スポンサーリンク

堕姫と妓夫太郎の過去がかわいそう!上弦の中では弱い?

アニメ

「鬼滅の刃」アニメ版・第2期『遊郭編』に登場する上弦ノ睦、堕姫(だき)と堕姫の身体の中に住む兄/妓夫太郎(ぎゅうたろう)の過去・鬼になった経緯について見ていきましょう。

また、宇髄天元や炭治郎たちを苦しめた上弦ノ睦「堕姫・妓夫太郎」は強いの弱いのか考察していきます。

スポンサーリンク

堕姫と妓夫太郎の過去がかわいそう!

堕姫と妓夫太郎が登場する「遊郭編」では、2人が鬼になった経緯が描かれており、壮絶な人生を送っていた過去について明かされます。

他の鬼とは違い、兄弟(兄・妹)の鬼ということで、同情は出来ませんが過去がかわいそうというくらい壮絶な人生を送っているので、まずは、過去の生い立ちなど見ていきます。

妹(堕姫/梅)兄(妓夫太郎)の過去は?

妓夫太郎はもともと望まれて生まれてきたわけではなかった。

2人の母親は遊郭で遊女をしており、「羅生門河岸」という最下層で生まれており、遊郭の中でも最も貧しい場所という壮絶な境遇。

子供なんて、生きてるだけで飯代がかかるので迷惑千万 。
生まれてくる前に何度も殺されそうになり、生まれてからも邪魔でしかなく、何度も殺されそうになり、それでも俺は生き延びた。枯れ枝のような弱い体だったが必死に生きていた。

(妓夫太郎の言葉)漫画原作より。

そう語る妓夫太郎は梅(堕姫)が生まれるまで地獄のような生活をしていたのだ。

梅が生まれ母親がまだ赤ちゃんだった梅を殺そうとする中、妓夫太郎は必至で守り、梅をとても可愛がっていました。

小さいころから2人で肩を寄せ合いながら生き、お腹が空けば虫でも食べた。

梅は片時も妓夫太郎から離れなかったという。

梅は大きくなるにつれて遊郭でも目を見張るほど美しくなっていき、妓夫太郎も強かったため、金銭の取り立てを仕事としていて、これからまともな生活が送れるのではないかと思われた矢先…

遊郭で働き始め、梅が13歳のときに、たちが悪い客の侍から逃れるために、目を簪で突いて目玉を怪我させてしまい、生きたまま燃やされてしまうのです。

そのまま丸焦げの梅を抱え、自分もその侍に背中を切られ、瀕死の状態になりますが、反撃し敵を打ち、梅を抱え雪の中をさまよい力尽きてしまいました。

兄妹に対しての仕打ちが残酷過ぎますね。

堕姫と妓夫太郎を鬼にしたのは誰?

その後2人と行き会ったのは、まだ上弦ノ睦であった童磨です。

「どうした、どうした、俺は優しいから放っておけないぜ」と童磨は雪の中で死にかけている2人に語りかけました。

童磨は2人に鬼になるように勧め、妓夫太郎は、今まで人間に奪われてきたものをすべて取り返すつもりで鬼になる決心を固めます。

梅はこのとき息絶えていたので、兄に従う形で鬼になりました。

雪の中、死にかけていた2人を童磨が、無惨に会わせ2人同時に鬼になったのです。

堕姫の名前の意味は?

吉原遊郭で遊女として働いていた梅(堕姫)の名前の意味について見ていきます。

堕姫の名前の由来は、堕(おちる)姫という意味です。

字の如く人間から鬼に落ちていったということです。

また堕姫の生い立ちや育ちにも関係しているのではないでしょうか。

堕姫は、吉原遊郭で働いていて人間の時は、元々可愛い女の子(姫)だったのに、お客様に怪我をさせてしまい、生きたまま焼かれてしまった。

その時の美しい姿(美貌)が崩れる様も名前に置き換えられたのではないでしょうか。

鬼になってからは、お店に次々と誘い込み人を食べてしまって更に鬼に落ちてしまう。

なので堕姫→おちるひめと言う由来もある。

 

また、堕姫の本名(人間の時)は「梅」であるが母親が遊女だった時に梅毒になり(吉原遊郭での流行り病)、亡くなったと言われていて、その為に本名が「梅」だったとの由来があります。

後に妓夫太郎が「梅も醜い名前だ」と語っていますね。

 

※十二鬼月の鬼の名前は全員鬼舞辻無惨が名付けています。

妓夫太郎の名前の意味は?

一方で堕姫の兄である妓夫太郎の名前はどこから付いた名なのでしょうか。

妓夫太郎は、親から名前すら付けてもらっていないそうです。

そのため遊郭で客引きや護衛をする男のことを、牛太郎や、妓夫太郎と呼んだことから、この仕事が名前の由来になっている。

貪欲で仕事ができた妓夫太郎に無惨は人間の時のままの名前をつけたとされています。

堕姫と妓夫太郎は上弦の中では弱いの?

無惨が与えた称号の十二鬼月の中で上弦ノ睦、6番目に強いとされる鬼である。

また、上弦ノ鬼は柱3人ぶんの強さを持ちます。

上弦ノ鬼は100年以上入れ替わっていないと言われているので、なかなかの強敵ですね。

鬼になった妓夫太郎の名はそのままで、梅は堕姫と名を無惨にもらい、表には堕姫、何か起きると妓夫太郎が中から出てくる。

兄妹が決して離れない姿の鬼となり遊郭で柱さえも食べて生き長らえ、葬ったのは柱だけで22人。

倒すには2人の首を同時に切らないと倒せないので、当時の柱たちも苦労したことは想像に難くない。

堕姫の血鬼術や強さは?

堕姫が葬った柱は7人。

堕姫は常に兄に守られ生きてきた。

鬼になってからも戦闘になると兄が出てくるのだが、そんな堕姫が戦う時に使う血鬼術と強さをお伝えしましょう。

堕姫の戦闘シーンには帯を使う術が多い、この精密に帯を操る使い手であるが、「八重帯斬り」という血気術を使う。

帯の中に人を封じ込め「ミミズ帯」という化け物を生み出したり、斬撃に至っても建物を壊す破壊力はある。

しかし無惨には「はじめから妓夫太郎が戦っていれば勝てた」と言われていることもあり、兄は認めるが堕姫の方をほめたりはしない。

むしろ堕姫を「頭の悪い子だ」「足手まとい」とさえ思っている。

なので、上弦ノ睦に上ったのは兄の力によりますが、2人のコンビネーションが遊郭ではうまく機能していたのでしょうか。

妓夫太郎の血鬼術や強さは?

妓夫太郎が葬った柱は15人。

一方、帯を使う堕姫の体の中にいる妓夫太郎は、2本の鎌を使って攻撃をする。

投げた鎌がブーメランのように戻り巧みに操るのだ。

妓夫太郎は毒を塗った「血鎌」・「飛び血鎌」・「跋孤跳梁(ばっこちょうりょう)」・「円斬旋回・飛び血鎌」を使い周囲にいるものを一掃するほどの力を持っていたのだ。

無惨のお気に入りで、本来なら更に上に行ける鬼だったとされている。

 

『遊郭編』で炭治郎、伊之助、善逸が集結して妓夫太郎を追い詰めても、顎を切ることは出来なかった。

むしろ3人のダメージの方が大きく、宇髄にさえ血鎌で毒をあたえ危ういところまでダメージを与えている。※炭治郎・宇髄天元は瀕死状態

最終的には、宇髄天元と炭治郎により打ち取られるが、竈門炭治郎、我妻善逸、嘴平伊之助、嫁3人の活躍も勝利に大きく貢献していると思われます。

最後は、禰豆子の回復させる力がなければ、炭治郎と天元は絶命していたかもしれません。

まとめ

「鬼滅の刃」の『遊郭編』に登場する十二鬼月・上弦ノ睦「堕姫と妓夫太郎」の過去や名前の意味や、2人の生い立ちが、あまりにも酷すぎて、鬼になってしまった経緯も同情ものです。

炭治郎たちを苦しめた「堕姫と妓夫太郎」は倒されたものの、宇髄天元を引退に追い込んでいるので、なかなかの強敵でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました