スポンサーリンク

工藤優作は黒の組織潰せる?最強でチート級の推理力まとめ

アニメ

「名探偵コナン」であまり登場するシーンは少ないが、作中最強キャラと言われている工藤優作。

工藤新一の父親でもあるが、推理能力などはコナンよりも高く、本気を出せば、黒の組織を潰せるのではと言われており、その最強説について迫りたいと思います。

工藤優作は黒の組織潰せる?

工藤優作は『名探偵コナン』の中でも、ずば抜けての推理力と考察力があるので黒の組織を潰すことは可能だと言われていますが、優作自身が自分で黒の組織を壊滅させることはしません。

なぜなら、息子である新一から「自分の力で解決する!!」と強く言われた為。

息子の成長に喜びを覚え、そして新一の蘭への恋心を見抜いていた為に危険を承知の上で毛利探偵事務所に預ける形とするが、それは新一と優作の間に強い信頼関係があり、その為に妻の有希子も説得し夫婦でコナンのことをサポートすることを決めています。(第43話江戸川コナン誘拐事件より)

実際、1034話にて黒の組織のボスが大富豪である50年前に亡くなってる筈の烏丸蓮耶だとわかったときに優作も心を決め、

「これからが正念場だぞ新一…いや…江戸川コナン君?」

とコナンをずっと新一呼びしていた優作が改めて江戸川コナンという人間を認めた形となった。

工藤優作のプロフィール

主人公である江戸川コナンこと工藤新一の父親であり、世界に名を響かせるミステリー小説家でありながら、ゲームのシナリオや映画の脚本なども手がけていて、マカデミー最優秀脚本賞も受賞している。(受賞式時はコナンの指示により沖矢昴に扮して安室透と接触し、沖矢昴を怪しんでいた安室透を見事に騙しきった)

コナン以上の推理オタクであり、毎朝、新聞を読みながら色んな事件の情報を集め、スクラップにして収集している。

工藤邸にある書籍の半分はミステリー小説であるが、それ以外にも医学書などもおいてあり、その本は2万冊以上あると言われている。

3年前からロサンゼルスに妻の有希子と暮らしていたが現在は息子の工藤新一の為に一時帰国している。

様々な国に知り合いも多く、外国でもその推理力を発揮して事件を解決しているため、別名「ナイト・バロン(黒の男爵)」とも呼ばれています。

「ナイト・バロン(黒の男爵)」は優作が出筆したミステリー小説からとられたニックネームでもある。

人物像のモデルはホームズの兄、マイクロフト・ホームズであり、名前の由来はドラマ『探偵物語』の主人公工藤俊作とそれを演じた松田優作さんをもじったものになります。

工藤優作の最強でチート級の推理能力は登場人物の中で誰よりも高い?

現場に居なくても関係者などからの証言や情報を元に被疑者をある程度、特定出来てしまうほどの推理力と考察力の持ち主。

しかし、自己解決してしまい、言葉足らずなことがたまに誤解を生んでしまうこともある。

工藤優作の推理力

有希子を介して一度、初代怪盗キッド(黒羽盗一)との一文字会話での問いかけを見ることなく返事を用意していたり、また怪盗キッドの正体を知っている確少ない人物でもある。

初代怪盗キッドとライバル関係にあり「怪盗キッド」いう名前を彼に付けた為、小学一年生の頃の工藤新一に出会った時に「君の弟」と名乗ったことがあるので、一時期、盗一と優作が従兄弟ではないか?と噂が流れたが血縁関係は今の所は作者は否定している。

その頭脳のせいでしばし、編集者を困らせる行動をとることもある。(原稿の置き場所を暗号化したり、無断で海外旅行にいってしまうなど)

紅の修学旅行編にて新一の生存がSNSに広まりマスコミ騒動となった際には、その大元となったブログの発信者である『工藤一家フリーク』に連絡を取り、サインと引き換えに「工藤新一を目撃したものですが、今思えばあれは私が作り上げた幻覚だったような気がします」

と書き込みをしてもらい、世間の目を欺いたりと、裏で有希子と共にコナンのフォローをしていることが多い。

そのため、工藤新一=コナンを裏でサポートするほどの力を持っていることがわかります。

工藤優作は最強

工藤優作は多方面の才能もチートといわれる由来があり、コナンが何度か「ハワイで親父に習った」と発言しているとおり、飛行機、モーターボート、車など多数の免許を取得しており、拳銃も扱える。

又、ポルトガル語、英語、フランス語など語学も堪能であり、その語学力も名探偵コナンの登場人物の中でも随一である。

日本だと警視庁だと目暮警部、アメリカにはニューヨーク州警察ラディッシュ・レッドウッド警部やイギリスのスコットランドヤード、そしてインターポールにも知人がいる為どこの国にいっても事件があれば、捜査協力することもある。

 

推理能力が長けていることから、頭がキレキレでもあるが、各種乗り物や拳銃を使いこなしたり、身体能力も凡人ではないレベルが伺えますね。

また、世界中であらゆる人脈とつながっているのも最強説と言われる由縁です。

まとめ

工藤新一の父親でもあり息子(主人公)よりも頭脳と推理力の持ちながらも、犯人に対しても人情味があり、力技で犯人を捕まえるのではなく、犯人の良心に訴えて自首を勧めたり、反省を促す言葉をかけたり、周りに対するアフターケアも忘れない穏やかな性格の持ち主。

たまに寒いギャグを言って、コナンや有希子を失笑させたりするお茶目な一面も持っているが、何よりも家族を愛しており信頼している。

黒の組織を壊滅するために、今後も、コナンやFBIの赤井秀一や公安である降谷零などに助言をしながら、まさにミステリー小説を書く様に自らは裏方に周り真実を明らかにしていくと思われます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました