スポンサーリンク

煉獄杏寿郎の父親はなぜ柱を辞めた?煉獄槇寿郎の強さについても

アニメ

「鬼滅の刃」の『無限列車編』で活躍した炎柱・煉獄杏寿郎の父も過去は鬼殺隊の柱であった。

では、なぜ父である煉獄槇寿郎(れんごくしんじゅろう)は、柱でありながら引退したのか?

また、煉獄槇寿郎の強さはどのくらいだったのか?

煉獄杏寿郎と父(槇寿郎)の呼吸・技はどちらが強いのかなどを深堀します。

スポンサーリンク

煉獄槇寿郎が柱を引退したのはなぜ?

煉獄杏寿郎の父であり炎柱だった槇寿郎は、なぜ柱を引退してしまったのでしょうか。

煉獄家は代々、鬼狩りの剣士の一家であり、父の煉獄槇寿郎も炎柱として鬼殺隊で活躍していました。

まだ、小さかった杏寿郎や弟の千寿郎にも剣術や呼吸を教え、良き父であり、鬼狩りの柱として人を助けたり、剣術に励んだという過去がありますね。

 

過去には、伊黒小芭内を蛇女から助けたり、無限列車に煉獄杏寿郎が乗り込む前にいた駅弁を売っていたおばあちゃんも父(槇寿郎)に助けられたと語っています。

では、引退の原因は何か?

そこには真面目過ぎる槇寿郎の挫折がありました。

 

自信をなくした槇寿郎は柱を続けていけなかった…

酒浸りの日々で任務である時にも酒を手放せず、杏寿郎が、独学で修行して柱に上り詰めたときに羽織を渡し引退したとされています。

なぜ、挫折したのかその理由について見ていきます。

煉獄槇寿郎が挫折した理由

槇寿郎が自信をなくした原因は先祖から受け継いだ指南書に書いてある内容を読んだからです。

その書物には、先祖が妻を亡くした縁壱を鬼狩りに導いたことからはじまり、その縁壱が呼吸や剣術を習得したことなどが書かれていました。

その成長はすざましく「日の呼吸」の使い手となった縁壱は無惨と戦えるほどの実力を持ったのです。

考えられる原因は2つ↓

・呼吸を極めた者には痣が出来るとも記されていて、槇寿郎には痣が出来なかったこと。
・縁壱ほどの実力があり痣があるのにもかかわらず、とうとう縁壱が無惨を倒せなかったこと。

真面目な性格ゆえに自分はそれほど強くないと自信をなくし、どんなに修行をしても無能なのだと思い込み、それが大きな挫折になりました。

同時に杏寿郎の母でもある妻(瑠火)が亡くなった事も重なり転落した酒浸りの生活をするようになったのです。

 

しかし、柱まで上り詰めた槇寿郎は柱としてどのくらい強かったのか見ていきましょう。

煉獄槇寿郎の強さは?

煉獄杏寿郎の父は、元々は鬼殺隊の炎柱であった。

槇寿郎自身は無能だと思っているが、当時の回想シーンなどを見ると槇寿郎は強かったと出ていますね。

(原作より)鬼殺隊の蛇柱の伊黒小芭内が子供の頃の回想での記憶によると炎柱の戦闘シーンが描かれている。

伊黒の生まれが「蛇鬼」が管理する屋敷だったのだが、伊黒は座敷牢を抜け出し屋敷から逃亡しました。

蛇鬼が気づき追いかけられ伊黒は殺されかけたのですが、その時に現れたのが炎柱(煉獄槇寿郎)で伊黒を食べようとしていた蛇鬼は一瞬でバラバラにされています。

すんでのところで当時の炎柱に救われた」と伊黒は回想していますね。

また、(煉獄杏寿郎・外伝より)既に柱をやめたとされるとき、もしくは柱をやめる少し前(酒の瓶を手にもっている)に、後に下弦ノ弐である鬼をなます斬りにしている。

後に、ハイロウという鬼が「あの髪、あの目、間違いない、あの鬼狩りだ、俺の肉と心まで、なます切りにした憎き鬼狩り」と槇寿郎のことを回想しています。

戦国時代の鬼狩りである柱は、ほとんどが殺されてしまっているが、槇寿郎は無傷だというのも強さを物語っている。

杏寿郎と父である槇寿郎は、どちらが強いのでしょうか。

煉獄杏寿郎の呼吸・技は父より強い?

煉獄杏寿郎と父である煉獄槇寿郎のどちらが強いのかは計り知れないところであります。

過去の回想や、怪我をしていない槇寿郎の姿を考えると相当の強さを感じますが、『無限列車編』での杏寿郎は・・・とても強かった。

ここで杏寿郎の呼吸と技を見ていきながら考察しますが、炎の呼吸は炎柱だった父(槇寿郎)も使っています。

剣術に至っては杏寿郎も父の教え以外でも相当な修行をしたと考えられる。

数少ない槇寿郎の回想シーンでも蛇鬼を一瞬でバラバラにしたのと、『無限列車編』で切り裂き魔を倒した煉獄の技は不知火だったが、助けた弁当売りのおばあちゃんは同じ技で20年前に助けられたことがあると話していますね。

しかし、杏寿郎には母の心が技に乗っているため、父を超える強さがあったのではないかと考えられます。

弱き人を助けるためです。生まれついて人よりも多くの才に恵まれた者は、その力を世のため人のために使わねばなりません。天から賜りし力で人を傷つけること私腹を肥やすことは許されません。弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です責任を持って果たさなければならない使命なのです。決して忘れることなきように、母はもう長く生きられません強く優しい子の母になれて幸せでした。あとは頼みます
出典:鬼滅の刃 8巻64話 吾峠呼世晴 株式会社集英社 より引用

煉獄杏寿郎はこの言葉を全うしました。

そして、挫折を味わい父は鬼殺隊の柱を辞めますが、この想いを杏寿郎に託した母は、父の弱いところも知っていたのかもしれませんね。

 

その後の槇寿郎はどうなったのでしょうか。

煉獄槇寿郎の最終決戦や最後は何してた?

無限列車で猗窩座(あかざ)に敗れ死んでしまった杏寿郎亡き後、槇寿郎は何をしていたのか。

杏寿郎の遺言を伝えに炭治郎が煉獄家に向かうと槇寿郎の対応は悪く、どうせ俺への恨みだろうと杏寿郎の悪口までいう始末、更に大した才能もないのに剣士なんかなるから死ぬんだとののしります。

怒った炭治郎は頭突きで槇寿郎を倒しましたが、杏寿郎の「体を大切にしてほしい」という遺言を聞き父親らしい一面をみせていた。

そこから槇寿郎は心を入れ替えます。

炭治郎にお詫びの手紙を出していますね。

炭治郎くん先日はすまなかった。杏寿郎のために泣いてくれてありがとう。この四ヶ月、千寿郎とも手紙のやり取りをしてくれていたそうだね。あの子も随分元気になった。
初対面であの様な事になってしまい恥ずかしく思う。
自分の無能さに打ちのめされていた時、畳かけるように最愛の妻が病死した。
それから酒に溺れ、うずくまり続けた私はとんでもない大馬鹿ものだ。杏寿郎は、私などとは違い素晴らしい息子だった。私が教えることを放棄した後でも炎の呼吸の指南書を読み込み鍛錬をして柱となった。たった3巻しかない本で…瑠火の…母親の血が濃いのだろう。杏寿郎も千寿郎も立派な子だ。
漫画『鬼滅の刃』より

その後、産屋敷邸の護衛として無惨からお館様を守るという決意をして生まれ変わるのです。

最後は新当主・産屋敷輝利哉を逃がしているところで、お館様産屋敷耀哉は亡くなり、最後は輝利哉の護衛をしていました。

 

<関連記事>

煉獄杏寿郎の強さについて考察した記事はこちら↓
煉獄杏寿郎の柱の中での強さは?明言や戦闘シーンから解説

まとめ

「鬼滅の刃」の元炎柱・煉獄槇寿郎は、引退後は酒浸りの日々を送っていましたが、自分の強さと弱さの間で葛藤がずっとあったのではないか。

最愛の妻を亡くしたことが原因のひとつとしてあるが、杏寿郎の回想にもあるように、昔はこんな人ではなった、情熱を絶やさない熱き心の人だったと記憶しており、最後まで父のことを想っていました。

その父と母の意思を継いでいる杏寿郎は父を超える柱として最後まで戦い抜いています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました