スポンサーリンク

松本清長管理官の正体はラム?消えた現在その後は?

アニメ

「名探偵コナン」松本清長管理官といえば、大柄な体型に左目の大きな傷、強い正義感の持ち主で、目暮警部や佐藤刑事、高木刑事の上司として有名ですね。

今回はその松本清長管理官の正体について、実はラムなのではないか、最近姿を現さなくなったが、その後はどうしているのか迫っていきます。

スポンサーリンク

松本清長管理官の正体はラム?

まずは、名探偵コナンのファンの中で考察されている松本管理官がラムではないかという考察について迫っていきます。

その前に一度、これまでに出てきている「ラムの特徴」について、改めておさらいしましょう。
※一部、ネタバレを含みますのでご注意ください。

【ラムの特徴】
1.「屈強な大男」「女のような男」「年老いた老人」「それら全て影武者」という噂
2.片方の目が義眼
3.バーボンには「せっかちな人」と言われている
4.バーボンに工藤新一の情報を2度メールで求め、いずれの文面にも「Time is money(時は金なり)」と記されていた
5.丁寧な口調で女性的な印象もある。(声は変声器を使用しているため、本当の声は不明)
6.1066話では、ウォッカ曰く、「ふざけた名前」を名乗っている

さて、これまで出てきたラムの特徴を見ますと松本管理官がラムである可能性は低い・・・!?

次の内容では、「松本管理官=ラム」の噂の真偽について迫っていきます。

徐々に明かされる黒の組織について、最近の名探偵では目まぐるしく進んでおります!

松本清長は黒の組織のラム?

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

先述した1066話ではラムの正体を明かしております。

その正体は、毛利小五郎探偵事務所のビルの隣に店を構える「いろは寿司」に勤める『脇田兼則』でした。

ここではその内容に深くは触れませんが、これまで噂されていた松本管理官=ラムが否定されたことになりますね。

補足情報となりますが、松本管理官の左目の傷は、松本管理官が若いころ追っていた連続殺人犯につけられた傷です。

目に負傷は負ったものの、義眼ではないようですね。

こちらはあくまで推測となりますが、松本清長のモデルとなったのは、芥川賞小説作家松本清張さんです。

偉人作家だけあってなかなか黒幕の1人にするのは難しいでしょう。

松本清長管理官は消えた現在その後は?

松本管理官は、警視正に昇級後、その姿を現していません。
仮説となりますが、3つの原因が考えられます。

昇級に伴う登場頻度の減少

一時期、松本管理官は捜査一課長も兼務していたそうです。

しかし、現実世界では、管理官との兼務は不可能であり、作品にリアリティーを持たせるため、黒田管理官が警視庁入りしてからは、昇級したタイミングで登場頻度が減っています。

毛利小五郎を退職に追い詰めたから!?

関係あるかは不明ですが、毛利小五郎を警察官から退職に追い詰めたのは、松本管理官だと言われております。

現在の毛利小五郎の活躍から、松本管理官は上層部から、「なぜ優秀な部下を退職に追い詰めたのか」と責められていたかもしれません。

声優の交代

加藤精三さんが亡くなられてからは声優担当が変わったこともあり、徐々に作中からフェードアウトしていったようです。

人事異動後は、作中で松本管理官の異動先や部署について、明言されているわけではございませんが、読者の松本管理官は「左遷させられたのか」という質問に対して、作者は「いえ、もっと上に行ったんだと思います」と回答しております。

松本清長の声優

アニメ名探偵コナンで松本清長の声優は、加藤精三さんが担当しておりました。

加藤精三さんは、1927年2月14日生まれで、当時の東京府東京市(現 東京都)出身です。

残念ながら、2014年1月17日に亡くなっていますが、加藤精三さんは声優に留まらず、映画や舞台、CM、特撮など幅広い分野で活躍されておりました。

加藤精三さんの演じた他のキャラクターを一部紹介させていただきますので参考までにご覧ください。

〇巨人の星(星一徹)
〇ドラえもん(野比のびる おじいちゃん)
〇忍たま乱太郎(ドクタケ城主)
〇サラリーマン金太郎(三田善吉)
〇ゴルゴ13(ジェローム・ナイト署長)

 

松本管理官と黒田管理官の階級

管理官というポジションは、松本清長→黒田兵衛にバトンタッチしています。

それに伴い、階級も一つ上に昇格していますね。

松本管理官の階級は警視正、黒田管理官の階級は警視となります。

警察の階級は、警視総監、警視監、警視長、警視正(松本清長)、警視(黒田兵衛)、警部、警部補、巡査部長、(巡査長)、巡査の順となります。

キャリア組(国家公務員)とノンキャリア組(地方公務員)という言葉はよく耳にしますが、キャリア組は警部補の階級からスタートするのに比べ、ノンキャリア組は巡査からスタートします。

いずれも警察組織図から考えると警視正や警視は、部下を管理する立場の役職となるでしょう。

名探偵コナンでは、松本管理官が昇級し、その後任に黒田管理官が着任しております。

まとめ

今回は、松本管理官の正体やその後について、触れてまいりました。

名探偵コナンファンの中で考察されていた松本管理官=ラムは違う結果となっていますね。

また、松本管理官は作中での人事異動で動きがあったことや声優担当が亡くなられたことをきっかけに徐々に登場の頻度が少なくなってまいりました。

あの警察官の鑑とも言える正義感の強さや部下からの人望の厚さから根強い人気の松本管理官、今後の作中の登場に期待ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました