スポンサーリンク

錆兎と真菰はどっちが先に最終選別に出た?2人は兄弟それとも恋愛関係?

アニメ

「鬼滅の刃」錆兎と真菰は炭治郎が選別試験を受ける前に出てくるキャラクター。

主人公・竈門炭治郎を訓練してくれる重要な役で、この2人がいなければ炭治郎は選別試験に行けなかったのではないかと思うほどです。

今回は、錆兎と真菰の関係について深堀します。

スポンサーリンク

錆兎と真菰はどっちが先に最終選別に出た?

錆兎と真菰は、鱗滝左近次が与えた課題で炭治郎が岩切に苦戦していたときに、2人同時に炭治郎の前に現れます。

原作では、どっちが先に最終選別に出たのかは明らかになっていませんね。

しかし、錆兎と真菰は同期ではないことは分かっており、鱗滝左近次の弟子であったという共通点しかなかったようです。

錆兎と真菰はそれぞれどのような人物だったのでしょうか。

錆兎と真菰の正体は?いつ死んだの?

2人の正体は鱗滝左近次の弟子で、炭治郎の前に現れた時は幽霊として出てきます。

錆兎は水柱・冨岡義勇と同期で、13歳頃に選別試験を受け、錆兎が藤襲山の鬼をほとんど1人で倒してしまったので、義勇は生き残りますが、錆兎は手鬼に殺されてしまいます。

 

真菰の事はほとんど描かれておらず、いつ死んだかなどは不明ですが、錆兎の方が年上に見えることや手鬼が錆兎の後に真菰の話をしたことなどから、錆兎よりも後に真菰は選別試験に挑んだと思われます。

2人とも残念ながら手鬼の犠牲者となっていますね。

錆兎の強さや能力は?

錆兎は宍色の髪をしていて、長さは肩につく程度、口の右側に傷があります。

錆兎はかなり強く、もし生きていれば柱になっていたと思われます。

前述した通り、冨岡義勇と同期で、選別試験では藤襲山のほとんどの鬼を1人で倒しました。

この時点で冨岡義勇よりも実力が数段上だったことが分かりますね。

 

また、手鬼も厄除の面を着けた中で1番強かったと話しています。

水柱の鱗滝左近次の弟子なので、水の呼吸が使えたと思われます。

 

13歳の頃、祝言の前日の姉を鬼に殺されてしまった義勇に「自分が死ねばよかったなんて二度と言うな。

姉が命をかけて繋いでくれた命を、託された未来をお前も繋ぐんだ」と諭しているので、精神的にもかなり大人であったことが分かります。

錆兎は「男」であることに信念があるようで、そういった心の強さが力の強さに繋がっていたのかもしれません。

真菰の強さや能力は?

真菰は、黒髪で長さは肩を少し過ぎるくらい、ピンクに花柄の着物の上に黒のベストのようなものを羽織っています。

手鬼も印象に残ったガキと語っており、錆兎と違って強そうではありませんが、すばしっこく動き回っていたようです。

炭治郎にも詳しくアドバイスをしてくれたり、厳しい錆兎とは対照的にふわふわした印象で優しく接しています。

水の呼吸が使えたかどうかは不明ですが、錆兎の次に実力があったと思われます。

 

しかし、手鬼に大好きな鱗滝左近次のことを悪く言われた時に呼吸が乱れ(全集中の呼吸)、四肢を引きちぎられて殺されてしまいます。

恐らく錆兎より年下で、鱗滝さんが選別試験に行くことを認めるほどの力の持ち主であったはずですが、精神的にはまだ少し未熟だったようです。

義勇と錆兎と真菰の関係は?

前述した通り、義勇と錆兎は同期です。

対して真菰はいつ鱗滝左近次に弟子入りしたかや、いつ選別試験に行ったのかは不明です。

ペアで炭治郎の前に現れた錆兎と真菰はどのような関係だったのでしょうか。

錆兎と真菰は兄弟?

錆兎と真菰は兄弟ではありません。

錆兎と真菰と炭治郎が訓練をしている際にも2人は孤児であるとの記載がありますし、義勇の話の中で錆兎が天涯孤独であると話していた為です。

また、同じタイミングで選抜試験受けてもいません。

しかし、何故か仲は良さそうなので、もしかしたら鱗滝左近次の元にいた時は一緒に訓練を受けていて、義勇と錆兎が先に選別試験に行ったのかもしれません。

ちなみに、鱗滝左近次は弟子全員にそれぞれ個性のある厄除の面を渡しており、弟子のことを子供と呼んでいます。

親こそ違いますが、錆兎と真菰は鱗滝家の兄弟同然だったのかもしれませんね。

錆兎と真菰は恋愛関係?

錆兎と真菰は恋愛関係でもありません。

そもそも、真菰は不明な点が多く同じ時期に生存してたのかも分かりません。

前述した通り、2人は天涯孤独なので実際は違いますが、どちらかというと2人の関係は兄妹に近い関係だと思われます。

二人の子孫は?

最終話で義勇の子孫・義一と同じスイミングスクールに通ってる子供が錆兎と真菰に似ています。

しかし、選別試験で死んでるので子孫ではありません。

錆兎と真菰の生まれ変わりかと思われますが、錆兎と真菰の生まれ変わりについては名前すら出てきていません。

最終話で出てきた時は、3人とも小学生で、炭治郎の子孫である炭彦とすれ違っています。

厄除の面のようなキーホルダーを持っていて、真菰の生まれ変わりが「いいなぁまた同じやつ出ちゃった」と寂しそうにすると、錆兎の生まれ変わりと義一が「あげる」と2人揃って真菰の生まれ変わりにキーホルダーをあげるという優しい一面を見せています。

ちなみに義一が持っていたキーホルダーはレアだったようですが、よく見ると口元に花柄が描かれているので、真菰の厄除の面がレアなようです。

あわせて読みたい↓
鬼滅の刃全巻23巻が最安値4400円で読める方法を紹介しています。
1冊あたり200円以下で読めちゃいます!
鬼滅の刃の漫画を全巻安く読む方法!電子書籍サービスで格安・最安値を徹底比較!

まとめ

錆兎は義勇の話の中で出てくるので、義勇と錆兎の関係など分かっていますが、真菰の話は作中にほぼ出てこないので、分かっていることの方が少ないです。

真菰も実は誰かと同期とか、誰かと一緒に選別試験を受けたなど、錆兎との関係も気になりますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました