スポンサーリンク

服部平蔵の声優や登場回まとめ!キャリア/階級や推理力を調査

アニメ

「名探偵コナン」服部平蔵といえば、西の高校生探偵・服部平次の父親として知られております。

見た目は色黒で細い目、口髭が印象的です。

とても厳しい性格で息子・平次の探偵活動に否定的な考えを持っており、幼馴染の遠山銀司郎が冗談を言っても少しも笑わないような堅物の人物です。

今回は、そんな服部平蔵について調査してまいります。

スポンサーリンク

服部平蔵の声優や登場回まとめ

名探偵コナンでの服部平蔵の登場回についてはあまり多くありませんが、主人公・工藤新一のライバルの西の高校生探偵・服部平次の父親ということもあり、作中ではキーパーソンであることに間違いありません。

また、名前の由来は、親子ともども、時代劇の銭形平次捕物控の「服部半蔵」から来ているようですね。

今後の考察に繋がる部分もあると思いますので、基本情報を含め見ていきましょう。

服部平蔵の声優は変わった?

これまで服部平蔵の声優は、強面な見た目にぴったりな渋い声の2人の方が担当されてきました。

初代は小山武宏さんが担当し、二代目は山路和弘さん(2013年〜)が担当しております。

小山武宏さんは、京都府の出身で山路和弘さんは三重県の出身です。

また、小山武宏さんは劇団退団後は、以前担当していた持ち役は別の声優に交代していますね。

2人とも関西圏の出身ということもあり、服部平蔵の声優は違和感なく演じておりましたね!

小山武宏さんと山路和弘さんが担当する他のキャラクターを一部紹介させていただきますので参考までにご覧ください。

【小山武宏】
〇幽☆遊☆白書(魅土連邪)
〇みどりのマキバオー(医者)
〇コードギアス 反逆のルルーシュ(片瀬帯刀)
【山路和弘】
〇ONE PIECE(ギルド・デゾーロ)
〇進撃の巨人(ケニー・アッカーマン)
〇PSYCHOーPASS サイコパス(雑賀譲二)

服部平蔵の登場回まとめ

服部平蔵は他のキャラクターと比べると登場の機会が多くありません。

ですが、登場すれば、なぜか印象に残ってしまいますよね。

今回は、服部平蔵の登場回をまとめましたのでご覧ください!

〇48話「外交官殺人事件」
〇77話「銘菓連続変死事件」
〇118話「浪花の連続殺人事件」
〇174話「20年目の殺意 シンフォニー号連続殺人事件」
〇220~221話「偽りだらけの依頼人」
〇263話「大阪ダブルミステリー浪花剣士と太閤の城」
〇490話「服部平次VS工藤新一 ゲレンデの推理対決」
〇711話「みんなが見ていた」
〇712話「服部平次と吸血鬼館」
〇927話「紅の修学旅行」
〇966~968「大怪獣ゴメラVS仮面ヤイバー」
〇第10作劇場版名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」
〇第14作劇場版名探偵コナン「天空の難破船(ロストシップ)」
〇第17作劇場版名探偵コナン「絶海の探偵(プライベートアイ)」
〇第21作劇場版名探偵コナン「から紅の恋歌(ラブレター)」

劇場版名探偵コナンでは、関西で事件が起きていることもあり、そのときは、服部平蔵が登場しております。

ちなみに第10~17作は小山武宏さんが、第21作~は山路和弘さんが声優を担当しております。

服部平蔵のキャリア/階級や推理力を調査

大阪府警本部長の位置に就く服部平蔵は名探偵コナンで登場する警察官の中では、2番目に高い階級です。

白馬警視総監の次に位置しており、階級は「警視監」、俗にいうキャリア組です。

厳格な性格で大阪府警本部長にふさわしい人柄ではありますが、妻の静華には弱い一面あります。

過去には静華の膝枕で耳かきをしてもらっているシーンは有名ですね。

その大阪府警本部長の推理力は、どれほどのものなのか、次の章ではその推理力に触れていきます。

服部平蔵の推理力はコナンより上?

服部平蔵の少ない登場回の中で、その推理力の高さを感じさせるエピソードがありました。

「大阪ダブルミステリー 浪花剣士と太閤の城」では、コナンと平次が事件を捜査している間に、野次馬から事件の情報を聞き出し、現場のダイイング・メッセージから被害者を特定するという推理力や洞察力の高さを感じさせてくれました。

この回では、平次とコナンの行動を先読みして囮に使い、犯人たちを罠に嵌めるという卓越した推理力を見せていますね。

なので、コナンの推理力を10とすると、平蔵の推理力は11くらいでしょうか。

年齢、キャリアもあり、人生経験など総合的に見ると、コナンよりも上だと思われます。

服部平蔵のラム説の真相

名探偵コナンではラムの正体が明らかになりましたが、それまでは、服部平蔵がラムなのでは?という考察がありました。

それではここで改めてラムの特徴を振り返ってみましょう。

【ラムの特徴】
1.「屈強な大男」「女のような男」「年老いた老人」「それら全て影武者」という噂
2.片方の目が義眼
3.バーボンには「せっかちな人」と言われている
4.バーボンに工藤新一の情報を2度メールで求め、いずれの文面にも「Time is money(時は金なり)」と記されていた
5.丁寧な口調で女性的な印象もある。(声は変声器を使用しているため、本当の声は不明)
6.1066話では、ウォッカ曰く、「ふざけた名前」を名乗っている

ところどころ服部平蔵がラムだと思わせる特徴がありますね。

その特徴について以下の部分が該当していました↓

1.「屈強な大男」
これは言うまでもありませんね。身長や体重は明らかになっておりませんが、服部平蔵が剣道の達人であることは作中でも語られています。

このことからこのような考察が生まれたと考えられます。

2.片方の目が義眼
服部平蔵はあまりの目の細さに目が開いていないように見えます。

まじめな話をする時や激高した時は片方の目が少し開きますが、片方は閉じたように見えたままです。

やはりなにか違和感を感じると服部平蔵がラムなのではないかと伏線のようなものを感じますね。

 

登場回数も少なく、コナンの推理力よりも上なので、このような考察が生まれても不思議ではありませんね。

まとめ

今回は服部平蔵の階級やキャリア、推理力などについて調査してまいりました。

大阪府警本部長だけあって、コナンや平次をも凌ぐ高い推理力や洞察力を感じましたね。

服部平蔵がラムなのではないかという考察については、結果、服部平蔵はラムではありませんでしたが、やはり、作中のキーパーソンであることは間違いなさそうです。

今後、服部平蔵が登場する回に期待です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
パパママハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました