは違い、鬼に身内を殺されたりしていないので、是が非でも、鬼舞辻無惨を倒したいという気持ちはありません。

鬼殺隊の一員となり、3人の嫁たちからある提案をされます。

「忍時代に奪った命は戻ることはない しかしけじめをきちんとつけなければ陽の下を歩けない 上弦の鬼を倒すことができたら、一線から退き普通の人間として生きていこう」

と言われており、その約束に応える形で引退すると決心に至ります。

自分が怪我したことで、このまま進めば3人の嫁たちを守れなくなることを危惧しての決断でもあると思われます。

炭治郎たち若手が育っているのも引退の理由

遊郭編では、炭治郎、善逸、伊之助の活躍もあり上弦の鬼「妓夫太郎・堕姫」を倒しています。

今までは、柱クラスの隊士でも勝てない上弦の鬼でも、炭治郎たちの力で見事勝利を納めています。

自分ひとり(柱・宇髄天元)では必ず負けていたと、それを気付かされたことも大きな要因だと考えらます。

若手がなかなか育たず炎柱が空席の状態となっていたこともあり、柱を引退する決断に至ったのは、紛れもなく炭治郎、善逸、伊之助が柱クラスに育ったから引退を決意したのかもしれません。

宇髄天元自身に引退には後悔はなくやりきった感があるので清々しいですね。

まとめ

宇髄天元の最後は戦いで大きなダメージを負い、音柱としては引退していましたが、若手の育成とお館様の護衛をしていました。

柱は引退していますが、鬼殺隊には在籍しており、鱗滝左近次、煉獄槇寿郎と同じく影で支える存在になっていますね。

引退は怪我の理由が大きいですが、嫁たちとの約束、若手が育っている理由などから、自分の使命を全うし潔く退いているので、引き際もかっこいいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました